--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-01-15

「寿歌(ほぎうた)」観劇記   ~何度でも観たい~

1月14日、午後3時開演、シス・カンパニーの「寿歌」を観てきました。

今年初めての作品。

傑作でした!

a1c52f14-s.jpg

たった3人の出演者、80分のどちらかというと短い作品。

しかし、観終った後、何とも言えない静かで深い思いにとらわれてしまい、ああ、また観たい、そしてまたこの3人に会いにきたい、そう強く感じました。

核戦争後の世界。廃墟と化した世界を、コンピューターの誤作動で、核ミサイルが今も飛び続ける。なぜか生き残っている能天気な旅芸人のキョウコ(戸田恵梨香さん)とゲサク(堤真一さんの二人)。目的もなく、キョウコの踊りを見せながら流浪の旅。その途中で出会ったのが、ヤスオ(橋本じゅんさん)。行き倒れしかかった頼りないヤスオをふたりは助ける。そして3人の旅が始まった・・・。


あらすじ自体は、キョウコとゲサク二人とヤスオの出会いと別れ。しかし、この作品の奥行の深さは何としたことだろう。ナンセンスなセリフ、ナンセンスな登場人物設定、ナンセンスな衣装・・・ナンセンスが目白押し。しかし、キョウコにしてもゲサクにしても、ナンセンスな世界で漂っているからこそ、生きていられるのだろう。高放射能が世界をぐるぐる廻って世界を満たしているのだから、人類は滅亡するだけの定め。実際に旅を続けても、二人が目に見える観客に出会えることはない。唯一出会ったのがヤスオ。孤独、恐怖・・・も、仲間がいるから、忘れていられる。

特に、心に残るのが、ゲサクのキョウコへの愛。だが、それは男女の愛ではない。母の愛、慈愛。キョウコを見守る温かな眼差しは、幼子を見守る母のそれ。それもあってか、最初と最後の手押し車のシーンでは、「身毒丸」を思い出してしまった。その場面の音楽も、「身毒丸」を彷彿とさせた、レトロな感じ。

核戦争、放射能・・・あたかも、大震災後の今だからこそ上演された作品なのかと思ってしまいそうだが、それは単なる偶然だったそう。昨年の大震災前に既に上演は決定していたそうです。(それは当然ですよね。堤さん、戸田さんなど売れっ子の役者さんのスケジュールを長期間おさえるためにはずっと前からのスケジュール調整が必要ですよね。)それにしても、すごい偶然。今の状況だからこそ、より私たちに訴えてくるものがあるのは必然。

キョウコやゲサクが、放射能、死への恐怖を脇によけながら旅を続けるように、今、私たちも、地震、放射能への恐怖をなるべく見ないようにして、日々生きている気がします。また、そうでないと、日常を送ることはできないのだから。

キョウコが求め、手を伸ばして捉えようとするホタル。核の塵に交じる、白いユキ、降りそそぐユキ。美しく、キョウコの心を奪うけれど、一体その正体は何なのか。ただ、ミサイルの落とした核の残り火なのか、死の灰なのか。きっと、観るたびに自分の中の解釈も変わるのだろう、そんな気がします。

3人の役者さんもそれぞれ素晴らしい。特に、堤さんは笑いをとるのもとっても上手だが、やはり、表情だけで観るものをはっとさせる演技ができる。そして、注目すべきは戸田さん!演技が上手で定評のある女優さんですが、いやあ見事でした。違う人が演じたら、もしかしたらただのオツムの弱い女の子にしか見えなかったかもしれない。だが、戸田さんも目で演技ができる女優さん。気配だけの観客の前で、紅いべべ着て踊るときの、戸田さんの悲しい表情は気高くさえありました・・・。キョウコの穢れをしらない、純真な魂をこよなく愛すゲサクの気持ちも理解できました。ああ、この子を守ってやりたい。誰もにそう思わせる少女。戸田さんだからこそ、ここまで完璧に演じられた、そう思います。

ごつい網状というか、不規則な穴の沢山あいた舞台奥の壁、ミサイルの飛来音、遠くでの爆発音、閃光・・・・。舞台美術も音響も、全て美しい。キョウコとゲサクのサイケな衣装もまた美しい。

年明けにふさわしい傑作、名作でした!!!



『寿歌』
1/5~2/2 新国立劇場 小劇場
作・北村想
演出・千葉哲也
出演・堤真一 戸田恵梨香 橋本じゅん

*当日券もありました!



スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

最新記事
プロフィール

フブキ

Author:フブキ
FC2ブログへようこそ!
NYでBROADWAY
に目覚め、やがてSPRING AWAKENING
に魂を奪われてから、すでに1年あまり。しかし、ごく最近、4年ぶりに東京にもどってきました! 久々の東京生活も実にスリリング♪

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
現在の時刻 《東京・ニューヨーク》
日本は今何時かと、いつも気になります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。