FC2ブログ
2009-08-31

ドリアン・グレイ観劇記   ~落ち着いた演技、山本耕史さん~

ドリアン劇場

8月30日午後2時より、オスカー・ワイルド原作の「ドリアン・グレイの肖像」を観劇。
三軒茶屋にある世田谷パブリック・シアターは、内野聖陽さんのお芝居「ブラックバード」以来2回目。

地下鉄を降りてから地上に出なくてもすぐに到着できる、素晴らしいロケーション。600席ほどのこじんまりした劇場ですが、新しい洗練された、美しい劇場。こういう劇場が、わがやの近くにもあるといいのですが♪

日曜のマチネということもあってか、ほぼ満席状態。

照明の落ちた暗い舞台には、黒っぽい金属でできたようなブリッジと階段が浮かびます。

さて、オスカー・ワイルドは戯曲「サロメ」なども書いていますが、たぶん、1番有名な作品は「幸福の王子」ではないでしょうか?

そうです、宝石と金箔でつくられた美しい王子の像が、たまたまめぐりあったつばめに頼み、自らの身体から宝石や金箔を貧しい人々に届けてもらい、最後は醜い姿となり、引き倒されてしまう・・・というお話。冬の寒さの中、死を覚悟して、王子の頼みをきき続けたつばめの心優しい姿も印象に残ります。子供向けの童話として、絵本や幼児誌などでよく登場するおはなしのひとつです。

「ドリアン・グレイの肖像」はオスカー・ワイルドが書いた唯一の長編小説ということ。さあ、どんなお話なのでしょうか?

簡単なあらすじ・・・19世紀末のイギリス。ドリアン・グレイは、貴族の母が駆け落ちして生まれた、美しい若者。その美しさに魅了された画家、バジルは素晴らしいドリアンの肖像画を完成する。バジルの知人、ヘンリー卿も、ドリアンの美しさに感嘆し、3人のつきあいが始まる。

だが、ドリアンは、自分が年をとり、醜くなることを強く恐れ、バジルが描いた自分の肖像画に嫉妬する。「この絵は永遠に美しい。だが、自分は年を取るのみ。この絵が、自分のかわりに醜くなってくれればいいのに。」と。

しばらくしてドリアンは、三流芝居小屋で、美しく才能にあふれた女優シビルと出会い、結婚を考える。が、ドリアンとの恋におぼれ、シビルが舞台女優としての情熱を失ったとたん、ドリアンはシビルを即座に拒絶、シビルは直後、謎の死をとげる。

その後、15年たち、ドリアンは悪党まがいの人生を送っているが、美貌はおとろえぬまま。その秘訣はなにかと社交界でも注目のまと。だが、だれにもわからぬまま。

そして、バジルが仕事のためパリに出発する前、友人として、ドリアンのもとを訪れる。「君の悪い噂が心配なんだ。君の魂が汚れてほしくないんだ。」と。そんなバジルに、ドリアンは誘う。「秘密の地下室に来ないか」と。「ぼくの日記もそこにおいてある。日記も全部読んでみていい。」バジルは戸惑いながら、ドリアンのあとについていく。衝撃の事実と悲劇を予感することなく・・・・。


さて、お芝居自体はどうだったでしょうか。観終わって、3つ、強く感じたことがありました。

1.山本耕史さん、舞台でも、大変うまい役者さんだということ。
2.ヘンリー卿役、加納幸和さんも、すごくいいなあということ。


そして、3番め・・・

耳が痛かった!

この耳が痛い、というのは、私にとって、非常につらいことでした。自分にとって、聞くに堪えない、聞くのがつらい内容の話を聞いたという意味ではなく、まさに文字通り、「物理的に耳が痛かった」のです。

ところどころ、場面転換や劇的な場面で、ものすごい音が舞台の暗転とともに劇場内に響くのですが、その音の大きいことといったら、昨年、NYで観た、原爆をつくった科学者を主題にしたオペラの最後の場面、核実験の爆発のときのすさまじい音響と同じレベル。これが、何回、あったでしょう? 一階席だったのですが、オペラのときと同じように、座席にまで振動を感じました。

正直、ここまでの音にしなくてよかったのではないか。そう思いました。ドリアンの魂の闇の深さ、ドリアンの精神が崩壊していく、ばらばらになっていくプロセス・・・こういったものを、暗闇と音でも表現したいというのはよくわかります。が、もっと違う選択はなかったでしょうか。今回、音については残念に思うことが他にもちらほら。シビルの登場する劇場の観客のざわめきなども、もっとはっきり、そうとわかるものがよかったように思えます。ただの雑音にしか聞こえなくもない「音」の演出が多かったように思いました。残念!

