FC2ブログ
2009-09-30

映画「わたしの中のあなた」 、もうすぐ公開    ~~JODI PICOULTの”MY SISTER'S KEEPER”

My Sister's Keeper [Blu-ray] [Import]My Sister's Keeper [Blu-ray] [Import]
(2009/11/17) />

商品詳細を見る


キャメロン・ディアスが母親役を務めると聞いたときは、すごくがっかりした映画、”MY SISTER'S KEEPER”。アメリカの女性作家、JODI PICOULT原作の作品。(邦題は「わたしの中のあなた」という、やさしいタイトル。なかなかいいタイトルだと思います。)

キャメロン・ディアスは結構好きな女優さん。だけども、この物語に出てくる母親役にはちょっとキュートすぎるような気がしたのです。

これが私のJODI PICOULTデビューだったのですが、非常によい作品で、たちまち彼女のファンになってしまったわけです。(つい最近も、”PLAIN TRUTH”という作品のことを、こちらでも少しだけ紹介しました。しかし、PLAIN・・・のほうは、期待はずれでした~。)

重病を抱える姉を生かすために、人工授精でこの世に誕生した妹、アナ。小さいころから、姉のために
臍帯血、骨髄などを提供してきました。そのために好きなスポーツもあきらめざるをえなかったアナ。けれど、アナは姉、ケイトが大好きだったのです。が、そんなアナが、ある日、突然、腎臓をケイトに提供することを拒み、弁護士を雇い、両親を相手に裁判を起こします。アナの腎臓をケイトに移植することが、今は唯一ケイトを生かす方法。このままでは、ケイトが死んでしまう。母親サラは、なんとかアナの気持ちを変えさせようとします。が、アナの決心が揺るがないのを知ったサラは、法廷でアナと戦うことを決意します。弁護士であったサラ。まさかこのような形で再び法廷にもどることになろうとは。家族のために自分のキャリアを捨てたサラ。そんなサラが、ひとりの娘の命をかけて、もうひとりの娘に対峙する・・・。

華やかなイメージのキャメロン・ディアスには、サラ役はちょっと難しい役柄のように思ったわけです。年齢的にも役には若すぎるようにも思えて。(キャメロンが若く見えるだけに。)

けれど、レビューを見ると、とてもいい作品に仕上がっているようですね♪ しかも、びっくりしたのは、原作とラストがちがうという情報。気になります!あの衝撃的なラストが、映画ではどう変わったのか。

しかも、アレック・ボールドウィンも出演というではありませんか! それも、アナの弁護士、キャンベル役で!原作では、もっと若くてスマートな設定なんですが:::::。それに、キャンベル自身、過去に深い心の傷を負っており、それに関わる女性も、原作ではアナに関わる重要な役どころで登場するのですが、その部分は映画では描かれているんでしょうか。(たぶん、割愛されているでしょうね~。)

それにしても、アレック・ボールドウィンて切れ目なく、映画に出演していますね。若いころより、だいぶからだに貫録もついてしまったし、元奥さんのキム・ベイシンガーからもよく思われていないとか、あまりいい話は聞こえてこない昨今ですが・・・。今度はメリル・ストリープと夫婦役で、息子がハンター・パリッシュ♪というコメディー映画にも出演と聞きますし。若いころは、本当に素敵でした。声もいいですし。今も決して嫌いではありませんけども・・・。

さて、10月9日公開「わたしの中のあなた」。見たいです! 結末が知りたい・・・。原作の終わり方と違うという、サラ、アナ、ケイトたちの愛と絆の行方が気になります。

スポンサーサイト
2009-09-30

13歳の野望    ~応援したい~

少年よ、大志をいだけ!

いい言葉です。本当に若者にはそうあってほしい。

が、自分が少女のころ、この言葉を耳にするたび、大志を持たねばならないんだ、大志、大志、うーん、思い浮かばない、まずい、どうしよう~などと、焦ったのを思い出します。

大志イコール将来の夢といったところでしょうか。

うちの子ザルたちに将来の夢を聞いても、さっと答えは出てきません。いえ、5歳のおちびは即答します。「ケーキ屋サン」と。しかし、13歳の娘は「わからない」、11歳の息子はうーーーんと考え、ようやく出たこたえが「サラリーマン」。大志にはほど遠い・・・。(サラリーマンが悪いといっているわけではないのです。だけど、まだ子どもなんだから、宇宙飛行士とか、野球の選手とか、もっと子どもらしい答えを期待したい気がします。もっとも何が子どもらしくて,子どもらしくないなんて・・・それは、頭のかたい大人の勝手な幻想のようなものですね。) 

ところが、昨日、13歳の娘の胸についに大いなる野望が生まれたようなのです!! その野望とは?

文科省に入る。

文科省に入って、日本の教育制度を変える。

いいですねえ。立派な野望、立派な大志です。ただまあ、動機はすごく単純です。公立の中学に通いだして感じるようになった、教育のシステムの理不尽な部分を変えたい、そういうことです。

しかも、アイディアの出所になったのは、ドラマ「踊る大捜査線」。

昨日も帰宅後、学校であった、本人が理不尽と感じた出来事を話してくれ、「もういやだ。」と。我が家は「きちんとした理由があって学校に行きたくないなら、行かないでよい。」という方針なので、「だったら、もう学校に行かなくていいよ。」と。確かに、私が事情を聞いても、娘の感じた部分は間違ってないと思ったので。

けれど、娘は負けず嫌い。「こんなことで負けたくない。行く。」と言います。それでも、なおぶつぶつ。「あのやり方はおかしい。自分だったらああいうふうにしない。」

「そうだ、あなたが変えればいいじゃない!」
「どうやって?」

そこで、「踊る大捜査線」です。

「前ね『踊る大捜査線』というドラマで、主人公の巡査部長の青島がね、警察庁につとめる、室井管理官に言ったのよ。この室井管理官というのは、警察庁でもキャリア組といって、将来えらくなっていくグループの人なんだけどね。で、ふつうのお巡りさんの青島は、室井管理官に言うわけよ。『あんたがえらくなってくれ。あんたが日本の警察を変えてくれ。おれたちにはできない。おれたちは現場を守る。だから、あんたがえらくなって、警察を変えてくれ。』って。」

そこで娘の野望が誕生したのでした~~~。(私が誘導したようなものですが。)

いつまで持続するか、この野望。しかし、若い人が、なにか自分がやりたいこと、そしてやれるかもしれないことを見つけた瞬間の笑顔はいいものです。どんよりしていた娘の目が突然きらきら輝きました、その瞬間☆  親として、うれしい瞬間でもありました。どんな野望でも、親は子どもを応援したい。・・・・ところで、大人は大志はもういらないんでしょうか?
2009-09-30

ドライブスルー登場! インフルエンザ診療   ~アメリカにて~

アメリカは言わずと知れた車社会。ドライブスルーはファーストフードのみならず銀行や薬局にも浸透。
そして、とうとう、インフルエンザ診療にもドライブスルー登場のニュース。

ERに殺到する新型インフルエンザがうたがわれる人々。ERを別の病気で訪れる人たちへの感染を防ぐために、ある病院で考え出されたそうです。

車に乗ったまま、駐車場などに設置されたテントに進み、そこで診察を受けて、処方箋も書いてもらう。ある病院では、患者さんが車から降りる必要さえないシステム。まさにドライブスルー。

日本でも、新型にかかる人が増えています;;。ひょっとしたら、ドライブスルーもどこかの病院で始まるかもしれませんね。

ところで、明日、従来のインフルエンザの予防接種を家族みんなで受けてきます。我が家は、接種を受けていても結局かかってしまうという、かなりインフルエンザに愛される体質のようなのです~;;;。つい先日までは、近くのどの医療機関でも、まだ接種の予約をはじめていないと言われていました。が、昨日思い立ってあちこち聞いたらば、2つ、「接種がもうできる」「10月1日からできる」というところがありました。なぜ、医療機関によって、インフルエンザの予防接種のワクチン入荷の時期が違うのでしょう?? とりあえず、接種ができそうなのでほっとしています。ただし、咳をしはじめた子ザルが一匹いるので、受けられるのか、ちょっと心配・・・。
2009-09-29

びっくり、「宇宙戦艦ヤマト」の続き   ~そ、それは、ちょっと、どう??~

実写版が作られるってことで、心底びっくり仰天した「ヤマト」ですが、さらに驚愕の噂というか囁きが。

古代進をキムタクが演じる!??????

ひえええええええええええええええええええええええええええええええええっ。

それって、あり????????????????????????

