FC2ブログ
2012-08-17

これでおしまい  ~4本の観劇~

10日前、ロンドンに到着してから、計4本の作品を観ることができました。

”Matilda The Musical ”・”The Phantom of the Opera ”・”One Man, Two Guvnors”・”Ghost”。


詳しい感想などはそれぞれ改めて後日書きたいと思っております。が、まずは、WEST ENDと BROADWAYの劇場の違いに目を見張らされました! 上演されるまで、劇場内の撮影OKだとか・・・。もう、びっくりたまげてしまいました!!!

まだまだ観たい作品がたくさんあるのですが、今晩観た ”Ghost ”で、今回はおしまい。来週はもう帰国に向けてばたばたしそうです。

初めての WESt END での観劇、特に今宵観た ”Ghost” は、非常に素晴らしかったです。マイベスト3に入る作品でした! もっといたいな、ロンドン^^;
スポンサーサイト



2012-08-13

福島の蝶々に異変  ~~日本マスコミはまた沈黙?~

先ほど、BBCのネット記事で、最もよく読まれている記事に以下の記事の見出しが掲載されていました。

Severe abnormalities' found in Fukushima butterflies

福島の蝶々に深刻な異常が確認された、という内容です。大まかにいうと、福島の原発事故以来福島で採集された蝶に、遺伝的な異常が多く見られるようになったということです。この研究は、 journal Scientific Reports という雑誌にも掲載されています。

とうとう確認されたか・・・という感じです。

が、残念なのはこの記事、BBCのネット記事では今最もポピュラーなものなのに(ロンドン13日現在)、日本ではまだ知られていないということ。日本人こそ知るべきなのに。

昆虫は、放射性物質にあまり影響されないと考えられていたそうですが、これだけの影響が確認されたということは、一体どういうことなのでしょうか。

また、なぜ日本では報道されないのでしょう? これまた不思議でなりません!

_62243663_butterlfymutated.jpg
福島で採集された、遺伝的に異常のある蝶。 

以下が原文記事です。


Severe abnormalities' found in Fukushima butterflies

By Nick Crumpton BBC News

The study found that mutation rates were much higher among butterfly collected near Fukushima

Exposure to radioactive material released into the environment has caused mutations in butterflies found in Japan, a study suggests.

Scientists found an increase in leg, antennae and wing shape mutations among butterflies collected following the 2011 Fukushima accident.

The link between the mutations and the radioactive material was shown by laboratory experiments, they report.

The work has been published in the journal Scientific Reports.

Two months after the Fukushima Daiichi nuclear power plant accident in March 2011, a team of Japanese researchers collected 144 adult pale grass blue (Zizeeria maha) butterflies from 10 locations in Japan, including the Fukushima area.

When the accident occurred, the adult butterflies would have been overwintering as larvae.

By comparing mutations found on the butterflies collected from the different sites, the team found that areas with greater amounts of radiation in the environment were home to butterflies with much smaller wings and irregularly developed eyes.

"It has been believed that insects are very resistant to radiation," said lead researcher Joji Otaki from the University of the Ryukyus, Okinawa.

"In that sense, our results were unexpected," he told BBC News.
Pale grass blue butterfly The Japanese researchers have been studying the species for more than a decade

Prof Otaki's team then bred these butterflies within labs 1,750km (1,090 miles) away from the accident, where artificial radiation could hardly be detected.

It was by breeding these butterflies that they began noticing a suite of abnormalities that hadn't been seen in the previous generation - that collected from Fukushima - such as malformed antennae, which the insects use to explore their environment and seek out mates.

Six months later, they again collected adults from the 10 sites and found that butterflies from the Fukushima area showed a mutation rate more than double that of those found sooner after the accident.

The team concluded that this higher rate of mutation came from eating contaminated food, but also from mutations of the parents' genetic material that was passed on to the next generation, even though these mutations were not evident in the previous generations' adult butterflies.

The team of researchers have been studying that particular species butterfly for more than 10 years.

They were considering using the species as an "environmental indicator" before the Fukushima accident, as previous work had shown it is very sensitive to environmental changes.

"We had reported the real-time field evolution of colour patterns of this butterfly in response to global warming before, and [because] this butterfly is found in artificial environments - such as gardens and public parks - this butterfly can monitor human environments," Prof Otaki said.

But the findings from their new research show that the radionuclides released from the accident were still affecting the development of the animals, even after the residual radiation in the environment had decayed.

