FC2ブログ
2015-05-21

KINGSMAN : The Secret Service  傑作!

昨日の続きです。

ロンドンから帰る機内で観た3本目の映画、これがまた何とも傑作・快作でありました・・・。

私の周りは「嵐」ファンが多く、「誰が好き?」と聞かれて「(日本人では)舘ひろし・佐藤浩市」と答えては、「なぜ?」と言われることも多いのですが・・・(最近、「デート」で鷲尾くんを演じた中島裕翔くんもとってもいいと思います♪) しかし、やっぱり大人の男性に心惹かれます。

で、 Colin Firth♪ 大好きです。「英国王のスピーチ」はじめ、いろいろな作品に出演して大活躍のColin Firthですが、私が好きなのは、シリアスな役ではなく、ちょっとユーモラスな部分のある役を演じているColin Firthです。整った顔ですが、派手ではない、とてもまじめそうな印象を与える容姿。その見かけと卓越した演技力があいまって、あまりにまじめで沈鬱な役を演じると、観ていてあまりにつらくなってしまうので・・・。「ブリジッド・ジョーンズの日記」のマーク・ダーシー、これが私の中では最高でした・・・。

が、KINGSMAN の Harry Hart。これもまた、凄いはまり役・・・。もう、Harryにぞっこんです。映画自体も、非常に楽しめる娯楽大作。冷静に考えると、しょっぱなからかなりえぐいシーンが登場するのですが、何ともユーモラスな描き方。映画は娯楽と考えると、この作品はかなりの一級品。日本ではこの夏に公開予定らしいですが、一足先に観ることができて本当に幸運でした! ものすごーーーく納得いかないシーンが後半出てきて、ショックを受ける観客続出かと思いますが、これは絶対KINGSMAN2 が製作されると思うので、解決されることでしょう!

簡単に言ってしまうと、世の中を悪から守ろうとする秘密組織にリクルートされた不良少年が、いろいろな試練を乗り越え、見事な紳士の素養を備えたエージェントに成長していくというストーリー。若者を演じた Taron Egerton も キュートでしたし、悪党演じた Samuel L. Jacksonも、とてもリアル(こんな人、本当にいそう・・・)。そして、Colin Firth は、その若者を導く、スーパーエージェント。

MV5BMTkkingsman.jpg

kingsman2


kingsman1

Kingsman The Secret Service

ジェントルマンがお好きな方、絶対お見逃しないように♪ おすすめです!

STILL ALICE といい、KINGSMAN といい、本当に今回のフライトはラッキーでした♪♪ しかし、「ホビット・シリーズ」は時間がなくて観ることできず。それだけ、残念。TSUTAYAにて今度借ります。

・・・WEST ENDでは、今回は一本のみ観劇 (The Curious Incident of the Dog in the Night-Time)。それについてはまた改めて。昨年の夏の観劇感想もまだ、書いていないという・・・怠け者です(^_^;)



スポンサーサイト
2015-05-20

ロングフライトも悪くない?

飛行機の旅は苦手です。
だって、怖い。
揺れたら、怖い。
しかも、狭い。
エコノミーですから!
とはいえ、BAよりANAのほうが座席はゆったり。
BAのプレミアムエコノミーとANAのエコノミー・・・いい勝負かも?

このGW、娘とロンドンに行ってきたのですが、久しぶりのANA。
飛行機が超苦手の娘が、ANAかJALにしてくれと言うので。
日系のほうが、映画やアニメ、観るもの多い、機内食ももしかしたら食べられるかもと。
前回、BAのとき、行きも帰りも見事にマーライオン(着陸後、飛行機降りた直後にピュー・・・・と(^_^;))になってしまったトラウマから、BAはNGになってしまった模様。
まあ、結局今回、行きも帰りも、娘は機内食にほとんど手をつけず、ひたすら寝てました。行きはなんとか大丈夫でしたが、帰りはやはり機内で.ピュー・・・。しかし、座席に座ったままだったので、マーライオンにはならなかったと自慢してます・・・。
さて、相変わらず絶不調な娘でしたが、私のほうは12時間前後に及ぶフライト、意外に大丈夫でした! 行きはちょっと揺れましたが、帰りはほとんどなく。しかも、4月5月にわたっての往復だったので、行きと帰りで、機内のビデオプログラムも変わっていたのでラッキー♪ そう、本当に、ついていたのです!特に、帰りのフライト!

