FC2ブログ
2012-04-25

日本は子どもを守ろうとする意識が低すぎる!

京都・亀岡での痛ましい交通事故。

登校途中の小学生と付き添いの保護者の方を居眠り運転の少年がひいた・・・。

しかし、「いつ事故が起きてもおかしくない」。

そういうふうに思っていた近隣の方もいらっしゃる、交通量の多い通学路だったようです。

昨年も登校途中の小学生がクレーン車にはねられた事故もありました。

いえ、それだけではありません。毎年毎年、通学途中、車にはねられて怪我をしたり、最悪に場合、くなってしまうお子さんもいらっしゃるこの現実。

私も、小学生の娘の登校の途中まで毎日付き添っています。

なぜなら、通学路の途中に、信号のない交差点があり、横断歩道はあるものの、大きな通りの抜け道となっているその通りの交通量がとても多く、またスピードをあげて走る車が非常に多いからです。

小学生たちが横断歩道の手前でどんなに待っていても、止まってくれる車は限りなく少ないのです。横断歩道の頭上には、通学路を示す大きな標識がぶらさげられています。が、無視。横断歩道に横断のため歩行者が待っていたら、車両はとまらねばならない。道路交通法で定められていますよね。でも、無視。もちろん、保護者が順番にその危険な交差点を登校時間は旗振りしながら見守っています。「安全」と黒く書かれた黄色い旗を握りながら、ある意味、命がけで、子供を通す。

アメリカで暮らし始め、車の運転免許獲得のため試験勉強していた時、驚いたのが「School Bus」に関するルールでした。

アメリカの多くの学校では、生徒はスクールバスで登下校します。で、スクールバスが子供たちを乗り降りさせるため停車している間、その後続の車両、また地域によっては対向車もある距離以内であれば、絶対絶対絶対停車しなければならない。のです。

万が一、この規則を無視して、スクールバスを追い抜こうものなら、バスの運転手はその車両の番号を控え警察に連絡することでしょう。また、警察が偶然現場に居合わせたら、たちまちお縄・・・いえ、まじめな話追いかけられます。そして、非常に高い罰金が科されます。ですから、運転していて前方に黄色い(オレンジ色)スクールバスの姿が見えたら、まずはスピードをゆるめ、スクールバスが停車態勢に入ろうとしているのかどうかを見極める必要があるのです。もちろん、スクールバスも、周囲の車にわかるように、今から停車するよ~~と、後ろと横から、STOP の標識を出します。

また、これだけではありません、学校関連の交通ルール。スクールバスが辺りにいなくても油断は禁物です。もし、学校の周りの通りを運転するとき、平日の学校がオペレートされている時間は、決められた速度以下にスピードを落とさねばならないのです。これもうっかりすると、よく警察が目立たないところで見張っていたりするので、アウト!これまた非常に高い罰金が科せられるのです。

このように、学校に登校する子供たちを車の事故から守ろうとする意識は非常に強いものがあります。運転していて、ときどき面倒なルールだなあと思ったこともありました。けれど、やはり、子供を守るためには大切な「意識」です。が、日本にはそれが欠けているように思えて仕方がないのです。

今回のこの悲しい事故のあと、通学時間は車の規制をしてもらえないかという保護者の声に、「それは難しい」と警察だったか、市役所だったかが答えたそうです。ナンセンス!こんな事故が起きたというのに、子供を守ろうとしないなんて!

でも、これはここだけの話ではありません。

私も、先にお話しした我が家の近くの危険な交差点に、信号をつけてくれませんかと警察にお願いしてみたことがありました。が、「信号が多いと苦情が来る」「300万かかる」云々云々。「子供や地域の方の安全が一番大切ではないのですか?」と聞いても、梨の礫。

おそらく、交通量の多い危険な道を歩いて登下校する子供たちは日本全国に何万といることと思います。この京都の事故は全く他人ごとではありません。

通学路はすべて、通学ピーク時間は車両は時速制限かける、通行止めにするなどのルールがあってもしかるべき、そう思います。

お亡くなりになった方たちのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
スポンサーサイト



2012-04-22

この夏の目標! ”MATILDA”

この夏、絶対観たいのはこれ!