"This study is important and overwhelming in its implications for both the human and biological communities living in Fukushima," explained University of South Carolina biologist Tim Mousseau, who studies the impacts of radiation on animals and plants in Chernobyl and Fukushima, but was not involved in this research.

"These observations of mutations and morphological abnormalities can only be explained as having resulted from exposure to radioactive contaminants," Dr Mousseau told BBC News.

The findings from the Japanese team are consistent with previous studies that have indicated birds and butterflies are important tools to investigate the long-term impacts of radioactive contaminants in the environment.
2012-08-11

なでしこ、ありがとう!  ~オリンピック決勝戦観戦~

8月9日、ロンドンのウェンブリー・スタジアム(Wembley Stadium)、午後7時45分から女子サッカーのオリンピック決勝戦が行われました。

日本対アメリカ。

その結果はご存じの通りですが、本当に素晴らしい試合でした。

なでしこ選手たちの最後まであきらめず、果敢に空いてゴールを責めていく姿勢に胸が熱くならずにはいられませんでした。

サッカーのルールなど、よくわからなかったのですが、何度かなでしこ選手が審判の判断に首をかしげる様子もありました。あとから報道で、主審の誤審もあったと知ったのですが、主審の判断を尊重して、ごねたりしなかったその姿勢にも改めて素晴らしいチームだったと思いました。

スタジアムもUSA国旗、日本国旗がはためき、両国、あるいはイギリス国旗や観客の出身地の国旗カラーをモチーフにした衣装をまとった人々、大きな国旗をマントのようにして声援を送る人々などで埋まり、にぎやかで楽しいお祭りムード。女子サッカーの試合としては新記録の80203人(電光表示板の数字は確かこうだったと思います。)の観客を集めた,世紀の大試合。その興奮と感動の現場にいられたことに大きな幸せを感じました! 

『ニッポン、ニッポン、ニッポン・・・』と手拍子とともに盛り上がる観客席、対抗する ”USA, USA、USA・・・” のコール。特に私たちの真後ろに、USAの応援チームが座っていたのですが、彼らの声の大きいこと、さすが、英語は腹式呼吸、発声量にはかなわないわ・・・と妙に感心。また、指笛もとっても上手な彼ら。私や息子たちが『ニッポン、ニッポン・・・』と手をたたくと、必ずその声を打ち消すように”USA、USA,USA”と。
けれど、そんな彼らも、先制点をアメリカチームが入れ、追加点を入れた後も、なでしこ選手がUSAゴールを何度も脅かし選手自身も応援しているほうも、全く気を許せない状況で、途中、 ”Good Game, though.”などと会話しているのが聞こえてきました。また、試合が終わり、表彰式の時も、健闘したなでしこチームにひときわ大きな声援を送ってくれていました。相手チーム応援団からもなでしこチームが賞賛されたのは、やはり悔しいながらも嬉しかったです!

さて、我が家のデジカメで撮った写真を何枚か掲載します。

試合が終わった後、号泣するなでしこ選手たちが、表彰台に向かう時には笑顔だったのが非常に嬉しく、ほっとしました。仲良く手をつなぎ、前を歩くなでしこチーム。とてもキュートでもありました。本当に、感動をありがとう、なでしこJAPAN!

nade入場
両チーム選手の入場。

nadesikoa.jpg
試合開始直前のなでしこチーム。

試合場
大きなスタジアム。

銀メダル
笑顔の表彰式。

メダルスクリーン
メダルの授与。

後ろの応援 愉快な後ろの応援団。

arigatou.jpg

ありがとう、なでしこチーム!!!






2012-08-08

こんにちは、ウェンロック!!  ~我が家では好評♪~

2012年、ロンドンオリンピックのマスコット、ウェンロック。

その設定は、『オリンピックスタジアム建設の際に使われた鉄片から作られた人形が、虹の光を受けて生命を吹き込まれた謎の存在』で、今までの動物や伝説をモチーフに作られたものとは一線を画しています。

が、そのマスコットがかわいくないとして大不評との報道が日本でもされていたと思います。

確かに、一つ目の無機質的キャラで、好き嫌いは分かれるキャラだなあと思います。しかし、一つ目はカメラであって、ウェンロックが見てきた素晴らしいシーンや風景を記録できており、輪郭はオリンピックスタジオのもの、頭もロンドンンを走るタクシーのランプのイメージと、いろいろ考えられて作られたキャラクターなのは間違いありません。ちなみにその名前は、「近代オリンピックの祖」と言われるクーベルタン男爵がオリンピック開催の発想を得たとされるイギリス中部の街、マッチ・ウェンロックに由来しているそうです。