お話のほうも、ドリアンがなぜ、悪に走ってしまったのか、また、改心したいと願うようになった心の動きなどがわかりづらかった・・・。

えー、ただ、山本耕史さんの演技は称賛に値します♪ はじめ登場されたときは、銀髪のおかっぱ姿に、ちょっと違和感あり、でしたが、脚も長く、舞台映えする方だなあと思いました。何より、せりふもひとつひとつはっきりよく聞こえ、しっかりとした落ち着いた演技ぶりは、かっこよかったです!声も素敵な方ですよね!

そして、ヘンリー卿役の加納幸和さんが、よかった。ヘンリー卿と役名は覚えていませんが、友人のおじさんとの掛け合いが面白かったです。あと、シビルの弟役の役者さんもよかった。

裏ドリアン


最後、カーテンコール。やっぱり、すごく静かな客席。拍手だけなり響く劇場。BROADWAYのお客さんたちの反応がまだ身体に染みついているらしく、まだ違和感感じてしまいました。

とにかく、山本耕史さんと加納幸和さんの演技、よかったです。31日、今日までの公演。あいにくの台風が近づいている、荒れ模様のお天気ですが、地下鉄ご利用なら、ぬれずに行けますね!

明日は、ジェーン・エア♪
スポンサーサイト
2009-08-30

えええええ、いいのぉ?   ~ありがとう、友よ♪~

幸運の女神さまがほほ笑んでくださった♪ そう思う瞬間てどんなときでしょう。

私は、今日本当に幸運の女神さまのほほえみを感じました♪

ジェーン・エア。

英国女流作家、シャーロット・ブロンテの名作。中学生のときに出会って、夜が明けるまで一気に読みふけった物語。「孤児」「みなしご」という言葉にめっぽう弱いのはもうその頃から。(たぶん幼いときに見ていた「みなしごハッチ」の影響?)

孤児院での友情、そして愛を抱いた人との紆余曲折をえて結ばれそうになった矢先の悲劇。

今まで読んだ中で3冊大好きな本を選べ、と言われたら、「ジェーン・エア」を必ず入れるでしょう。
そのくらい、好きだし、大事な物語。

そのミュージカルがもうすぐ松たか子さん主演で始まると、最近知って、演技力に定評のある松さんの作品なら観てみたい、そう思っておりました。が、チケットを取ろうと思いながら、いつもうっかり・・・。
そんな私に、友人から嬉しい連絡が。

「ジェーン・エアに行きませんか?」

まさかの嬉しいオファーに、もううるうる。喜んで行かせていただくことに。しかも、嬉しいのがプレビューだということ。つまり、生まれたての赤ちゃんみたいな、うぶ声をあげて世に出てきたばっかりの舞台が観られるということ。もう、これはきっちり、感想を書かせていただきたいと思っております。

ありがとう、友よ♪

そうそう、明日は、山本耕史さん主演の「ドリアン・グレイの肖像」観にいってきます♪ どんなお話なのか、舞台の上の山本耕史さんの演技は? うーん、楽しみ、です。

theme : きらきらな、毎日、ありがとう♪
genre : ブログ

2009-08-29

自立したおねしょ   ~ああ、面白かった~

昨夜というか今朝、早朝。たぶん5時ごろ。

5歳のおちびが、布団の上にむくっと突然起き上がりました。物音に気付いて、隣のベッドに寝ていた私はゆめうつつで、しかもコンタクトレンズもはずしているので、視界はおおぼけ状態のまま、様子を見ていました。

すると、おちびは静かに部屋を出て行き、やがてトントントンという階段をおりる足音が聞こえてきました。トイレかな。でも、2階にもトイレあるし? 水でも飲みに行ったのかな。

やがて、またトントントンと足音がして、おちびがもどってきました。私が起きているのにも気づかず、そしてまた布団に横になって寝ころびました。

そして、朝、目が覚めたとき・・・。いつのまにか、私のベッドにやってきて隣で寝ていたおちびも目を覚まし、思い出したように言いました。

「○○○(おちびの名前)ね、夜、おしっこ出た。」

はじめは意味のわからなかった私。しかし、次の瞬間、

おもらし? と気がつきました。

「えー、おもらししちゃったの?」と聞くと、「そう。」と。「ズボンとかぬれちゃったの?」「うん。だからちゃんとぬれたやつ、洗濯入れにいれて、新しいのに着替えたんだよ。えらいでしょ。」

