--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-04-25

日本は子どもを守ろうとする意識が低すぎる!

京都・亀岡での痛ましい交通事故。

登校途中の小学生と付き添いの保護者の方を居眠り運転の少年がひいた・・・。

しかし、「いつ事故が起きてもおかしくない」。

そういうふうに思っていた近隣の方もいらっしゃる、交通量の多い通学路だったようです。

昨年も登校途中の小学生がクレーン車にはねられた事故もありました。

いえ、それだけではありません。毎年毎年、通学途中、車にはねられて怪我をしたり、最悪に場合、くなってしまうお子さんもいらっしゃるこの現実。

私も、小学生の娘の登校の途中まで毎日付き添っています。

なぜなら、通学路の途中に、信号のない交差点があり、横断歩道はあるものの、大きな通りの抜け道となっているその通りの交通量がとても多く、またスピードをあげて走る車が非常に多いからです。

小学生たちが横断歩道の手前でどんなに待っていても、止まってくれる車は限りなく少ないのです。横断歩道の頭上には、通学路を示す大きな標識がぶらさげられています。が、無視。横断歩道に横断のため歩行者が待っていたら、車両はとまらねばならない。道路交通法で定められていますよね。でも、無視。もちろん、保護者が順番にその危険な交差点を登校時間は旗振りしながら見守っています。「安全」と黒く書かれた黄色い旗を握りながら、ある意味、命がけで、子供を通す。

アメリカで暮らし始め、車の運転免許獲得のため試験勉強していた時、驚いたのが「School Bus」に関するルールでした。

アメリカの多くの学校では、生徒はスクールバスで登下校します。で、スクールバスが子供たちを乗り降りさせるため停車している間、その後続の車両、また地域によっては対向車もある距離以内であれば、絶対絶対絶対停車しなければならない。のです。

万が一、この規則を無視して、スクールバスを追い抜こうものなら、バスの運転手はその車両の番号を控え警察に連絡することでしょう。また、警察が偶然現場に居合わせたら、たちまちお縄・・・いえ、まじめな話追いかけられます。そして、非常に高い罰金が科されます。ですから、運転していて前方に黄色い(オレンジ色)スクールバスの姿が見えたら、まずはスピードをゆるめ、スクールバスが停車態勢に入ろうとしているのかどうかを見極める必要があるのです。もちろん、スクールバスも、周囲の車にわかるように、今から停車するよ~~と、後ろと横から、STOP の標識を出します。

また、これだけではありません、学校関連の交通ルール。スクールバスが辺りにいなくても油断は禁物です。もし、学校の周りの通りを運転するとき、平日の学校がオペレートされている時間は、決められた速度以下にスピードを落とさねばならないのです。これもうっかりすると、よく警察が目立たないところで見張っていたりするので、アウト!これまた非常に高い罰金が科せられるのです。

このように、学校に登校する子供たちを車の事故から守ろうとする意識は非常に強いものがあります。運転していて、ときどき面倒なルールだなあと思ったこともありました。けれど、やはり、子供を守るためには大切な「意識」です。が、日本にはそれが欠けているように思えて仕方がないのです。

今回のこの悲しい事故のあと、通学時間は車の規制をしてもらえないかという保護者の声に、「それは難しい」と警察だったか、市役所だったかが答えたそうです。ナンセンス!こんな事故が起きたというのに、子供を守ろうとしないなんて!

でも、これはここだけの話ではありません。

私も、先にお話しした我が家の近くの危険な交差点に、信号をつけてくれませんかと警察にお願いしてみたことがありました。が、「信号が多いと苦情が来る」「300万かかる」云々云々。「子供や地域の方の安全が一番大切ではないのですか?」と聞いても、梨の礫。

おそらく、交通量の多い危険な道を歩いて登下校する子供たちは日本全国に何万といることと思います。この京都の事故は全く他人ごとではありません。

通学路はすべて、通学ピーク時間は車両は時速制限かける、通行止めにするなどのルールがあってもしかるべき、そう思います。

お亡くなりになった方たちのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

私もまったく同じ思いでいます。
どうにか、地域の団体・・・・・・保護者団体や教育団体、自治会の協力を得られれば、自動車の暴走をある程度防ぐ施策もできやすくなるでしょう。
日本の役人は、恐ろしいことに、子供の命よりも、市民の声の数を重視するようです。
人々は、自動車の利便性などより、人命、それも子供の人命のほうがよっぽど重いということは、少なからず感じてはいます。
しかし、それを表立って言わないだけのように思います。
自動車所有で気が大きくなって自動車運転権利意識ばかりの悪魔的な人物になってしまっている人もいるでしょう。
そういった人物がすみやかに免許を剥奪されるよう、積極的な通報を市民らに呼びかける活動も必要な日本です。

信号のない横断歩道で自動車が停止しない国は、先進諸国でも日本ぐらいらしいですね。
海外旅行を経験した方は、口を揃えて日本人自動車運転手のモラルの劣悪さを唱えますし、本来、日本人運転手はそれを受けて運転態度を改めなければならないのです。
私は、日本の自動車運転手の運転に寒気を覚えることが多々あります。そして、それを正すのも市民の務めであるとも感じています。

Re: No title

初めまして。コメント、ありがとうございました。

> 日本の役人は、恐ろしいことに、子供の命よりも、市民の声の数を重視するようです。

のお言葉に、今話題になっている大津市の中学生のいじめに関わる教育者たちの姿勢も重なりました。自分たちの保身や地域社会のしがらみ(きっと、いろいろあるのでしょう。)のために、子供の命が失われたことに反省の気持ちさえないかのような人々。

子どもの命を守るという意識が、学校現場でも、道路上でも大人に欠如してるように見えます。

登下校中に交通事故に巻き込まれることが相次いで、文科省が、全国の小中学校に、通学路の安全を確認するよう通達したはずですが、我が家の子供らが通う学校からは、特に何も聞こえてきません。危険な通学路が複数あるのを知っていますが、学校が安全確認したような気配はないですし。

子どもは大人が守らねばならない、という意識を強くもてる社会になればよいのですが・・・。また、そうした社会であれば、子どもたちも大人を信頼してくれ、自分たちが大人になったとき、今度は自分たちが子どもを守ろうとしてくれるように思います。
最新記事
プロフィール

フブキ

Author:フブキ
FC2ブログへようこそ!
NYでBROADWAY
に目覚め、やがてSPRING AWAKENING
に魂を奪われてから、すでに1年あまり。しかし、ごく最近、4年ぶりに東京にもどってきました! 久々の東京生活も実にスリリング♪

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
現在の時刻 《東京・ニューヨーク》
日本は今何時かと、いつも気になります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。