そんなウェンロックですが、、昨日、近くの公園を散歩しているときに見つけたウェンロックは、とっても素敵でした。ショークスピアの『真夏の夜の夢』に着想を得たエレガントなデザインと色の衣装や、バラの花で装った衣装、そして近世の紳士淑女の描かれた衣装に身を包んだウェンロックなど・・・我が家の子供らも私も「かわいい~♪」と、大興奮。さまざまなテーマの衣装をまとったウェンロックは実に魅力的。これらのキュートなウェンロックももっと世界に向けて発信してもよさそうなものですが・・・。

残念なことに、携帯していたデジカメのSDカードを入れ忘れており、メモリー不足で写真をうまく撮ることができませんでした。また行こうとは思っていますが^^;

これは、別のお店で見たシャープなイメージのウェンロック。エレガントなウェンロックはもっとキュートです♪

CIMG2683small.jpg

CIMG2555small.jpg

こちらは地下鉄構内で見かけたポスター。向かって右側は パラリンピックのマスコット、 マンデビルです。
2012-08-07

到着、ロンドン  ~雷雨で遅れ~

唐突なのですが、8月6日、ロンドンに向けて出発しました。しばらくロンドンに滞在いたします。イギリスは初めて、です。折角なので、ロンドンのことなど、書いてみたりしたいと思っています。ミュージカルもいくつか観たいですし♪ 

***************************************************


8月6日11時45分発のフライト。しかし、出発時刻直前から成田付近は、かなり激しい雷雨。

この中、離陸するのはやめてほしい・・・と思っていたところ、悪天候のため、出発を延期しますとのアナウンス。

急いでいる方には申し訳ないけれど、安全のためにはいくらでも待ちます・・・という私の心境。

だって、飛行機、怖いんですものっ!!!!!

機内にいて、少し揺れるだけで油汗たら~り、です。

しかし今朝、タクシーで成田に向かう途中、スカイツリーがくっきり見えたのですが、黒灰色の巨大な雲にてっぺんがくっつきそうでした。それにしても、いや~な大きな太い雲。その姿を見たときにある程度は覚悟していました。

今日は揺れるな、と。

で案の定の雷雨。稲妻もピカピカ・・・。

さて、最初のアナウンスでは、10分から30分の遅れということでしたが、結局1時間遅れにて出発。しかし、他の乗客の方も仕方がない・・・とごくごく冷静。ただ、正午前の出発予定だったので、お腹すいた…という方は少なくなかったかも。

そして、離陸早々、キャプテンからのアナウンス。出発の遅れのお詫びと、今後も積乱雲の中を行くので、揺れることが予想されるという案内。

ええええ、きました。きましたねっ。そうでしょう、そうでしょうともっ。あの雲ですもの。仕方ないですよねっ。揺れますよね。わかりました。覚悟しましたともっ。

と、心の中で叫びながら、固く目を閉じていました、私は。それほど、飛行機、怖いです。


ところで、今回のフライト、JALでした。

最初はヴァージンかブリテイッシュの予定だったのですが、子供ら3人も一緒なので、急病など何が起こるかわからないため、キャンセルできるチケットを選んだところ、JALが一番よい条件だったもので。

考えてみれば生まれて初めて乗ったのもJALでした。が、ここのところJALとはすっかりご無沙汰。もう20年ぶりくらいだったかも。その間、経営破たんという昔では考えられなかった事態を乗り越え、この秋には再上場を果たそうとしているJAL。乗り心地はどうなのかと、それにも興味津々でした。

結果、感想は非常に良好。エコノミーですが、食事もエンターテインメントもごく満足。アテンダントさんも、年配の方もいらしたり、質実剛健という印象に変わってきたような・・・・。JAL、頑張ってください。あの一世風靡したドラマ、『スチュワーデス物語』で、石立鉄男さんが風間杜夫さんに言っていた『俺は世界中の空を鶴マークのねーちゃんたちでいっぱいにしたいんだ』というセリフ、今でも印象に残っています!