200px-Matildawestend.jpg

”Matilda The Musical”


イギリスのWEST ENDで昨年から上演されているこの作品、来年にはBROADWAYにも進出が決まっています。

原作はジョニー・デップの「チャーリーとチョコレート工場」の原作者でもある、英の児童小説家、ロアルド・ダール の ”Matilda”。

シェークスピア生誕の地、Stratford-upon-Avon にあるロイヤル・シェークスピア劇場を拠点として活動するロイヤル・シェークスピア・カンパニー(RSC)が、おととし暮れに発表したのがこの作品でした。たちまち評判となり、その翌年WEST ENDに進出。そして更に来年にはBROADWAYにも進出・・・。どれだけ凄い作品なのでしょう?

去る4月15日は、イギリスのローレン・オリヴィエ賞の発表がありました。この賞はイギリス版のトニー賞。とても権威のあるもので、該当年に上演された優秀な劇作品に賞が贈られます。トニー賞と同様、様々な部門があるのですが、この ”Matilda” 、ミュージカル部門の主演女優賞をはじめとする7つの部門で見事受賞という素晴らしい結果を残しました!一つの作品が7つも受賞したのは初めてという大快挙!

交代で主演を務めるのは4人の10歳の少女たち。(BILLY ELLIOTみたいですね♪) この4人全員が主演女優賞を獲得。

140206_2_preview.jpg

4人とも、歌唱力・演技力抜群のようです。また、脇を固める大人の役者さん、他の子供たちの演技も素晴らしいようです。

私が驚いたのは、OFFICIAL LONDON THEATRE のHPのプロモーション映像の中の教室の椅子や机の上に立ち、生徒らが歌って踊るシーン。かっこいい、いい!凄くいい! もう、これってSpring Awakeningのあのシーンを彷彿させられてしまうではないですか! も、もしかしたらこの振付、SAに影響受けているかも??? と、大興奮。是非、是非この映像ご覧になってください。⇊


Matildaのプロモーション映像、是非是非!!

とまあ、この映像を見た瞬間に、この作品はMUSTーSEE、になったのでした。これなら、子供たちも皆連れて行けますし。 ここのところ、いえ今後もしばらく週末の観劇ができない(あ、連休中に「シダの群れ」だけは行けそう。)悲しい状況なのですが、夏の”Matilda”観るのを楽しみにまずは頑張りたいと思います。






2012-04-21

気になるドラマ  ~サムスン超えあるか?~

4号機の冷却装置も復活してくれたようで、何より・・・。

ところで、話は変わりますが、韓流ドラマ、最近全く見ていません。

と言っても、『モレシゲ』 『魔王』 『復活』 『宮 』 『パリの恋人』 『ラストダンスは私と一緒に』 『ローズマリー』 『ラブストーリー・イン・ハーバード』・・・今まで最後まで見たもの自体、そんなに多いわけではありません。でも、ここにあげたものは皆、すごくよかった・・・。

が、何と言っても、ダントツは、ずばり

『私の名前はキム・サムスン』

これに勝るものはなかなかありません。

が、最近気になるのが、『シークレット・ガーデン』。

ヒョンビンが主演というのは無論大事なポイントなのですが、このドラマ、ものすごく評判がいいのですね!
男女の入れ替わりと言う設定はありきたりすぎますし、最初ストーリー設定を聞いたとき、『あ。これはだめだ・・』 そう思いました。ところが、この4月からBSプレミアムでも放送が始まり、何かと話題に上っているような気配。それらの情報を総合したところ、これはヒョンビンにとっても、『サムスン』以来、初めての大ヒット作品だったのでは? これは絶対見なきゃ。そう決意いたしました。(ところで、BSプレミアムって? 我が家でも見られるのでしょうか? JCOMなんですが;;; チャンネル多すぎてどれがどれかよく分かりません~~~~(ー_ー;)!!。)

軍隊に入る直前の作品ということで、ヒョンビンも心残りのないように全力で撮影に臨んだといわれるこの作品。『サムスン』を超えるような作品なのかどうか。(私的に。)非常に気になっています!


