--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-04-01

映画『長靴をはいた猫』、恐るべし!

この春休み、夫の海外転勤が決まり、同行するか否かで大モメ真っ最中。

子どもが3人いると、それぞれの意見がばらばら。(末のおちびの意見は誰も聞いてはいませんが、勝手に主張しております・・・)

長女は高校生。日本の大学に行きたい彼女は今の学校を転校したくないという。

長男は中学生。彼は父親についていきたいと言う。

長女を下宿させるかどうか。

頭が痛いです。

さて、そんなこんなで、ばたばたしており、どこも出かけることもないまま、春休みが過ぎていく状態。

そこへおちびの仲良しのお友達から映画のお誘い。

それが、「長靴をはいた猫」。

Puss20in20Boots20(1).jpg


小学生だけでは行かせられないので、仕方なくついていったようなものでしたが、なんとこれが、

非常に面白かったのです!

娘たちは吹き替え版がいいというので、字幕版ではなかったのですが、正解でした!

さすが竹中直人さん。めちゃくちゃ、魅力的な猫くんでした。

女の子に弱いかっこつけ。だけど、腕っぷしもそれなりの強さ。が、最強ではないところがいい。

ストーリー展開も破天荒ではありますが、ものすごいスピード感で飽きることなし。

音楽ものりのりで、サントラ欲しくなったほど。

映像もさすがドリームワークス。

これは大人が観ても十分楽しめる作品です!

浮世の悩みも忘れて、作品に没頭できました!

美しい黒猫 (この役を担当された方の声もとってもかっこよく、素敵でした!)、ちょっと危ないハンプティ・ダンプティなど、登場キャラもとっても個性的でチャーミング。

オリジナルのアントニオ・バンデラスの声の猫くんも観たくなってきました。

竹中直人さんの猫くんより、きっとセクシーな感じなのでは?

映画に迷ったら、是非、『長靴をはいた猫』 をどうぞ♪

本当にオススメです☆

(エンドロールには、日本人らしき方の名がちらほら。日本人のCGやアニメの技術者の方もこうして世界的に活躍されているのだなあと嬉しくなりました。もっとも、日系の方かもしれませんが。ファーストネームはアメリカンネームの方が多かったです。)




スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

最新記事
プロフィール

フブキ

Author:フブキ
FC2ブログへようこそ!
NYでBROADWAY
に目覚め、やがてSPRING AWAKENING
に魂を奪われてから、すでに1年あまり。しかし、ごく最近、4年ぶりに東京にもどってきました! 久々の東京生活も実にスリリング♪

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
現在の時刻 《東京・ニューヨーク》
日本は今何時かと、いつも気になります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。