さてさて、肝心の揺れですが(私にとっては(・_・;))、意外に大丈夫でした♪ 確かに、最初のほうは結構な揺れで、乗務員の方も着席。キャプテンのアナウンスも「揺れても飛行機の運航に問題はありません」。以前、ANAの国内線に乗った時、ものすごーーーーく揺れたことがあって、やはりキャプテンが「大丈夫です。この飛行機は絶対に落ちません。」とアナウンスされたことがあったのですが、「絶対落ちない」と言われると、余計に心配になったことがありましたが、これくらいのさらりとしたアナウンスのほうが、不思議と心は落ち着くものですね^^;  その後も何度かどきどきした場面はあったものの、『テルマエ・ロマエ』『宇宙兄弟』『劇場版 臨場』と、映画を観続け、乗り切ることができました。

『宇宙兄弟』は素晴らしかった。非常によくできた作品で、漫画の原作を読みたくなりました。小栗旬さんの演技を初めて観たのですが(ドラマでも観たことがなかった)、いい役者さんだなと思いました。岡田将生さんは、相変わらずきれいで・・・。笑いもあり感動もあり、非常に素晴らしい作品だと思いました。

一方、『テルマエ・ロマエ』。これ、ずっと観たかった作品だったのですが、これは期待はずれ。途中で放棄。おそらく原作は面白いのだと思います。が、映画だけ観ていると、途中で飽きてきました、古代ローマの設計技師が現代のおふろやトイレに驚くという展開が・・・。勿体ないなあ。キャストもとってもいいのに。笑う場面だけではなく、もっと古代ローマの人々の暮らしぶりや悩みなどもうま~く盛り込んで、も少しばかり、話に厚みがほしかった。阿部寛さんの見事な肉体美は堪能できましたが。

『劇場版 臨場』は、テレビ版は見ていなかったのですが、内野聖陽さんの演技が好きなのと、死体役の役者さんの苦労話などを読んでいたので興味があり、観ることに。確かにいい場面もたくさんあり、なかなかの作品だったとは思います。死体を演じられた役者さんのプロ意識も感じさせられましたし! 冒頭の無差別・通り魔殺人の犯行が起きる場面は凄惨で悲しくて・・・・。ただ、物語の核になる線が、2本あるのですが、一本が弱い。冤罪というもう一つの線をもっとうまく前にもってきてもらいたかった。この冤罪に関わるストーリーも切ないものだったので。この映画で一番印象に残ったのは、若村真由美さんでした!無差別殺人の被害者の母親役。この女優さん、だれだろう。きれいで、演技がうまい・・・。ずっとそう思っていたのですが、エンドロールを見てやっと若村真由美さんだと判明。突然娘を失った母親の深い怒り、秘めた激しい感情のうねりをものすごくリアルに表現されていたように感じました。

・・・と、機内のことはこのくらいにして・・・。ロンドン到着は、同日午後5時半ほど。悪名高い入国審査も、時間はかかったものの、優しいおじいちゃまタイプの審査官さんで、すぐにOK。「オリンピックも楽しんでね~」と。

ところで、実は気がかりだったのが、なでしこ戦! ロンドンに行くのだから、オリンピック競技も一つは観たいと考え、チケットを取っていたのが、女子サッカーの決勝戦。なでしこがそこまで勝ち進んでくれるかどうか、正直わかりませんでしたが、やはり期待を込めて、チケットゲット。そして、嬉しいことに4強に残ってくれて、わーいわーいと一家で大喜び♪ が、対フランス戦でなでしこが負けるなら、決勝戦同日に行われる3位決定戦のチケット急いでゲットしようかと・・・。

で、入国審査を通り、スーツケースを拾い、迎えに来た夫を見るなり「なでしこは?」夫も「今、もうすぐ終わるところ。でも、結果はまだ。」と。が、タクシーに乗り込んだところで、「勝った、なでしこ、勝った」と、スマホかざしながら夫。「わーーーい♪」と皆。幸先のよいロンドン滞在となりそうな予感? とにかく、なでしこ、ありがとー!!! 応援しに行きます♪

CIMG2544空港 
とりあえず、welcome してもらいました(?)  空港の通路壁。







最新記事
プロフィール

フブキ

Author:フブキ
FC2ブログへようこそ!
NYでBROADWAY
に目覚め、やがてSPRING AWAKENING
に魂を奪われてから、すでに1年あまり。しかし、ごく最近、4年ぶりに東京にもどってきました! 久々の東京生活も実にスリリング♪

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
現在の時刻 《東京・ニューヨーク》
日本は今何時かと、いつも気になります。