--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-10-28

守ってほしい ~教育を担う人々~

<公務員給与>人勧実施見送り決定 政府7.8%引き下げへ 
政府は25日午前、国会内で給与関係閣僚会議を開き、11年度の国家公務員給与について、平均0.2%削減を決めた人事院勧告の実施を見送り、平均7.8%引き下げる特例法案を今臨時国会で早期成立させる方針を正式決定した。28日にも閣議決定する。東日本大震災からの復興財源に充てるための措置で、人勧を超える削減は1948年の人事院発足後、史上初めて。(毎日新聞)


というニュース。一見、人勧よりも、公務員給与を引き下げるということで、なかなかやるじゃんと思わされてしまいそう・・・。が、実は、人歓に従わないという前例を作っておくことで、将来、公務員が昇給などしやすい環境にしたいという思惑が隠されており、実は公務員の待遇を守ることにもつながるとか。ふーーん、そうですか。やりかた、DIRTYですね!

しかし、一番納得がいかないのは、同時に小中学の教員の給料も同じく下げるらしいということ。ま、下がるのが今回だけで、あとから上がるというのであれば、まだいいですが・・・。しかし教育に携わる先生方の給料は、いっときでも下げてほしくないというのが、私の感想です。

先生方は本当にお忙しい。また精神的にもタフでないと務まらない職業の一つであるのは間違いないと思います。講師として小学校で英語を教えていて、それを感じさせられます。

日本の学校、特に小学校は、食事の面倒まで担任の先生が見てくれます。アメリカでは、ランチタイムは担任の先生は全く関与しません。カフェテリアに専門のスタッフがついており、ランチタイムは全てそのスタッフが子どもを見てくれます。また、アート、音楽、体育などは小学校低学年から全て専科の先生が担当。日本とは大きく違います。日本の先生の負担は、かなりのものだと思います。

それなのに待遇が今より悪くなる・・・。先生方の士気が上がるはずがあるでしょうか? 先生方の熱い気持ちがなければ、教育の現場は荒れていくように思えます。

もちろん、優秀な先生方ばかりではないでしょう。が、未来を担う子どもたちに直接関わり、教育の現場を守ってくれる先生方の待遇は守ってほしいと感じます。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

最新記事
プロフィール

フブキ

Author:フブキ
FC2ブログへようこそ!
NYでBROADWAY
に目覚め、やがてSPRING AWAKENING
に魂を奪われてから、すでに1年あまり。しかし、ごく最近、4年ぶりに東京にもどってきました! 久々の東京生活も実にスリリング♪

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
現在の時刻 《東京・ニューヨーク》
日本は今何時かと、いつも気になります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。