帰り、3本映画を観ました。

BIG EYES。 
STILL ALICE。(邦題 アリスのままで)
KINGSMAN。


BIG EYESは、ティム・バートン監督、主演はエイミー・アダムスとクリストフ・ヴァルツの、実話をもとにした映画。才能ある妻マーガレットが描く絵を、夫が自分の絵だと偽って、世間を欺き人気を博す。が、やがて妻が真実を世間に公表し、怒り狂った夫と法廷で争う・・・というもの。今年1月に日本でも公開されましたが、観たいと思いつつ、行けなかったので、これは観なきゃ♪と、真っ先に観ました。感想は、まあまあ。悪くはなかったです。お調子者の夫をクリストフ・ヴァルツがうまく演じていました。嫌な男。なぜ、こんな男にマーガレットがひっかかったのか。しかし、彼の商才がなければ、マーガレットの絵も売れてはいなかったのかも。とにかく、最後はよかったと思える結末。

そして、STILL ALICE。
そう、これが、感動だったんです。
もう、私は、この映画を観るために、この飛行機に乗ったのではないかと。
ただ、ごめんなさい。
作品自体の話ではありません。
映画は、内容がフラットすぎて、原作のほうが何倍もよかった。
若年性アルツハイマーを患うコロンビア大学の教授(原作では夫婦ともハーバード大の教授)、Aliceがどんどん壊れて、自分が自分でなくなっていく姿を描いているのですが、残念ながら中途半端な描き方。末娘との親子間の葛藤なども原作ではエッジがきいていたのですが、映画ではぬるま湯につかった印象。夫も映画では単に最後までいい人でしたし。できれば、この作品は、原作をおすすめしたいです。

とはいえジュリアン・ムーアの演技はナチュラルでとてもよかったです。なにせ、今年のアカデミー、主演女優賞受賞ですから♪ アレック・ボールドウィンも、以前よりほっそりしていましたし♪(感心するのは、アレック・ボールドウィンの活躍ぶり。切れ間なく、いろいろな作品に出演してますね。やせても、太ってもどこか魅力的なんですね。)

この辛口評・・・では、一体何が感動だったのか?

Tomです! Tomです! Tomです!

Aliceの息子Tom。です。


最初、息子役の役者さん、綺麗な顔だなと思ったんです。あごひげもあるけど、なんか気品があって・・。え?いや、待てよ。え? ちょっと、これは、このキュートなほほえみ、ブルーの眼、軽やかな金髪・・・ちょっと、これは、これは・・・・・・・・・・。

わあーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。
絶対、そうだーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!

大人っぽくなってしまったけれど、Hunter に間違いない。Hunter Parrishだわ!

感動しました。

ひさしぶりの Hunter、立派になって・・・・と、なんかうるうる。

julianne-moore-e-hunter-parrish.jpg

parrish.jpg

今回、主演女優ががアカデミー賞受賞した作品に出演したということは、Hunterにとって大きな意味があると思います。
前も、メリル・ストリープとも共演しているし♪ 
     ↓

220px-Its_complicated_ver2.jpg

この作品でも アレック・ボールドウィンが出演。もしかしたら、アレックに気にいられているのかな、Hunter♪
私生活でも婚約と、充実した様子のHunter。これからも、更なる活躍を期待します。

STILL ALICE、日本での公開は6月27日から。
日本での公開より先にこの映画を観た夫から、今一つとの感想を聞いていたので、わざわざ映画を観に行くつもりは全くありませんでした。数年前に読んだ原作がとてもよかったので、どんな映画に仕上がるか、気にはなっていましたが。だから、今回、機内で観ることがなかったら、STILL ALICEにHunter が出演していることにしばらく気がつかなかったと思います。あー、嬉しい。本当に嬉しかったです。 最近は、全くHunter、Mattの情報を把握していないので。(あえて)

そして、もう一作の KINGSMAN。

これまた・・・・。今日はここまで♪

* STILL ALICE、辛口評になってしまいましたが、ジュリアン・ムーアの切ない演技、そしてHunterのキュートなスマイルは一見の価値あり、です♪♪♪




最新記事
プロフィール

フブキ

Author:フブキ
FC2ブログへようこそ!
NYでBROADWAY
に目覚め、やがてSPRING AWAKENING
に魂を奪われてから、すでに1年あまり。しかし、ごく最近、4年ぶりに東京にもどってきました! 久々の東京生活も実にスリリング♪

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
現在の時刻 《東京・ニューヨーク》
日本は今何時かと、いつも気になります。