20101118_749546.jpg
2012-04-14

気になる4号機  ~武田先生のブログから・・・~

ここ数日、ひっそりとだけ報道される福島第一原発の4号機のこと。

このひっそりがやっぱり怪しく思えます。

冷却機能が不能って、これってまずいでしょう。

なのにこんなひっそりとしか報道しないだなんて。

武田先生の昨日のブログの記事は、次の通りなのですが、まあ、様子を見るしかないわけでしょうか。

100℃超えると・・・・まずいでしょう~~~~~~。

しかし冷却機能を復活させるべく、作業してくださっていることとは思います・・・。

ありがとうございます。

4号機も頑張っておくれ!

***************************************************

速報 福島4号機の冷却不能について(16時回復、19時地震あり)


この記事を書いた後、4月13日16時に冷却は復旧しましたが、その後、すぐ地震がありました。気をつけてウオッチします。

福島原発4号機の冷却が不能になっています。読者の方が電話でお聞きになったデータを知ることができました。それによると、

4月12日11時 プールの温度28℃
4月13日11時 プールの温度40℃

発熱量と水の量は変わっていないと考えられますので、温度の上昇は24時間で12℃のペースで進むと思います。100℃を超えると沸騰し始め、数時間から数10時間以内に燃料棒の頭部が空気中に出ると考えられます。

私は4号機の燃料は使用済み燃料で、すでに崩壊熱が運転中に対して500分の1ぐらいになっていると思いますが、あまり正確な報道がないのでご心配の方のために避難のタイミングを示します。

4月14日11時 予想されるプールの温度 52℃
4月15日11時 予想されるプールの温度 64℃
4月16日11時             76℃
4月17日11時             88℃
4月18日11時             96℃

従って、4月17日まで様子を見て、そのときの温度が90℃付近に達していたら、4号機が危ないと考えている方は逃げる準備も必要となります。

私は第一に「データと情報、考え方を提供し、個人個人が具体的にどうするかは、個人が考える」としています。私自身は4号機のプールが沸騰し初めても直ちに危険は来ないと思っています。
しかし、危険を感じている人については、データの提供をします。また、逃げるかどうか迷っている人や判断が難しい人は、「4月17日頃、再度、ブログをだして、私の見解を示します。それに注意してください」と言うことしか今はわかりません。

(平成24年4月13日の武田邦彦先生のブログ記事です。)
2012-04-12

本当に正義がなされますように。 ~Zimmermanの逮捕~

4月11日夜、アメリカでは多くの人々がテレビにくぎ付けになったことでしょう。

とうとう、 George Zimmerman が、Trayvon Martin を殺害した罪に問われることになったとの発表があったからです。ここしばらく身の危険を感じてフロリダから姿を消していたZimmermanですが、すでに収監されているとのこと。当局から起訴されることになったと知らされて、おとなしく従ったそうです。

今回 Zimmermanが起訴されることになるかどうかは、フロリダ州の 特別検察官(special prosecutor) Angela Corey に一任されていました。 全米が注目する事件を任された女性検事ってどんな人なのか、興味があったわけですが、今回 彼女が記者会見している姿を見て、納得といいますか、面白いといいますか。

よくあるドラマや映画に出てくる女性検事のように美しくスタイルがいいわけではありません。が、話し方は自信に満ち溢れており、切れ者、そして強い意志を持った人だと感じました。仕事ができる人だからこそ、こんな取扱いの難しい事件を担当させられたのでしょう。おおっと、余談はさておき・・・・