森雪の黒木メイサさんは、すごくしっくりいきます。が、古代君、キムタクっすか?
確かに、古代君のくるんとした微妙なロン毛、くりくり目は、まさにキムタクにぴったりかもしれませんが。

しかも、真偽のほどはわからないのですが、沖田艦長が西田敏行さんだとか。(池中玄太とか釣りバカ日誌のイメージが強くて、超シリアスな沖田艦長役の西田さんのイメージがわかない・・・。) 佐渡先生は橋爪功さんとも。(そういえば、お顔の輪郭が佐渡先生そっくり。)

「ハウルの動く城」で、キムタクがハウルの声を演じたときも、賛否両論が沸き起こりましたが、今回も、キムタクが古代進演じることが決まったら、ものすごい議論をよびそう。ハウルのときは、見るまではキムタクの声はどうかなと不安でしたが、見終わったら、キムタクの声、すごくよかった、そう思いました。が、今回は実写映像ですからね。「木村拓哉」のイメージが強すぎる気がします。それに、奥さんのイメージも強いですし。うーーーん。

デスラーは、やっぱり伊武さんですかね、やっぱり。(意外にそうなったりして?)
2009-09-29

内館牧子さん?   ~驚きました!~

「想い出にかわるまで」「都合のいい女」「出逢った頃の君でいて」(のりP、よかったのになあ;;;;)などなど。

数々の名ドラマの脚本を書いていらした内館牧子さん。最近は相撲のことで、そのお言葉がよくニュースに流れてきます。相撲のことは全く知らないのですが、内館さんの朝青龍に対する厳しいお言葉は、ひょっとしたら、朝青龍にすごく期待されているからこその辛口なのでは?とも思ったり。

さて、相撲のことではありません!

最近、東京の公立の学校のありかたについて、いろいろ考えさせられることが多く、ふと、都の教育委員会のHPを見てみました。

驚いたのが、教育委員会の委員の人数がたった6人だということ。しかも、その中に、内館牧子さんや
瀬古利彦さんのお名前があったこと。私のイメージでは、教育委員会って、もっと大勢のその地域の公務員のかたが構成しているものだとばかり思っていたのでかなりびっくりしてしまいました。

が、さらに調べたところ、普段私たちが「教育委員会」と呼んでいる組織と、内館牧子さんらが名を連ねていらっしゃる「教育委員会」とは異なるものだということもわかってきました。

私たちが、いわゆる「教育委員会」と思っている組織は、「教育委員会事務局」という行政組織だそうです。では、内館牧子さんらの所属する「教育委員会」とはなんぞや?

簡単にいえば、「名誉職」「監査役」のようなものだそうです。表向きは、教育委員の方たちが、その自治体の教育に関する政策を決定することになっているのですが、実際は「教育委員会事務局」の職員の方々がすべてを決定しているそうです。

つまり、内館牧子さんや瀬古利彦さんは、東京都の教育の政策を決めていらっしゃるわけではなく、ご自分の体験や学識から、都の教育についてご意見を述べられたりしているということでしょうか。

それを知って、ちょっと安心したような、同時にがっかりもしたような。

有名人になんでも頼めばいいとは思いません。けれど、また教育行政にいろいろな方面の方の意見が反映されるのは非常に喜ばしいとも思うので。

そこで、教育委員の内館牧子さんにお願いしたいことがあります!

絶対評価をやめるよう、進言してくださいませんか!

絶対評価のせいで、学校がおかしくなってきています。
生徒がのびのびと過ごせない、学校の現状を訴えていただけませんか。


絶対評価については、また後日ここでも書いてみたいと思っています。

まじめな話、内館さんに、朝青龍に対するのと同じくらいの厳しく真剣な言葉で、都の教育委員会事務局、教育長、そして首長に(本当は文科省が大元締めなわけですが。)訴えていただけたら、どんなに心強いか!
2009-09-28

えええええええええええ! 実写版、ヤマト????? ~期待します。~

沢尻エリカさんが事務所から解雇される?という話題が、にぎわっていますが、正直なところ、関心はありません。が、知りませんでした! 沢尻さんが女優復帰する予定だった映画というのが

宇宙戦艦ヤマトだったなんて!!!!!

ヤマトは、ガンダムと並んで、私の青春時代を支えてくれた偉大な作品。うまれて初めて買ったレコードもヤマトのサントラ盤でしたし、友人たちと、ヤマトのオリジナルストーリーを考えたり、古代君派、島君派、相原君派、デスラー派と別れて、いかに自分たちの信奉するキャラクターが素晴らしいか、えんえんとディベートしたりしたものです。

「さらば」の、古代とその腕の中の瀕死の森雪の会話・・・もちろん、今でも全部セリフを言えます。
テレビの「ヤマト2」で、テレサがこれまた瀕死の島に自分の血を輸血するシーンも、全部セリフを言えます! 

当時、中間テストだか期末テストの国語でこんな問題が出されました。「好きな言葉を述べなさい。またなぜその言葉が好きかを200字以内でまとめなさい。」

私が嬉々として書いた言葉は「勝って帰るより、負けて帰るほうが勇気がいる」というもの。いやあ、今こうして書いていても、奥の深い実にいい言葉だと思います。この言葉にピンときたという方もいらっしゃるかも?

これは、「ヤマト2」の最終回で、万策尽きた古代が、最後の手段で、白色彗星帝国の超巨大戦艦にヤマトごとつっこもうとするときに、テレサが行方不明だった島を連れて現れ、古代に向かっていうセリフなのです。白色彗星との戦いには私が行きます。あなたたちは地球に帰ってください。帰って、また平和な地球を作ってほしい。しかし、自分の命と引き換えに白色彗星帝国を滅ぼすつもりのテレサに、古代は難色を示します。そして、そのとき、テレサが言ったのが・・・

「勝って帰るより、負けて帰る方が勇気がいることなのですよ。」

白色彗星帝国の圧倒的な強さに、もう特攻という手段しか残されていない古代たち。つまり、戦いに敗れたも同然。私が白色彗星を倒しても、あなたたちは負けて帰るようなものかもしれない。だけど、それはとても勇気がいること。負けて帰ったという負い目、屈辱を越えて、未来を築くことこそ、本当にあなたがたに必要なこと。そして、意識のない、愛する島をやさしく見つめた後、テレサは白色彗星帝国に向かいます。「さようなら、古代さん、雪さん。島さんをお願いします。」 その言葉を残して。

今となっては、答案にどう記述したか覚えていません!しかし、返された答案、その小作文は満点でした♪・・・とまあ、テストにも力を発揮してくれた偉大な作品、ヤマト。えええええ、それが実写映画になるというのですか! 素晴らしい技術革新が不可能を可能にしてくれるのですね。

ああ、気になるのはキャスト! 古代は? 島は? 佐渡先生は? 真田さんは? アナライザーは? そしてデスラーは? やっぱり青く塗られるんでしょうか? ブルーマンみたいなメイクはちょっとご勘弁ですが、ハハ;; 

そして、森雪が、沢尻エリカさんだったわけですね、ちょっと前まで。確かに沢尻さん美しいですが・・・。ところが、今回、黒木メイサさんに変更ということで、個人的なんですが、私はほっとしました。「風のガーデン」の演技で、すごくいいなあと思った女優さんですし、何より、あの切れ長の目と、あごの細さが、松本零士さんの女性キャラのイメージにぴったりです。あとは男性陣のキャスティングに注目ですね。古代君・・・想像がつきません。デスラーも??? しかし、黒木メイサさんの森雪役は、大大大賛成! 切ない次のセリフで今日の結びとさせていただきます・・・

「古代君、これからよ、本当の戦いは。地球のみんなの願いがこめられているのよ。勝ってね、古代君。きっと勝ってね。それでこそ、古代進。わたしのあな・・・た。」(「さらば」での雪の最後の言葉。)

さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たちさらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち
(2000/05/02)
PlayStation

商品詳細を見る




2009-09-27

Staying Busy!   ~いそがしくありたいMATT♪~

なかなか更新されないMATTのブログ。Bye Bye Biedieのプレヴューが始まったのだから当然と、しばらくは我慢の子であろうと覚悟。

が、さっき見たら更新されていました♪ 数時間前はまだだったので、私が夕ご飯作ったり、テレビ見ている間に、MATTが書き込んだんだわ・・・と思うと、同じ時間に生きている実感みたいなものを感じたり、MATTのタイピングする姿がPCの向こうに浮かんできたり・・・。ほとんど病気なだけですね、ハハハ;;;;;

さてさて、MATTは SUPER BUSYだそうです。GOSSIP GIRLの撮影と、Bye Bye Birdieの舞台が同時進行だったり、しかも、引っ越しも! 今度は今より広いアパートメントだそうで、もう一匹、ワンちゃんを飼おうと思っているそう。今のワンちゃん、JACOBくんの遊び相手に♪

I think it's time Jacob had a friend to romp around with when I'm at the show.
ジェイコブに友達ができていいころだ。僕が舞台に立っている間、一緒に遊べる・・・。

自分が留守の間、JACOBくんがさびしくないように考えているMATT・・・。ほろっ。

それから、更にほうと思ったのが、Bye Bye Birdieで共演している10代の役者さんたちへのMATTの目線。

A really great part about the experience has been getting to know the teen ensemble members. ・・・・・・・・・ What's truly wonderful is that all of these kids are incredibly kind, down-to-earth, and supportive individuals. They are completely in love with what they are doing and excited to get out there every night. It's really refreshing and has given the rest of the cast a lot of energy. As a performer, I think it's important to remember how exciting everything was when you first began theatre.