つまり、早朝、自分でおもらしに気付いて、自分で着替えにいったというわけでした。結構自立?とちょっと感心。

そして、「そのときね、もう夜じゃなかったよ。夕方だったよ。」とも言っていました。朝5時くらいだったので、空もうっすら明るくなっていた頃。階段のところの窓の外を見て、「明け方」という言葉や概念を知らないので「夕方」という表現になったのでしょう。

・・・布団はでも、ぬれておらず、シーツを念のため洗濯し、布団もベランダにほして一件落着。

うちの子猿軍団は、面倒くさがりの私のポリシーで3歳過ぎるまでは、実家の母たちがなんといおうとトイレトレーニングはしませんでした! 紙おしめのほうが楽、だったもので。けれど、3歳過ぎるとものわかりもいいのか、3人とも、どうやってトレーニングをしたかの記憶も残っていないほど、簡単におしめがはずれました。おねしょも、ほとんどなく、1番失敗の多い、このおちびも年に5回あるかないか。そのうちの1回が今朝だったわけです。

面白かったのが、「絶対、だれにもこのこと言わないで。」と言っていたくせに、兄や姉に「にーにー、○○○ね、今日おもらししちゃったんだよ。」「ねーねー、○○○ね、今日おしっこ出ちゃったんだよ。」と自ら告白していたこと。

そしてそれを聞いた息子、「うわあ、恥ずかしい。おもらし小僧じゃん!みんなに言っていい?」などとからかい、それに対し、「だめえ、だめえ!」と、絶叫するおちび。でも、じゃれあってる子犬みたいで、実は楽しそう。なんだか、結構面白かったです。

金魚はること
金魚のえさをやるのが大好きなおちびです。

theme : きらきらな、毎日、ありがとう♪
genre : ブログ

2009-08-28

NYでできなかったこと! ~いそいそ出かけます~

ここ数日、青空がきもちよい、でも暑さの厳しい日が続いております。

そんなここ毎日、小学5年生の息子がいそいそすすんでやりたがること、

おつかい!

買ってもらった自転車に乗って、近くのスーパーへ買い物に行くのがものすごく楽しいようです。

NYでは、子供をひとりで行動させると、親が警察に捕まってしまいますし、第一歩いて行ける距離にお店なんてありません。自転車に乗るのは、スポーツですから、日常、自転車で用を足す人はマンハッタンを除く郊外では、まず、いません! そういうわけで、NYにいる間、子供らにお使いを頼むなんて夢のようなことは全くありませんでした。(13歳未満の子を留守番させてもアウトでしたから。)

どこへ行くのも、すべて親がかり。運転手になる親も大変でしたが、子供は子供で窮屈だったろうとおもいます。

が、ここは日本。しかも自転車が家族の人数分あるというような土地柄。風を切って自由にひとりで自転車を乗り回す快感を覚えたらしい、我が家のノビタ。また、お金を払っておつりをもらったりするのも楽しいようです。

今日も、「ね、何か買ってきてほしいものない?」と朝から。

でも、我が家のノビタ、経済観念が発達しておりまして、ちゃんと選んで買ってくるんです、お買い得品。

「ほら、このウィンナー、20%引きだったから。」

頼りになる、かも?

自転車こぐハルコ
自宅前の道を自転車やキックスケーターで走り回る暴走族、わがやのノビタ&おちび。

2009-08-28

進化せず? 食器洗い機   ~出会えない、素敵なあなた~

食器洗うのはお好きですか?

・・・と聞かれたら、どれくらいの方が”YES”とお答えになるのでしょう? かくいう私は、夏はいいけれど冬はちょっと・・・と答えると思います。

夏は水仕事も気持ちいいですし苦になりません。が、冬は・・・。お湯で洗うと手がすぐかさかさになりますし、水だと冷たい。ゴム手袋はあまり得意ではありませんし・・・。

結婚して丸14年。振り返ってみたら、シンガポール、ニューヨークでの約10年近い海外生活中は、備え付けの大きな食器洗い機を毎日使い、シンガポールから帰国してニューヨークに渡る3年間も、小さいですが、電器店で買った食器洗い機を使っていました。なので結婚してからほとんどの期間、食器洗い機にはお世話になってきたわけです。