さて、Zimmermanは、第2級殺人の罪で告発され、有罪となれば、最高で無期懲役の刑が科されることになります。

Angela Corey が、会見で強調していたのは次の2点でした。

Zimmerman の起訴を決めたのは、決して世論による圧力があったからではないこと。自分たちの調査結果から、起訴を決定したこと。

難しい問題を抱えた問題なので、陪審Trayvon Martinの両親だけが、調査の詳細を知ることができる。


この会見の前に、この2点は必ずスピーチに盛り込む必要があると彼女は判断したわけですが、当然ですよね。世論によって起訴するかしないか決めたなんてことになったら、公正であるべき司法制度が、世論の影響によって出す結論を変えるということになってしまいます。(本当のところはどうだったのかはわかりません。)

また、あまりにもマスコミの報道が過熱しており、逐一、Zimmermanの取り調べの様子や内容を公表してしまうと、その内容によっては暴動やデモが各地で起こりかねません。実際、先日も、最初にこの事件を扱った地元警察のパトカーに、銃弾が撃ち込まれたりしています。

また、3大ネットワークのひとつ、CBSも、故意にZimmermanが、人種差別主義者であるかに印象付けるように、入手したテープを編集したりしたことも判明しており、メディアの報道の在り方も問われています。

メディアに流れる亡くなったTrayvon Martin の写真は、彼が幼い時の、素直そうでじゅんしんな少年のものなのに対し、Zimmermanの写真は、神経質そうな印象で決して好人物には見えないもの。17歳のTyayvon Martin の写真を流さず、無垢な幼い彼のお写真を掲載することで、世間の事件に対する印象を変えようとしているという批判もあります。

個人的には、地元警察の対処の仕方が間違っていたことが、ここまで大きな事件になった1番の原因だと思います。地元警察の最初の対応自体は、人種差別だったととられても仕方なかったでしょう。

ただ、Zimmermanは、人種差別主義者ではなく、単に銃を携帯して犯罪監視することに喜びを覚えるタイプだったのではないかなと思います。しかし、彼の行動はやはり行きすぎでした。

銃社会、自己防衛を過大に正当化する法律、そして人種の問題・・・・。

本当に難しい要素が入った事件。

Zimmermanに対する厳しい世論の圧力には左右されず、公正な、ただひたすら公正な裁判を願いたいと思います。

Coreyの会見映像はこちら。


2012-04-04

なるほど、さすがキャメロン監督!   ~タイタニック、たった一点の訂正~

先日、映画『長靴をはいた猫』を観たときなのですが、本編が始まる前にいくつか公開予定の作品の予告編が流れました。

そのひとつが 『タイタニック』!

3Dとなって甦った 『タイタニック』 ですが、予告編だけでもその立体感はすごい、すごい。

ディカプリオファンではありませんが、若いころの彼はやっぱりみずみずしい印象。

ケイト・ウィンスレットは当時より今のほうがきれいですが、とにかく、もう一回、観てもいいかも・・・と思わせられる予告でした。

しかし、このリメイク作品に更に興味がわく記事を読みましたので、ご紹介♪

この作品、単にオリジナル作品を3Dにしただけかと思っていたのですが、実は1か所、とても大事なシーンを変更したとのこと! 

さすが、完璧主義で知られるキャメロン監督。

さて、どのシーンかと言いますと、ローズが夜空の下でボートの破片にしがみついているところだそうです。

で、そのシーンのどこに変更点があったかと言いますと・・・

夜空 なのです。

Neil deGrasse Tyson という、宇宙物理学者が、キャメロン監督に間違いを指摘したのがきっかjけでした。

"There she is looking up. There is only one sky she should have been looking at ... and it was the wrong sky! Worse than that, it was not only the wrong sky; the left half of the sky was a mirror reflection of the right half of the sky! It was not only wrong, it was lazy! And I'm thinking, 'This is wrong.'"

ローズが空を見上げてる。彼女がそのとき見上げている星空はたったひとつでしかない。でも、映画の中の星空は間違ったものだ。もっと悪いのは、その星空が単に違った日時のものというわけではないことだ。左半分の空は、右側の空を鏡で反射させたものだ。 間違っているだけじゃない。これは怠慢だ! こんなことでいいわけがない、そう思う。

と、Tysonは、キャメロンに訴えました。Tysonは、キャメロン監督が作品の制作のために、非常に長い時間をかけ、タイタニック号や事故当日の細かいことまで調べ上げたのを知っていたので、自分の訴えもただのクレームではないと理解してもらえると考えたようです。

そして、さすがキャメロン監督!