Bye Bye Birdieに出演していて、とてもよかったのが、10代のアンサンブルメンバーたちと知り合ったことだ。(中略)素晴らしいことに、彼らはひとりひとりが皆、信じられないほど親切で、分別があって、協力的なんだ。そして、自分たちがやっていることを心から愛していて、毎晩、わくわくしながら舞台に出ている。その様子は、すごくさわやかで、ほかの出演者にものすごいエネルギーを授けてくれる。役者として僕は思う。一番初めに舞台に立ったときの、すべてがどきどきわくわくしたときのことをずっと覚えているということが大切だと。

10代の役者さんたちのフレッシュさを目の当たりにして、初心忘れるべからずということを感じているMATT。まだ22歳のMATTなのに! MATTの母にもなれる年齢の私から見れば、22歳のMATTなんてまだまだ生まれたての赤ちゃんのようなもの(!)。でも、そういうストイック的な面を持つところも、MATTの素敵なところです。

いそがしいけれど、その充実感に満足しているMATT。頑張ってね!

2009-09-27

今日が発売日なのに!   ~まさかのラスイチ~

バンデラス

11月2日から世田谷パブリックシアターで始まる「バンデラスと憂鬱な珈琲」。本日が一般前売り開始日でした。が、が、が。うっかり、午後になってチケットを買おうと調べたら、土曜日曜のチケットがすべて売り切れ!!!! いえ、平日のチケットももう残り少ないというありさま。

予想はしていました。だって、ものすごーーーーく豪華な顔ぶれなんですもの、出演者の方々!

堤真一/高橋克実/小池栄子/村杉蝉之介/中村倫也/高橋由美子/段田安則

堤真一さん、段田安則さんが個人的に、とくに舞台で観たい役者さんです。おー、それにしても、平日は行けない。なんとしても、土曜日曜でないと。おっ? ありました。△マークが!残りわずか、でもまだあるっ! ゲットだあっ!

うわっ、本当に1枚だけありましたよ。ラストの1枚っ!キープッ!

・・・というわけで、運よくチケット確保できました。3階席の後ろのほうですが、いいです、いいです、観れるのですから♪

和久井映見さんとのドラマ「PURE」(でしたっけ?)での演技が好きだった、堤さん。生(ナマ)堤さん、楽しみです。
2009-09-26

愛を誓いし日   ~いいものですねえ~

本日秋晴れ、結婚日和♪ ものすごく久しぶりの披露宴出席。

といっても、夫ですが。夫の会社の若い方の結婚式。

結婚


披露宴が終わって帰ってきた夫から、座席表を見せてもらいました。目をひいたのは、座席表の一部に掲載された新郎新婦さんの簡単なプロフィール。お写真付き。とってもいいなあと思いました。なにせ、私たちときたら、座席表を作らなかったのです。

座席表を作るとなると、来ていただく方のお名前や会社名、役職の校正が大変だろうと、なるたけ手間をかけたくなかった私たちは、座席表はやめにしてしまったのでした。うーん、今から思うと、作っておけばよかったと思います。テーブルによっては、初対面同士という方もいらっしゃたのです。配慮が足りませんでしたね;;;;;。

それに比べると、今日ご結婚されたおふたりは、素晴らしいです。ご自分たちの紹介も兼ねた座席表。素敵です。もし、娘たちがいつか結婚し披露宴をするようなことがあったら、座席表は作るべし!とアドバイスしようと思います。

一度もお目にかかったことにないおふたりですが、その幸せな温かく浮き浮きした気持ちが我が家にも届きました♪ 私もなんだか、すごくうれしい幸せな気持ちになれました。

ありがとうございます。どうぞ、末永くお幸せに♪♪♪
2009-09-25

ヘドウィグ・・・?『Hedwig And The Angry Inch』  ~おお、すごい人ですねえ。~

エリア情報誌にて、この案内発見!

ヘドウィグ 25

ロックミュージカル? ヘドウィグ? なに、それ?

ん、山本耕史? おお、そういえば、この顔は!

「ドリアングレイの肖像」の地方公演がそろそろ終わっているころでしょうか? テレビでも売れっ子の役者さんですが、12月にまた舞台とは。おそれいります。

しかも、この「ヘドウィグ」、ちょっとリサーチしたら、またディーーーープな役のようです。山本耕史さんのメローな声がとても好きですが、歌も聴いてみたくなりました。

この作品、1997年にOFF BROADWAYで上演された作品なのですね。

東ドイツで性転換手術を受け、女性となったヘドウィックはアメリカ人男性と結婚し、アメリカに渡る。だが、やがて、夫から別れを告げられ、途方に暮れた彼女は、ロック歌手になる夢を思い出し、バンドを組む。知り合った年若いトミーを愛するようになるが、性転換手術の跡がばれて、トミーに捨てられる。やがてトミーは、彼女の曲を盗み、成功する。そんなトミーをヘドウィックは追いかける、愛を探し求めて。

うーん、とても物哀しい作品ですね。愛を求める女性を、山本さんがどう演じるのか、すごく興味があります。また、歌声も聴いてみたい♪ 声のいい人が、本当に好きな私。MATTといい・・・♪


2009-09-25

複雑な気持ち  ~NYでの幸さんのパフォーマンス~

数日前の深夜、長女が目を輝かせて2階から下りてきました。

「お母さん、ちょっと来て来て。」

娘について、2階の勉強部屋に行くと、パソコン画面に、どこかのテレビ放送局のニュース動画が静止画像となってとまっていました。

「ほら、見て。みんなうつってる!」

それは、NYを訪れた鳩山首相の奥さん、幸さんがNYの日本人学校を訪問したというニュース。娘がスタートさせたニュース画像には、幸さんを歓迎する先生方や生徒さんたちの姿が、うつっていました。日本人学校に通う顔見知りの友人たちが次々画面にうつる様子をうれしそうに見つめる娘。

そして翌朝、健康診断を受けにクリニックに行き、順番待ちをしていたとき、目の前のテレビ画面にもまた幸さんのNYでの様子が何度か流され、NY日本人学校・ジュリアード音楽学校訪問の様子がほほえましい様子で流されました。

幸さん、きれいでユニークなお人柄が魅力的な方のようですね。

でも、もしこれが4年前だったなら、絶対に、幸さんが日本人学校を訪問することはありませんでした!

ちょうど4年前、私たちがNYに住み始めたころ、NY日本人学校は大変な混乱状態にあったのです。

海外にある日本人学校は、文科省ではなく外務省管轄となります。日本人学校の先生方は、日本全国の公立学校の先生方が選抜試験を経て赴任されていますが、文科省は日本人学校のことは外務省管轄なので・・・と、ケアしていません。そして、日本人学校は、日本の公立の先生方が公でなされる選抜試験をへて派遣される学校なのですが、あくまでも現地の私立の学校という、ちょっとわかりにくい存在です。

各地の日本人学校の運営形式は、それぞれ異なります。ある国では、日本人会が運営母体となっていたり、ある地域では、日系企業の幹部さんたちが理事を構成する組織が運営母体だったり、さまざまです。しかし、当然外務省はなんらかの形で運営にかかわっています。

4年前、NY日本人学校を揺るがした騒ぎは、おもに現地校に通う邦人家庭のお子さんが増えたことによる生徒数減少がひきがねとなって、経営難に苦しむNY日本人学校を運営する組織が、保護者になんの通知もなく、学校校舎・敷地を他校に売却するという計画をたてたことが発端でした。

現在のNY日本人学校は、コネチカット州グリニッジという町にあります。グリニッジは全米でも裕福な町としてしられ、治安もよいところです。そういう町に日本人学校がくるということで、近隣周辺から大きな反対もあったようです。しかし、地道な地元の方との交流やグリニッジの海岸のごみを拾うなどのボランティア活動を通して、すこしづつ受け入れられてきました。以前は、有名な私立女子校(ブッシュ大統領の奥さんも卒業した学校。)であった校舎は、広々と美しく、春には桜も見られ、親の都合で海外で暮らす子供らの気持ちを励ましてくれるものです。(海外で暮らす子どもたちは、一見楽しそうに見えるかもしれません。もちろん、日本では体験できないことにチャレンジする機会にも多く恵まれます。しかし、やはり、NYでさえ、日本で暮らすよりもいろいろ不自由で窮屈な思いをしていることも多いのです。)

それが、突然、校舎を売却、しかも次の移転先も決まっていない。それを知った保護者は当然驚きます。それで、何度も学校を運営する理事たち(外務省・日系企業の人々からなる)に説明を求め、売却に反対する保護者のかたは、当時の外務大臣町村信孝さんに、売却問題反対の署名運動を行ったり、領事館に足を運んだり、理事の勤務する企業に意見を聞いたり、最終的には裁判に問題をゆだねることに。結局、長期にわたる売却反対運動は、売却金額を適正なものに上げる(売却先の学校と日本人学校理事の一部に利害関係があるという話もありました。不動産やさんも、日本人学校の売却予定金額は低すぎるとおっしゃってましたね、そういえば。)という、最初の裁判の判決を受け入れて終わりました。保護者の方たちにもいろいろなご意見があり、長期の学校の不安定な状態が子どもたちによい影響を与えるとは思えないということもあって・・・。