なので、8月に入り、やっと仮住まいから自宅に入居した際、早く食器洗い機を買わねば・・・とまず思いました。(ニューヨークに出発前に前のものは処分したので。)が、それ以来、何軒か電器店をまわりましたが、ピンとくるものがありません。

というか、以前より、お店の中で存在感が薄くなっているような気が。まず、展示品自体の数が少なく、あっても、売約済みの札がついていたり・・・。お店が力を入れて売ろうとしている気配も感じられず、数年前は、結構注目家電だったのに、なんだかさびしい感じがしました。

確かに、いったん購入した人が買い替えるのは、まだまだ先でしょうし、ほしいと思っていた人はもう大体購入済みなのかもしれません。

それにしても、以前購入した食器洗い機と、展示してあるものの、デザインや機能があまり変わっていないというか、進化していないというか・・・。まあ、日本の狭い住宅事情を考えれば、食器洗い機の大きさはおのずから限定され、そのサイズの中でどんな機能や性能を持たせるか・・・という課題にも、おのずから答えのリミットがあるのかもしれません。

でも、展示してあったものはどれもみな、扉を開閉するところが頼りなく感じられました。・・・ああ、でもきっとそれは、アメリカのごつい食器洗い機の扉になれているせいかもしれないですね;;;;

・・・とりあえず、もう少し別のお店も見て、素敵な食器洗い機探しを続けようと思います♪
2009-08-28

8月27日とは?   ~すっかり忘れておりました~

昨夜、夫が帰宅したときにお土産発見!

ケーキ 結婚記念

ケーキ!

子ザル軍団も大喜び。「なんで?お父さん?」「なんで?」「どうして?」

私も「どうして?」。

!? お、そのとき、閃いたことが!

8月27日、Matt Doyle2回目ライブコンサート!・・・いえ、それはそうなのですが、、私たちの結婚記念日、でしたよ。

ハハハ。すっかり忘れておりました。8月27日って覚えにくいんですもん。友人が、平成7年7月7日に結婚式をあげたときは、すごいなあ、そこまでできないなあ・・・と思いましたが、覚えやすい日というのはやっぱりいいものですねえ。しかも、私たち、入籍した日が結婚式のちょうど1か月前の7月27日。どっちを結婚記念日とすればいいのか、自分たちでも結論でないまま。

とにかく、夫のほうがいつもちゃんと覚えておいてくれるので、ありがたや、ありがたや・・・。白無垢着たり、ウェディングドレス着たのも、もうずいぶん前になったものです。さすがにもう着ることは・・・ないでしょう!

いつもやさしい夫に感謝、感謝。(3月にMattのMelchiorを観るため、トロントに日帰りで行ってこれたのも夫のおかげでした♪ 夫が「行ったほうがいいよ。」と言ってくれたので、はは。)

来年は覚えておこうぞ、結婚記念日。字余りでした~。

2009-08-27

英語力低下  ~あっというまに落ちます~

日本にもどってちょうど2カ月たちました。この2カ月で家族みんなで失ったもの。

英語力。

引っ越しばっかりしていたような気のするこの60日。

自分用や子供用にと思ってたくさん買ってきた英語の本を開くこともなく、テレビも日本のアニメやドラマ、バラエティにどっぷりりん。

まあ、しかし予想していた通りといえばその通り。想定の範囲内。子供なんて、あっという間に日本にもどれば英語なんて忘れてしまいます。以前、5年半住んだシンガポールから帰国したさい、救急車のサイレンを聞いて、当時小学1年生の長女が「ティートゥ、ティートゥいってるね。」というので、現地の幼稚園に行っていてずっと英語環境だったので、なるほど、そう聞こえるのかと感心し、なるべく英語力を維持してやろうと近くの英語学校に通わせたりしましたが、お金も時間も十分かけられず、結局は何にもならないことをさとり、もうなすがままに。そしてあっという間に、救急車も「ピーポーピーポー」に。

なので、今回も子供に関しては、もともと期待もしておらず、ただ中学生の長女は、読解力はおとしてほしくないなあと思っています。

けれど、自分は、このままではまずい。思えば、NYにいる間は、週に1度はbroadwayでお芝居観たりして、リスニングもしていたわけだし。うーむ、何かせねば。

そこではっと思いだしたのが、船便から出てきた”NEXT TO NORMAL”のCD。NYで購入したとき、実際に劇場に行く前には、ついている小冊子は読まないほうがいい、歌もきかないほうがいい。。。とアドバイスしてくださる方があって、結局開封しないまま船便に入れたのです。そうだ、”NEXT TO NORMAL”を聞こう!

