--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-06-06

BORDER は TWIN PEAKS か  ~哀しきラストに思う~

昨日のBORDER、最終話のラスト、衝撃的でした。(*ネタバレありますので、ご注意ください。)

視聴率も上がり、話題になっているので、BORDER2 もあるだろうと思っていました。

うわ、これでは「2」はない?・・・ラスト観終わった後、そう思いました。

が、しばらくして逆に、いやこれは絶対続くべき物語だ、脚本を書いた作家の金城一紀さんもそのつもりでは?と、自分の願望をこめてそう思い込むことにしました~~~(~_~;)

そして、このラスト、あの名作ドラマと同じだと。25年ほど前にブームをおこした、TWINPEAKS。クーパーがまさかの・・・結末に、それはそれはショックを受けました。あの続きが作られなかったのは、ある意味仕方なかったと思います。全30話ですから、多くの登場人物をかなり掘り下げて描ききったと思いますし。が、BORDER、まだ9話ですからね。あの怖いお掃除お兄さんとの勝負もそのうちつけなければならないでしょう。古田さんとの飲む約束も果たさねば! BORDER、まだまだいけます!(願望)

あっちとこっち。石川は確かに越えてしまったのでしょう、安藤の肩を押した時。しかし、絶対の悪と絶対の正義は同じものの裏と表にすぎない。だったら、あっちもこっちも両方になったらいいではないですか。(支離滅裂) TWIN PEAKS のラスト、絶対的悪のボブが善良なクーパーを呑み込んでしまう。けれど、石川は自分の行為の罪の重さを認識しています。だからこそ、石川にはもっとできることがあるはず。第3話、平田満さんに向かって石川は言いました。「殺されたっていいやつはいない。」 そう。だから、安藤だって殺していいはずはなかったことを、石川は知っている。そして、それをわかっていたはずの自分が最悪の行為を行ってしまったことに深い絶望を味わっているところで、終わり。 安藤が落ちていくところは誰も見ていなかった。もみあっているうちに、あやまって安藤が落ちてしまった・・・など、勝手に周りが解釈してくれるかもしれません。(願望) 石川は、自分の中の悪といっしょに、正義をつらぬくすべを探してほしい。

最終話、一番ひっかかったのは、セロテープです!
スズキがひろし君の髪の毛を安藤の家に持ち込むシーン。安藤は、留守中誰かが自宅に侵入したかどうかわかるように、玄関のドアの上にセロテープをはっておきました。セロテープがはがれていたら、だれかが侵入した証。

でも、こんな技、割と常識というか・・・。 子供の頃、推理小説なんかでこの技つかってる登場人物がときどき出てきました。ある意味、常識でしょう、スズキさん! プロなんだから! スズキさんがセロテープさえ、ちゃんと元にもどしておいてくれれば、安藤だって部屋の掃除せず、無事、家宅捜査でひろしくんの髪が見つかって、石川の計画通りにことが運んだのに。まあ、それではつまらなかったわけですが。

それにしても小栗旬さんて、こんなに演技力のある俳優さんだったんですね。すいません、ただのちょっとイケメンな俳優さんだけなのかと思っていました。今度、「カッコウの巣の上で」でも主演される小栗旬さん。この石川と言い、ちょっと重い役が続いてしんどくないのかなと心配になりますが、今度赤ちゃんも産まれるご予定。ますます、演技の幅も広がり活躍されることでしょう。応援しています! 





スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

最新記事
プロフィール

フブキ

Author:フブキ
FC2ブログへようこそ!
NYでBROADWAY
に目覚め、やがてSPRING AWAKENING
に魂を奪われてから、すでに1年あまり。しかし、ごく最近、4年ぶりに東京にもどってきました! 久々の東京生活も実にスリリング♪

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
現在の時刻 《東京・ニューヨーク》
日本は今何時かと、いつも気になります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。