現在、NY日本人学校は、売却先の学校に、間借りしているという形です。つまり、同じ敷地内に2つの学校があるという状況です。しかし、いくらでも、他校と敷地・校舎を共有している学校はあります。ただ、問題は、日本人学校は、あと数年したら、そこを出ていかねばならない。だが、行き先が全く決まっていないということなのです。今回、幸さんはそうしたご事情は聞かされないまま、日本人学校を訪問されたと思います。美しい校舎に学ぶ、恵まれた子どもたちという感想をおもちだったかもしれません。

鳩山首相が訪米する前に、幸さんの訪問先が外務省によってリストアップされたことと思います。今なら、売却問題も落ち着いていて、日本人学校に行っても問題はない、という判断があったことでしょう。

4年前、保護者のかたに向かって、品のない言葉をおっしゃられた方々も、幸さんのご訪問が滞りなく終わって、ほっとされたことでしょう。

にこやかな幸さんの笑顔と子どもたちの笑顔に、複雑な思いがうまれてしまった1日。

政治のきれいごとに、子どもらを使ってほしくないですなあ! あの子ら、ひょっとしたら数年後、学校がなくなるのかもしれないんですよ!? 
もちろん、駐在家庭のお子さんがほとんどですから、数年後にまだ在校しているお子さんは少ないかもしれませんが。

とにかく、まあ、娘が、友人の顔を見て、久しぶりに嬉しそうだったので(最近、あんな嬉しそうだったのは初めてでした・・・)、ありがたいニュースではありましたが・・・・。いやはや。
2009-09-24

アメリカの医療事情   ~医療最先端国アメリカといいますが~

本日、2年ぶりの健康診断。前回は、一時帰国したときに北陸の実家近くの総合病院にて。今回は、健康診断専門のクリニックにて。

身長・体重、血液検査、尿検査、肺のレントゲン、肺活量、聴力、視力、眼圧、眼底検査、心電図、腹部エコー、胃の内視鏡検査(3150円の追加料金を払って、胃のレントゲンを内視鏡に変更)、そのパック項目に加えて、個人的に婦人科検診(4700円)、乳腺エコー(3675円)を追加。

このクリニックの日帰り健康診断のパック料金は49350円。今回は、夫の会社の海外赴任から帰任した際の帰国時検診という制度を利用したので(従業員と配偶者対象の制度)、胃の内視鏡、婦人科検診、乳腺エコーの分をのぞいては費用はかかりませんでした。また、日本にいれば、一定年齢以上の配偶者も、自己負担5000円ほどで、今回の検診のパックと似た内容の健康検診が年に一度受けられます。なので、なるべく毎年活用していました。

しかし、4年間NYにいたさい、私は1度も現地で『健康診断』を受けませんでした。(2年前に1時帰国したとき、日本でやっただけ。)

理由。現地で提供される健康診断項目が少なかったから。

血液検査と診察だけ、だったんです。電話で問い合わせて、胃とか肺レントゲンとか腹部エコーなどはないんですかと聞いたら、診察で自覚症状があればする、ということでした。自覚症状があってからでは遅い病気もあるのに、これでは健康診断にならないだろう・・・と、半ばあきれてしまいました。

ただ、もちろん、お金を出せば、どんな検査でも受けられます。また、企業によっては、アメリカでも国内のときと同様の健康診断を受けさせてくれるところもあります。しかし、残念ながら、私の夫の勤務する会社が提携している、現地での健康診断の項目は血液検査のみ、だったのです。日本並みの検査項目をお願いするとしたら、それこそ、BROADWAYのプレミアム料金のチケットが20枚くらい買えるくらいの金額を自費で払わねばならない・・・。なので、断念。まあ、血液検査だけでもありがたいとは思ったのですが、それだけのために、わざわざ遠くまで(自宅から近くないクリニックが指定されていたので。)行く時間ももったいなくて。。。

アメリカは医療最先端をいく国として、「アメリカではこうなのに、日本は遅れている」などとよく引き合いに出されます。たとえばPET(ポジトロン断層法)。キャンキャンかわいいワンちゃんたちペットのことではなく、癌の早期発見に活躍が期待される、最近よく耳にする画像診断法。PETを取り入れた健康診断もあり、およそ10万円ちょっとの料金で可能。

PETが日本でも脚光を浴びだしたのは6~7年前のこと。弟も何度か、術後の検診でお世話になっています。雑誌などでPETが紹介された時に、使われていたのが、「アメリカではPETがもはや当たり前。」といったフレーズでした。そのときは、へえ、さすが、医療が進んでいる国だ、となんの疑問も抱いておりませんでした。

しかし。

実際、アメリカで暮らし始めて非常に厄介だったのが、医療関係のこと。子どもが3人いれば、まずお世話にならざるを得ないのが、小児科をはじめ、皮膚科、耳鼻科、歯科などの病院、お医者さん。日本でもいいお医者さんを見つけるのは大変です。が、このお医者さんに診てもらいたいと思ったら、基本的にはどのお医者さんにも診てもらえます。もちろん、予約が取れない、取りにくいということはありますが。

けれど、アメリカではそもそも、どの医療保険会社に入っているかで、診てもらえるお医者さんが決まってしまうのです。なので、あのお医者さんに診てもらいたいと思っても、自分の保険のネットワークにそのお医者さんが入っていなかったら、そのお医者さんのクリニックの受付事務の段階で断られたりします。また、なんとかネットワーク外で診てもらえたとしても、自己負担の額が非常に高く、つい二の足を踏んでしまうことに。

あるとき、鼻血が頻繁に出るので、耳鼻科に行って診てもらいました。しばらく待たされたあと、ようやく、診察を受け、鼻の奥に内視鏡を入れる検査をしてもらいました。が、その検査自体はせいぜい1分ほど。結局、乾燥した季節だったので、そのせいだということでほっとしたのですが、帰り際、支払いの時にびっくり。

900ドルの請求。あとで、保険会社からほぼ全額かえってくることになりました。が、もし保険に入っていなかったら、すべて自己負担。(900ドルといったら、9万円。うわ、高い。1分で9万円とは。時給にしたらいくら? 540万円!? あの内視鏡、すごく稼ぎがいいのねえ。)と、当時思ったのを覚えています。

知人が、婦人科の日帰り手術をしたときも、日本円で800万円かかったそうです。最終的には、ほとんど保険がカヴァーしてくれたそうですが、いったんは自分たちが支払わねばならなかったということで、日本のご実家にも協力してもらって支払ったそうです。さらに、知人の友人のご主人が、脳梗塞(だったか、あるいは脳卒中)で手術を受けた時は請求額が日本円で2500万円だったそうです。しかも、保険でカヴァーされる部分が1000万円だったか1500万円。つまり、差額の1000万、あるいは1500万円は自費負担。ご主人のご両親が出してくださったそうです・・・。

それを聞いて思ったこと。

アメリカで病気をしてはならない!

我が家はどっちの実家も、そんな余裕はありませんっ! もし家族の誰かが、大きな手術をしたりしたら、我が家は破産です! ・・・実際、家族が病気を抱え、医療費が高くて、破産してしまうという事例も、アメリカでは決して珍しくないのです。また、そもそも、保険料が高すぎて医療保険に入れない国民が半数もいるのです。

しかし、お金さえあれば、世界で最高の医療が受けられるのも事実です。ある大企業の幹部の息子さんが交通事故で瀕死の重傷を負ったとき、お金はいくらかかってもいい、とにかく助けてやってくれというお父さんの要請で、素晴らしい医療チームが結成され、息子さんは命をとりとめました。もちろん、これはアメリカに限らずどこにいっても、お金があればよりよい医療サービスが受けられるのでしょうが。

けれど、PETにしても、以前私が目にした「アメリカではPETは常識」といった事実はありませんでした。もちろん、医療関係の人には常識なのでしょう。が、日本のように、一般レベルでも知っている人が増えている・・・といったことはなかったのです。むしろ、一般の人は知らない・・・。

日本の健康保険システムは素晴らしいと思います。

誰もが、自由に安心して、必要な医療を受けられる。もっとも現在のシステムが破たんをきたしそうということで、ちょっと心配ではありますが。

オバマさんも、なんとか、アメリカの医療保険システムを変えようと頑張っていらっしゃいます。それが実現することを私も強く願います。

さて、しばらく、健康診断結果が来るのがこわい小心者であります。ドキドキ・・・。
2009-09-23

SEAFARER?    ~見覚えがあると思ったら・・・~

海をゆく者。

小日向文世さん、平田満さんらが出演する11月中旬からのお芝居。チケットを買おうと、パルコ劇場のHPを見ていたら、「SEAFARER」の文字を発見。見おぼえがある。お、BROADWAYでやっていたやつだ!