'All right, you (so and so), send me the right stars for the exact time, 4:20 a.m. on April 15, 1912, and I'll put it in the movie.'

よし、わかった! 1912年4月15日午前4時20分の正確な星を送ってくれたまえ! 映画にちゃんと正しい星を入れる。


くれたまえ・・って、変な訳ですみません(^_^;) が、とにかく、

And with my reputation as a perfectionist, I should have known that and I should have put the right star field in.

私に対する完璧主義者としての評価を考えれば、その夜の正しい星空について知っておくべきだったし、正しい星空を映画に使うべきだった。

と、キャメロン監督はちゃんと間違いを訂正したのです。

ほとんどの観客が疑問に抱かなかった星空についてこだわったTysonさんも、すごいですし、間違いを直したキャメロン監督もかっこいいと思いました!

1912年4月15日午前4時20分の北大西洋ニューファンドランド沖の夜の空、これを観るためだけでも、このリメイク、観る価値がありそうです。

それにしても、 send me the right stars  正しい星を送ってくれ!  かっこいい~~~。

正しい星空のリメイク版は、4月7日公開です☆

映画のHPはこちらから。

header.jpg
2012-04-01

映画『長靴をはいた猫』、恐るべし!

この春休み、夫の海外転勤が決まり、同行するか否かで大モメ真っ最中。

子どもが3人いると、それぞれの意見がばらばら。(末のおちびの意見は誰も聞いてはいませんが、勝手に主張しております・・・)

長女は高校生。日本の大学に行きたい彼女は今の学校を転校したくないという。

長男は中学生。彼は父親についていきたいと言う。

長女を下宿させるかどうか。

頭が痛いです。

さて、そんなこんなで、ばたばたしており、どこも出かけることもないまま、春休みが過ぎていく状態。

そこへおちびの仲良しのお友達から映画のお誘い。

それが、「長靴をはいた猫」。

Puss20in20Boots20(1).jpg


小学生だけでは行かせられないので、仕方なくついていったようなものでしたが、なんとこれが、

非常に面白かったのです!

娘たちは吹き替え版がいいというので、字幕版ではなかったのですが、正解でした!

さすが竹中直人さん。めちゃくちゃ、魅力的な猫くんでした。

女の子に弱いかっこつけ。だけど、腕っぷしもそれなりの強さ。が、最強ではないところがいい。

ストーリー展開も破天荒ではありますが、ものすごいスピード感で飽きることなし。

音楽ものりのりで、サントラ欲しくなったほど。

映像もさすがドリームワークス。

これは大人が観ても十分楽しめる作品です!

浮世の悩みも忘れて、作品に没頭できました!

美しい黒猫 (この役を担当された方の声もとってもかっこよく、素敵でした!)、ちょっと危ないハンプティ・ダンプティなど、登場キャラもとっても個性的でチャーミング。

オリジナルのアントニオ・バンデラスの声の猫くんも観たくなってきました。

竹中直人さんの猫くんより、きっとセクシーな感じなのでは?

映画に迷ったら、是非、『長靴をはいた猫』 をどうぞ♪

本当にオススメです☆

(エンドロールには、日本人らしき方の名がちらほら。日本人のCGやアニメの技術者の方もこうして世界的に活躍されているのだなあと嬉しくなりました。もっとも、日系の方かもしれませんが。ファーストネームはアメリカンネームの方が多かったです。)




最新記事
プロフィール

フブキ

Author:フブキ
FC2ブログへようこそ!
NYでBROADWAY
に目覚め、やがてSPRING AWAKENING
に魂を奪われてから、すでに1年あまり。しかし、ごく最近、4年ぶりに東京にもどってきました! 久々の東京生活も実にスリリング♪

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
現在の時刻 《東京・ニューヨーク》
日本は今何時かと、いつも気になります。