SEAFARER。船員、船旅をする人。

海をいく者

2007年秋にBROADWAYで上演されていましたっけ。チケット販売会社から案内が送られてきていました・・・。ただ、同時期、「SEAFARER 」と作品の雰囲気が似た 「MAURITIUS (モーリシャス)」というサスペンスのお芝居に行って、結局見ずじまいでした。でも、面白そうな作品だったので、記憶に残っていたのでしょう。

アイルランドのある町に暮らす、中年の兄と弟。仕事もないふたり。だが、クリスマス・イブにカードをやろうと兄が連れてきた見知らぬ男は、弟がもっとも会いたくない、あってはならない人間だった・・・というサスペンス。

現代最高のアイルランド劇作家といわれるコナー・マクファーソンの作品。・・・それにしても、日本で上演されるものは、BROADWAYで上演されたものが数年後に翻訳されて・・・という形が多いですね。いいとか悪いではなく。

チケットは公演期間の後半に取りました。まだ、今ならチケットもとりやすいようです。

「海をゆく者」
パルコ劇場にて、 11月16日から12月8日まで。(11月14日15日はプレヴュー)
2009-09-22

金色、 金色・・・    ~日本は美しい♪~

シルバーウィーク、はじめはお年寄りを大切にしようという1週間のことかと思っていました。まさか、5連休とは! しっかり計画をたてて、どこかにお出かけされた方も多かったと思います。が、我が家は、直前に思い立って、自宅から車で3時間ほどのところへ。

高速の渋滞を抜け、気がつくと、あたりは金色、金色、金色・・・。

稲穂
  
空は快晴。まさに、 秋晴れ。

花・田んぼ

NYでは決して見られなかった、この風景。我が家の子ザルにもしっかり記憶させようと、「ほら、これが田んぼだよ。稲穂が金色できれいだねー。」と声かけ。すると、「あ、お米の畑だ。」「ちがう、田んぼだよ、これは。」 などと、会話は続き・・・。

それにしても、嬉しい風景。

コスモスと田んぼ

故郷にも、田んぼがたくさんありました。子どものころ、稲穂が風に吹かれ、金色のさざ波が隅から隅まで何度も何度も田んぼを走っていくのを、飽かずに見ていたことがありました。お米、大好きな私にとって、田んぼは日本の風景の象徴。この美しい姿を守ってくれている、農家の方、ありがとうございます♪  
2009-09-20

ふー、水は高いですね!    ~なので、とうとう・・・~

NYでは、水道料金は高くありませんでした。2か月に1度請求がきますが、我が家は大体70ドル前後の支払いでした。つまり、1か月約35ドル。

それが、日本に戻ってから、水道料金の請求書を見てびっくり!

約16000円。2か月分なので、1か月約8000円! うーん、5人家族でこの金額は高いのか、妥当なのか。。。 実家近くに住む妹に聞いたところ、3人家族で月額およそ2000円というではありませんか! しかし、よくよく聞いたら、妹の家では上水はすべて井戸でまかなっているそうで、水道料金は、下水使用料金のみだそう。まあ、それを考えると、東京で5人家族で月に8000円なら妥当なのかもしれません。

けれど、どうにか節水できないものか。そこで、やっぱり気になったのは、食器洗い。手で洗っていますが、すすぐときにかなりの量の水を使っているように思えます。

で、やっぱり、食器洗い乾燥機を買うことに! が、以前電器店で見てもこれといったものがなかったので、ネットで調べることに。あまり期待はしていなかったのですが、ほどなく、お、ひょっとしたらいいかも♪と思えるものに遭遇。

そして、レビューを確かめ、1日考えたあと、思い切って購入することに。現物を見ていないので一抹の不安はあったものの、なんとなく、これなら♪と思えたもので。

数日後、とうとう食器洗い乾燥機くん、到着♪ 設置。

食器洗い器

TOTOの、この食器洗い乾燥機、非常にシンプルなデザインでグー。シルバー、スクエアなボディがまさに私好み♪ 使い勝手もよく、扉の開閉もとてもスムーズ。電器店で見たいくつかのほかのメーカーのものは、まず扉の開閉がたよりなげだったり、やりにくかったり。色もパステルトーンだったり、形も丸みを帯びていたりで、シンプルが好きな私には、今ひとつ。うーん、よかったよかった。たぶん、水の使用量は減ると思います。が、その分電気やガス料金が高くなるわけですよね。けど、同じくらいのコストなら、自由になる時間が増えたほうがいいので、手洗いよりも食器洗い乾燥機のほいにメリットあり、というふうに考えたいと思います~~~。

しかし、アメリカの大きな食器洗い乾燥機なら、1日1回まわすだけでよかったのが、今は最低でも2回は回す感じですねえ。

2009-09-19

”ONE BOY”     ~どうぞ聞いてください~

この前の日曜日、9月13日。BROADWAYでは、素敵なイベントが開催されていました。

BROADWAY ON BROADWAY 2009! 

BROADWAYに特設ステージが設けられ、そこでBROADWAYで上演中の各作品の出演者が登場して、パフォーマンスを見せてくれました!

もし、ドラえもんがそばにいてくれたら、もちろん「どこでもドア」を出してもらって、絶対絶対観に行ったのですが~~~~。けれど、たとえ、ドラえもんがいなくても、世界にはYOU TUBEの輪が広がっているのです♪

ほら、”BYE BYE BIRDIE” チームの映像も、ちゃんとありました♪ とってもとっても、ありがたいことです!

brw 209 one boy

bwd 2009 one boy matt

YOU TUBEで、BROADWAY ON BROADWAY 2009 BYE BYE BIRDIE ”ONE BOY”で、検索するといくつかヒットしてくれます。

MATT DOYLEとALLIE TRIMの美しい、しなやかな歌声のハーモニーに、心が泣きました。ALLIE TRIMは確か、まだ若干14歳(違っていたらごめんなさい。)。昨年の秋、”13”という、まさにタイトル通り、13歳の少年少女たちのワールドを描いたミュージカルで、いじめにあいながらも前向きにすすんでいく少女という、大事な役を見事に演じていたALLIE。”BYE BYE BIEDIE”では、そんなALLIEの相手役とあって、22歳のMATTは、ALLIEと並んだ時に自分が老けて見えるのではないかなどということも気になったようです。が、ALLIEがこの1年間でぐっとおとなっぽくなったこともあり、ふたり並んでいると、お似合いのういういしい愛らしいカップルに見えます。MATTのしゃれっ気のない、優等生カットがたれ目のMATTに似合ってます・・・。

いやあ、それにしても、ALLIE TRIMの歌は素晴らしい。この若さで! なぜ、こうもアメリカには、逸材がそろっているのでしょう? SPRING AWAKENINGに出演していた役者さんたちも、若くして才能がちゃんと開いていました! 

MATTの歌声。セクシーといえばいいのでしょうか、色気があるといえばいいのでしょうか。いえいえ、切なさといったほうがいいのかもしれません。MATTの歌声には、切なさがあって、聞いていると、どこか心の奥が静かに悲しくなってきます。でも、いやな悲しさではありません。自分の中にとどめておきたい悲しさ。

よかったら、YOU TUBEで、聞いてみてください。ふたりの歌声を。かわいい、このふたり。
2009-09-18

素晴らしい母たちに感服♪  ~頼もしい日本の母~

中学生、小学生、幼稚園児がいる我が家。9月、2学期が始まり、それぞれの保護者会や授業参観、その他役員の打ち合わせなど、なかなかのいそがしさ。

先日は、PTAの季刊誌についての企画会議に出席。いやあ、びっくりしました!

みなさん、すばらしいアイディアを持ってらして、活発に意見を出していらっしゃいました。何を隠そう、私も以前は、雑誌編集者としてお給料をもらっていた身。いわば、一応プロだったわけです。が、本当に感嘆しました。

NYでも、地元のタウンのイベントで、日本人の受け持つ部分があり、そこの係をしていたときにも、同じことを感じたのを思い出しました。物事を決めるときの決断力の速さ、また、問題点の提示、それに対する解決へのアプローチ・・・。段取りもみなさん巧みで、本当になんて日本の女性、お母さんたちはすごいんだろうと思ったものです。

このお母さんたちのパワー、能力をもっと社会全体で発揮できる場や機会があれば、日本はもっともっと住みよく、気持ちのいいところになれるのではないかなあ・・・、そう改めて痛感いたしました~~~。鳩山さん、母パワーの活かし方も考えてくださいませんか!?
2009-09-17

BYE BYE BIRDIE のステージドア   ~熱いようで!~

9月10日から始まった”BYE BYE BIRDIE” のある日のステージドアの様子が伝わってきました。
若いファンが多いみたいですね! この調子で来年1月までいってほしいものです♪

byeファン

matt.jpg ファンに囲まれたMATT 

broadwayworld.comより



2009-09-15

PLAIN TRUTH     ~好きなJODI PICOULTの作品~

アメリカの人気作家のひとりで、私も唯一、この人の作品なら頑張って読んでみるかと思える,
JODI PICOULTの作品、”PLAIN TRUTH” を読み始めました。

plain truth


彼女の作品、”MY SISTER'S KEEPER” ”NINETEEN MINUTES” は、去年読んだ本の中で、もっともよかったものの中に入ります。

”PLAIN TRUTH” は、 ペンシルバニア州のアーミッシュと呼ばれる、電気もつかわない、車も乗らない、現代社会とは切り離された生活を送り、信仰に生きる人々の中で起きた事件を描いた作品。

ある朝、アーミッシュの農場で、生まれてまもない赤ちゃんが死体となって見つかり、その母親と思われる少女が、殺人罪で裁かれようとされます。が、少女は自分は産んでいないといいはり、実際彼女を弁護する女性にも、少女がうそをついているようには見えません。さて、真実はいかに?

まだ読み始めたばかりですが、去年、長女が学校の宿泊学習で、アーミッシュ村を訪れる際、事前にいろいろ調べたことを私にも聞かせてくれていたので、アーミッシュの人々の生活については少しだけ知識がありました。

けれど、PICOULTの作品はいつも、書き始める前の下調べ、調査にものすごい時間を費やしているのがよくわかります。そのせいか、彼女の作品はいい意味で論文を読んでいるような感じもあります。この場面を書くために、この分野とこの分野の専門家に話を聞きに行きました。次の場面では、この分野とこの分野の専門家に・・・・。そうしたリサーチの努力が透けて見える章が積み重なっていき、最後は、物語の中での「真実」が十分、説得力をもって提示される・・。

それからなにより、彼女の本は、表紙が「美しい」んです。写真を使った想定なんですが、なんとも言えない雰囲気があって・・・。私には、表紙がいい本はたいてい面白い・・・という思い込みがあります~~。今回も、その思い込みが裏切られることがないといいのですが。(いや、その前にちゃんと読み終えられるでしょうか? 最近、活字を見続けると、激しく睡魔に襲われるくせに;;;)

2009-09-14

BROADWAY、お客さんの入りは?  ~まだまだ不景気といいますが・・・~

bw 作品群


最近、ちょっとばたばたしていまして、BROADWAYのお客さんの入りがどうか、チェックもしていませんでした~。日本も含めて、全世界的に、株価も上昇してきており、なんとなく不景気の最悪な状況から脱しかけているかも?と、淡く期待を抱かせてくれる近頃ではありますが、BROADWAYの状況はいかに?

9月7日から13日の週の、それぞれのお客さんの入りを見てみました。(broadwayworld.comのGROSSESより。)おお、悪くない感じです!リストアップされている22作品のうち、集客率が90%を超えるものが次の通り。

GOD OF CARNARGE・・・102.3%
JERSEY BOYS・・・・・・・・・101.2%
A STEADY RAIN・・・・・・・100.0%
BILLY ELLIOT・・・・・・・・・100.0%
BYE BYE BIEDIE・・・・・・・99.9%
AVENUE Q・・・・・・・・・・・・96.9%
WICKED・・・・・・・・・・・・・・・96.5%
MANNMA MIA!・・・・・・・・90.9%


22作品全体の集客率平均は、83.2%。リーマンショックのちょうど1年前は、リストアップされた25作品の集客率平均は72.42%。昨年より、BROADWAYに活気が戻っていると言っていいのでしょうか? ただ、今年5月末以降、これらのデータを出し方が大きく変わったそうです。それまでは、実際に販売したチケットの数だけをカウントしていたのが、企業やメディアなどに配布したチケットもカウントするようになったそうなので、現在の集客率のほうが、いい数字になるわけです。まあ、しかし、なんにせよ、お客さんが劇場に足を運んでくれることが、役者さんにとっても1番元気がわく源になると思いますので、今週の数字は嬉しいものでした。

先週木曜日にプレヴューが始まったばかりの、BYE BYE BIRDIEは、99.9%。さあ、このあとどうなりますか? 頑張ってほしいです!

また観たいNEXT TO NORMALは、87.4%。前の週は90%超えていたようなので、また盛り返してほしいものです。

ところで、面白いのが、集客率とは違うデータ。その作品の興行収入。

1位が、WICKED、2位はBILLY ELLIOT、3位はJERSEY BOYS、4位がLION KING、5位はWEST SIDE STORY。4位のLION KINGは、集客率は85.7%。5位のWEST SIDE STORYは72.2%。集客率が高くても、客席数などで、興行収入はかわってきますよね。観客席の多い、大きな劇場で集客率の高い作品が、1番収入が多い・・・当然のことですねえ~~~。WICKED、BILLY、JERSEYは名実ともに、BROADWAYのビッグ3ですねえ。(JERSEY BOYSの劇場はそんなに大きくありませんが、とにかく集客力、ダントツですね。いつか、その勢いが衰えることがあるのでしょうか?)

broadwayworld.com、GROSSESはこちらです。
2009-09-13

とうとうおいでなさいましたか!  ~なりすましクン、ですね。~

自分のメールアドレスからメールが送られてくる・・・つまり、「なりすましメール」ですが、結構驚きますよね! 最近、とくに増えたので、そういうメールについて扱う、公の機関に電話で相談してみました。

とにかく、なりすましメールは多いということです。気持ちが悪ければ、メールアドレスを変えるのが1番いいということでした。ただメールアドレスを変えるのも、簡単ではないこともありますよね。いろいろなところとの連絡が滞ることもありますから。

けれど、今回、思い切って、変えることにしました。うーーん、残念なのは、BROADWAY関係のチケット情報が途絶えてしまうことです。このアドレスで、ほとんどのBROADWAYチケットをネットを通じて買っていたので、このアドレスに新作情報や割引チケットのお知らせだの、毎日のようにいろいろ送られてきているのです。それがなくなってしまう・・・。もちろん、メールアドレスを登録しなおせばいいわけですよね。それはわかっているのですが、なにせ面倒くさがりなもので;;;;;。

それにしても、なりすまして、なにをなさりたいのでしょうか? どうせだったら、MATTかHUNTERになりすまして、素敵なメールを送ってくれればいいのに、ぶつぶつ。

どこでどうもれていくのか、不思議なわたしたちの情報。みなさんも、どうぞお気をつけくださいね!
2009-09-11

なぜに、こんなに多い?  ~蚊!蚊!蚊!~

この夏、ひさしぶりの東京の夏だったわけですが、まいったのは

の多いこと。

自宅の周りに緑が多いのはいいことなのですが、そのせいか、すごい蚊、蚊、蚊。

まあ、自然は正直ですので、まずい私の血はあまり吸いたがらないのですが、下の2匹の子ザルがすごく狙われるんです。とくに、5歳のおちびは、もう脚がぼろぼろ。あるときは、刺されたあとがぽんぽんに腫れてしまい、ちょうど、骨の上の部分だったので、まさか骨肉腫とか?とあせって、病院に行ったほど。「蚊でしょう。」と言われて、ほっとしました。

もちろん、虫よけも塗っているのですが、ちょっと家の前で自転車に乗ったり、近くの公園で遊ぶともう確実に刺されています。手足だけでなく、耳たぶやらおでこやら、もうあちこちです。

玄関の開け閉めの時も、蚊が家の中に入ってくるので、玄関でも、蚊取り線香は必須です。

こんなに蚊って多かったでしたっけ? 実家に帰った時も、まえより多くなっていたような気がします。うーーん、温暖化の影響もあったりして?

蚊でこわいのは病気にかかることもあるということ。確率は低いですが、日本では日本脳炎。でも、このまま温暖化がすすめば、あと数十年で、デング熱という危険な病気を運ぶ蚊が九州でも見られるようになるといいます。しかし、とりあえず、日本では日本脳炎がこわいですね。

けれど、2005年に日本脳炎は、予防接種を控えるように国が勧告したので、現在5歳のおちびは日本脳炎の予防接種歴がない、つまり、日本脳炎に免疫がないのです。蚊に刺されてぼろぼろのおちびの脚を見るたびに、大丈夫かな・・・と不安になります。

今年3月くらいには、副作用の少ない日本脳炎の予防接種が開発されて、すぐに接種が始まるような記事を目にした気がするのですが。

けれど、保健所に電話して聞いても、とくにそういった話はないと。ただ、従来の日本脳炎の予防接種も、もちろんリスク覚悟で受けることはできるそうなので、今度お医者さん(まだかかりつけを決めていない、どうしましょう!)に聞いてみようと思います。

しかし、私の血、よっぽどまずいらしいです。ははは。
2009-09-10

本日、BYE BYE BIRDIEのプレヴュー初日!  ~フレーフレー、MATT♪~

バーディーミニ

とうとうやってきました、9月10日。BROADWAYで、本日プレヴューが始まる作品、”BYE BYE BIRDIE”。

SPRING AWAKENINGに出演していた、MATT DOYLEのBROADWAY次回作。
MATTは主役ではありませんが、あらすじをみる 限り、かなりインパクトのある役柄。彼のガールフレンドを演じるのは、ミュージカル”13”で、素晴らしい歌唱力と演技を披露した Allie Trimm 。
彼女に負けまいと頑張っているMATT、今頃、プレヴュー開幕をを数時間後に控えて、どきどきしているんでしょうか、それとも、うきうきしているんでしょうか? およそ1ヶ月間のプレヴューが今夜から始まります。GOSSIP GIRLに次のシーズンも出演も決まり、すこしづつ知名度もあがっているMATT。
プレヴュー初日に行けない自分がふがいない。とほほ。

2009-09-09

「赤鼻」    ~我が家で1番人気でした!~

赤鼻


今期、7月から始まったドラマの、我が家における1番人気はダンゼン「赤鼻のセンセイ」でした。

5歳の娘、11歳の息子、13歳の娘は、このドラマだけは何があっても、絶対はずしませんでした。私も好きでした。

笑いをとることで、病気を背負う子供たちの心をつかもうとする赤鼻の先生。はじめはなんてばからしい設定かと、1話は見なかったほど。それが、たまたま2話を見たら、断然ファンになってしまって、結局、オルト・・・も、救命・・・も見なくなってしまったのに、赤鼻だけは見逃せなくなっていました。

めちゃくちゃに明るく、そしていつも真剣に子供にもおとなにもぶつかっていく、大泉洋さん演じる赤鼻先生の、バイタリティーあふれる言動が、ものすごく痛快で頼もしくもあり、とても気持ちよかった・・・。
周りを固める俳優さんも、小林聡美さんをはじめ、すごい人ばかり。少年、少女、子役さんもみな上手で・・・。神木隆之介くんも須賀健太くんもすごい演技で泣かせてくれました。(ちなみに、神木くんも、5月19日生まれのおうし座ボーイ♪) 上川隆也さんの、こういう気の弱いお人よしの演技も実に自然体♪ 光石研さんのおとぼけ美術の先生も非常にグーでした。

もしかしたら視聴率はよくなかったのかもしれませんが、中学生の娘の友人たちや、私の友人たちの間でもかなり評価の高かったドラマ。来週からさびしくなります。

2009-09-08

「ありがとう」よ、ありがとう♪   ~私にとってのドラマの原点~

ちかごろ、ときどき心にうかんでくるものがありました。ぽっとある日、突然浮かんできたそれは・・・

「ありがとう」が見たい。

ありがとう、ええ、あのTBSのドラマ「ありがとう」シリーズ。水清寺清子さん、石坂浩次さんらが出演していたドラマシリーズ。これまでも何度か再放送されていますが、なぜだか急にたまらなく見たくなったのでした。

山岡久乃さんの凛とした母親とチーターのおっちょこちょいな娘の暮らしを中心に、周囲の人々が織りなすきょうだい愛、夫婦愛、友情などが、子供心にも、人生っていろいろあるんだなあ、大変なんだなあなど、いろいろ考えさせてくれた覚えがあります。主題歌も好きでした♪ あの歌を聞くと、気持ちが明るくなれる気がしたものです。

ようやく、子供らの2学期も始まり、引っ越しのほうも、もう残りの段ボール開封はあきらめてしまったので、ちょっとほっとできてきた今日このごろ。そして、そのほっと気分を、もっともっと高めてくれそうな、そしてもっともっと心を元気にしてくれそうな刺激がほしいと思ったんだと思います。(自分が。)それが、「ありがとう」を連想させたにちがいありません。

そして、今朝、お昼過ぎから出かける用事があったのですが、その前に時間に余裕があったので、スカパーザッピングをはじめました。先月、スカパーに入ったものの、いつ何を何チャンネルでやっているかわからず、いつも、思いついては、ザッピング。今朝も、英語のヒアリングによさそうな海外ドラマ、あるいは面白い韓国ドラマでもやっていないか、チャンネルを変え続けました。すると・・・

いきなり、大空まゆみさんが頭に包帯ぐるぐる巻いている映像が映ったではありませんか! TBSの表示もあり、番組名「ありがとう」の表示も! そして、これが、私が1番好きな「ありがとう 2」、舞台が病院のバージョンだということもすぐわかりました。#40なので、もう最終回に近いようで、すでにチーターと石坂浩次さんの間で結婚の話も出ているという状況。しかも、、今までにも再放送を含めて2度は見ていると思うんですが、見ていて、またぐいぐいドラマにひきこまれていくんです・・・。

ああ、私が見たいドラマの原点って、やっぱり、このドラマなんだ、つくづく感じさせられました。

結婚に向けて、うきうき気分の若いふたり。しかし、病院長の息子と母ひとり子ひとりの看護婦との結婚ということで、山岡久乃演じる母親が言うんです、娘に。

「おまえは周りの人のことを考えたことがあるのかい。
どうしたって、若い女性のいる職場なんだから、お前が寅先生(石坂浩次演じるお医者さん)と結婚するのをうらやましく思う人がいるのも当然なんだよ。自分たちがどうやったら、周りの人から祝福してもらえるのか、ようく考えなさい。」

正確にこういうせりふだったわけではありません;;;。でも、ほかにも、寅先生に片思いをしていた別の看護婦さんを気遣い、寅先生に忠告する友人(山本学さん♪)の深い言葉など・・・とにかく、奥の深いドラマだなあと改めて感心しました。家族愛、恋愛、友情が盛り込まれ・・・シリアスな部分もありますが、基本はコメディータッチ。こういうドラマって、最近はないですよね?(渡鬼が近い?) 

「ありがとう」、このドラマこそ日本人の気品が感じられるドラマだと思います。来週も、絶対見ようと思います。

2009-09-07

Number the Stars ~おとなにも読んでほしい~

Newbery Medal という言葉を聞いたことがおありですか?
私も、アメリカに行って、初めて知りました。

Newbery Medal とは、毎年、その前年に出版されたアメリカの子供向けの文学作品の中で最も優れた本におくられる賞のことです。この賞は、1922年に創設されましたが、世界ではじめての子供向け文学作品の賞でもあり、これを受賞するというのはとても栄誉なことだそうです。

そして、昨日読み終えた1冊が、この賞を受けたものでした。

Number the Stars   Lois Lowry作            

number the stars

表紙左上の金ぴかマークが、Newbery Medal を受賞した印し。

まず表紙の美しさにひかれて買ったのですが、読み進んでいくうちにあっというまに時間を忘れてしまいました。英語と言っても、子供むけ作品は、読みやすいので、自分自身の英語保持用と子供らにもいつか読ませようという魂胆で、日本に戻る前に、いろいろ買ってきたうちの1冊。第2次世界大戦中のデンマークのお話。デンマーク人のひとりの少女が、ユダヤ人である親友とその家族を、ナチスから守ろうとするというお話です。

わたしたちは、第2次世界大戦中、ナチスがユダヤ人を迫害したということは知っていますが、ヨーロッパ各国において、どのような状況であったかはよく知らないと思います。

この6月後半までBROADWAYで上演されていた”IRENA'S VOW” というお芝居は、当時、ユダヤ人を助けようとしたひとりのポーランド人女性のお話でした。また、日本のシンドラーとして有名な杉千畝はリトアニアでビザを発給して、ユダヤ人を助けたのでした。

そして、この物語の舞台はデンマーク。

デンマーク。存在は知っていても、なんとなく遠い国ではないですか? チーズがおいしいところ? アンデルセン? 人魚姫の像? といったイメージ。 その国でも、やはり、迫害を受ける人たちを助けようとした人々がいるのですね。わたしたちが、名も知らない勇気ある人々が、さまざまな場所で、現在に続く時間、歴史を作ってくれたのですね。

さて、この物語は、デンマークの勇気ある人々が、どういう知恵をしぼって、ユダヤ人を脱出させようとしたかが、史実をもとに描かれていますが、そのアイディアも面白く、いかに、厳しいナチスの追跡からユダヤ人を守ったか・・・の方法も初めてこの本で知りました。また、主人公である少女が、友とその家族、ほかのユダヤ人を守るために自分の命をかけて、ナチスとやりあう最後の場面、手に汗握って、ページをめくりました。

私の書き方が単純なので、この本は、子供向けのきれいごとのお話だと思われるのではないかと思います。でも、登場人物それぞれに深みもあり、主人公の交通事故で亡くなった姉のもと婚約者の存在も、読み終えた後、深く胸に刻まれました。こどもだけではなく、ぜひおとなにも読んでもらいたい1冊です。

(ひょっとしたら日本語訳の書籍がもう出ているのかもしれませんね。原書はアマゾンで、760円ほどのようです。洋書も安くなりましたね!)

Number the Stars (A Yearling book)Number the Stars (A Yearling book)
(1990/08/01)
Lois Lowry

商品詳細を見る

2009-09-05

この秋、注目の作品!  ~すごい、観たいもの、ぞくぞく。~

日本では、お芝居やミュージカルを観に行くと、たくさんチラシをいただいて帰ってくることが少なくないような・・・。

「ドリアン・グレイの肖像」に行ったときも、どっさりもらってきました。いやあ、観たい作品というか、生で演技を観たい役者さんの公演が目白押し。

組曲

バンデラス

ゆくもの海を

フロストニクソン

組曲虐殺・・・天王州銀河劇場で10月2日から25日。石原さとみさんや高畑淳子さんら出演
バンデラスと憂鬱な珈琲・・・世田谷パブリックシアターで11月2日から29日。堤真一さん、段田安則さんら出演
海をゆく者・・・PARCO劇場 11月16日から12月8日。小日向文世さんや平田満さんら出演。
そして、
フロストxニクソン・・・天王州銀河劇場で11月18日から12月5日。仲村トオルさん、北大路欣也さん、そして安原義人さん♪(ピンボケですが、ちらしの中央に囲ってあります。)

すでにチケットゲットずみは、組曲・・・とフロストxニクソン。あとのふたつも、これから売り出しになるのでゲットしようと思っています。

数日前、偶然、「ひみつの嵐ちゃん」に出演中の石原さとみさんを見ましたが、ますますきれいで、面白かった! NHKの「てるてる家族」に出ていたころの幼いイメージが強いですが、しっかり大人の女性になられていましたね~。自分の意見がはっきりある人ですね。仕事が趣味と番組中でもおっしゃていました。そんな彼女が、シリアスなテーマの「組曲虐殺」で、どんな演技を見せてくれるのか。めっちゃ、楽しみです。
2009-09-04

あなたはだあれ?    ~朝顔さんかと思っていましたが?~

芋科の花

我が家の金網フェンスに巻きつく草花。朝顔? とは思うものの、はっぱが、なんとなくふつうの朝顔より丸っこいんです。4年前、NYに出発する前に、植えていったりしたのか、どこから種が飛んできたものなのか・・・? 

つる

もしかして、芋科の植物とか? えー、そしたら、土をほったら収穫できたりして? 植物音痴の私は、勝手にわくわくしております♪

2009-09-03

最近のお気に入り♪  ~天使のあわ、あわ、あわ・・・~

石鹸

ここ最近、楽しくて仕方がないのが、洗顔♪ ある友人が送ってきてくれたこの石鹸が、もう気持ちよくてよくて・・・。あわが、もっちりちり、きめ細かいのなんの、生クリームみたい。こしもあるんです、このクリーム♪ コラーゲンソープということですが、洗顔後もお肌しっとりつるるん。

ずぼらで巷で有名な私ですが、この石鹸をいただいたときから、朝もちゃんと洗顔するようになりました。それまでは、単に水でバシャバシャだったんですが。

この石鹸のほかにも、飲むタイプのコラーゲンも送ってきてもらいました。これまた、液体タイプなんですが、野菜ジュースに混ぜたりすれば、全く抵抗感もなし。いつまでも若々しいこの友人の秘密はこれだったのか?と、私も頑張ろうと思うのでした~。

theme : きらきらな、毎日、ありがとう♪
genre : ブログ

2009-09-02

ジェーン・エア 観劇記 続き

昨日は途中で失礼いたしました。

さて、かっこよすぎる(?)ロチェスター役の橋本さとしさんでしたが、ジプシーのシーンは圧巻でした。拍手が起こりました♪ 

主演の松たか子さんと橋本さとしさんのほかに、強烈な印象を残してくれたのは、なんといっても、バーサ・メイスン役の旺なつきさん! 亡霊のように、ぼろぼろの白い衣装を着て、舞台を走り回ったりするだけで、もうなんだかすごい存在感。ローレライのように、遠くから聞こえてくる彼女の歌声はとてもきれいでした♪ 一緒に観にきた中学生の娘も、観終わった後、「あの人が1番よかった。」と言っていました。宝塚時代の旺さんは残念ながら知らないのですが、その見事な演技力で観る人を魅了されたことでしょう!

宝塚といえば、寿ひずるさん! フェアファックス夫人役。不在がちなロチェスターにかわって、普段ソーンフィールド館をとりしきる年配の女性ですが、いい味だしてらっしゃいました。それに、非常に興味深かったのは、歌声が、現役宝塚男役かと錯覚してしまうほど、若若しいこと。役作りで、見ためはどっぷり、年配のおばさまなのに、声が、歌声が現役の宝塚の男役さん! ずいぶんまえ、ベルばらの作者、池田理代子さんが、声楽を学ばれ始めたきっかけとして、知人の方から「声帯は歳をとっても老いたりしない。」と聞いて、「よし、今からでも遅くない、やってみよう。」と思われた…というような内容のことをおっしゃていた記憶がありますが、寿さんの張りのある若々しい歌声を聞いているうちに、そのことを思い出しました。もちろん、演技も確かでいらっしゃいました。非常に好感のもてるフェアファックス夫人でした。

あと、子役のおふたりに感心させられました。ジェーンの幼いときと、ロチェスターが面倒を見ているアデル役。とくにアデル役の子役さんは、アデルのおばかな能天気な雰囲気が全身の動きから伝わってきて、観ていて愉快でした。

ストーリーの構成は、なかなかよく練り上げられていたと思います。原作にかなり忠実に作ってありました。とくに嬉しかったのは、ジェーンが孤児院に入ってからのヘレンとの出会いと別れがきっちり描かれてあったこと。原作でも、ヘレンとのシーンが一番好きだったので、とても嬉しかったと同時に安心しました。ただ、1944年アメリカで製作された映画では、ヘレンを演じたのはあのエリザベス・テーラーでした。まだ有名になる前の。

ヘレンエリザベスのヘレン
仲良くベッドで一緒に横たわる、幼い日のジェーン(左)とヘレン。(1944年の映画) 

私が中学生の時に買って読んだ本には、この写真が掲載されていたのです。そのためそれ以来、私の中にはヘレンといえば、こういう少女・・・というイメージが作られてしまっていて、今回の舞台のヘレンは少しだけ違和感がありました。ただ、それは私の勝手な事情ですのでご了承ください。しかし、もうちょっと、不思議な、妖精のような雰囲気もヘレンにはほしかったように思います。原作では、孤児院の先生から厳しく罰を受けても、たんたんとするヘレン。「どうして、先生たちの身勝手な罰に文句も言わないのか」みたいなことをジェーンが言っても、「それは私がだらしないからだから仕方ないのよ。」と静かに何事もなかったかに答えるヘレンに、ジェーンは不思議な謎めいたものものを感じるのですが、そういうミステリアスな雰囲気が舞台のヘレンにもあれば、もっとヘレンが魅力的だったのになあと残念。舞台のヘレンは、信仰心の強い少女という部分のみクローズアップされていました。けれど、舞台でも仲良く小さな魂が寄り添うベッドのシーンは、清らかで、涙を誘われました。

そして、今回、感想を書くにあたって、ものすごく迷ったのが、自分の中の”BROADWAY”。

だめだ、だめだと思っても、ついBROADWAYと比べちゃうんです。もちろん、この作品がBROADWAYで上演されたときは観にいっていません。だから、同じ作品がBROADWAYと日本ではどういうふうかという比較はできません。ただ、舞台の上の役者さんの層の厚さをつい、比べてしまうんです。

BROADWAYと比較しないのであれば、歌もよかったと書けるのかもしれません。けれど、この作品でとても残念だったのが、出演者のかたの歌の力が足りない、ということでした。(書いてしまいました;;;) 松たか子さん、寿ひずるさん、子役さんたち、旺なつきさん(と言っても、歌というより、スキャットですが・・・)の歌は、よかった。でも、あとの方たちは? ミュージカルというならば、もっと歌にパンチがほしい。ひょっとしたらマイクのせい? 声量が小さいというわけではなく? BROADWAY(比べています、すみません。)では、作品自体が面白くなくても、歌がすごい役者さんが必ず何人かはいらっしゃって、鳥肌が立つような瞬間が必ずありました。が、正直なところ、そういう瞬間はありませんでした。

BROADWAYと比較するのがいけないんでしょうね。でも、でも、せっかくのミュージカルなので、もっともっと歌でお客さんをうならせてほしいのです。もっともっと、人材を発掘して素晴らしい舞台俳優さんが生まれるような仕組みが日本にもできてくればいいなあと心底思いました。

しかし、心残りは「歌」だけでした。演技が素晴らしい役者さんばかりで、作品の世界に十分浸ることができました。観にくることができて本当によかったです。チケットを譲ってくれた友人に感謝、感謝。
ありがとう!
最新記事
プロフィール

フブキ

Author:フブキ
FC2ブログへようこそ!
NYでBROADWAY
に目覚め、やがてSPRING AWAKENING
に魂を奪われてから、すでに1年あまり。しかし、ごく最近、4年ぶりに東京にもどってきました! 久々の東京生活も実にスリリング♪

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
現在の時刻 《東京・ニューヨーク》
日本は今何時かと、いつも気になります。