Next To Normal [Original Broadway Cast Recording]Next To Normal [Original Broadway Cast Recording]
(2009/05/12)
Randy Landau、

商品詳細を見る


本当に、なんてすばらしい作品なんだろう。

2枚入りのCD。とにかく、歌がとても多い作品だったので、CDを聞いていると、舞台の始まりから終わりまでが、走馬灯のように頭の中によみがえってきました。この作品のAARON TVEITの歌も、このCDで初めて聞きました。(私が観た時は、Kyle Dean MasseyがGabe役を演じていました。Kyleも素晴らしかった♪) 考えていたより、高い、甘い声でした。切なくなります。うう、また観たいぜ。そう思いながら、聞いていました。

・・・以前、英語の上手な方に秘訣を聞いたら、「好きな洋楽の曲を、全部暗記するほど聞いてたんです。」というお答えをいただいたことが。私も、まずはN2Nで頑張ってみます!

2009-08-26

「狭き門」は、本当に狭かった!  ~しかし、チャンスはまだあり。~ 

我が家は日経新聞をとっています。今日の夕刊に劇評ひとつ。(この劇評、結構毎回楽しみにしています。) 佐々木蔵之介さんのパルコ劇場で上演中のお芝居、

「狭き門より入れ」。

もうすぐ世界が終わり新しい世界が始まるという設定。選ばれた者だけが新しい世界に移れる・・・。その状況下、いかに自分がふるまえばいいか思い悩む主人公。・・・劇評を読んだだけでは分かりにくいお話。でも、あの芸達者な佐々木蔵之介さんが出演とあらば観てみたい。あの魅力的なぎょろめを、生で観たい。。。たちまち、観たいモードに突入!

しかし、どこをあたってもチケットは残っておらず・・・。頼みの綱の劇場ラインもだめ。が、当日券の案内を見つけました。次の通りです。

ご希望公演の当日に下記電話番号にて当日券予約受付をいたします。

チケットぴあ 当日券予約専用ダイヤル
0570-02-9998
ご希望公演日の当日 朝10:00~昼12:00まで受付
○ 当日券は上記の時間にお電話にてご予約下さい。当日券販売整理番号をご案内いたします。ご予約いただけた場合、開演1時間前までにご来場いただき整理番号順にお並び下さい。順次、整理番号順に入場券を販売いたします。


さあて、頑張って来週末あたりチャレンジしてみようか・・・。

それにしても最近思うのが、日本の興行のお芝居って、上演時期が短いということ。この「狭き門」も、8月17日から9月6日まで。一か月もないのですね。東京公演の後、広島、倉敷などの地方公演が続くということですが。

今週末行く「ドリアングレイの肖像」も、8月21日から8月31日まで、11月末に観に行くことにした「フロストxニクソン」も、11月18日から12月5日まで。短い!

BROADWAYでは、期間限定といっても、数か月上演期間があるように思います。1か月そこそこというのはあまりないです。(Mattの次回作、”Bye Bye Birdie”も、期間限定ですが、オープニングは10月で1月まで上演予定。しかも、プレヴューは9月からです!)劇場との契約条件が日本とでは違うこともあると思います。でも、日本の場合、テレビで活躍されている役者さんがお芝居されることも多いので、そうすると、なかなか長期で舞台に専念ということは難しいのでしょうね。アメリカは、それぞれ映画、テレビ、舞台で活躍する役者さんが違うといわれているので(そうはいっても、以前より垣根が低くというか、なくなっている気もします。)、日本とは事情が異なるのでしょう。

上演期間が短いので、情報のアンテナを高く張っておかないと、日本ではうっかり見逃したり、チケットが手に入らなくなってしまったりしやすいのではないでしょうか。ただ、その分、ひとつの劇場で1年間に上演される演目の数が多いので、いろいろな作品を観るチャンスがあるということかも?・・・でも、日本は劇場の絶対数がそもそも少ないと思うので、一概にそうも言えないのかもしれませんが。

とにかく、アンテナ、高くすべし。これが本日の私の教訓であります。

狭き門


2009-08-25

飛び出したもの   ~引越の魔法?~

あと20箱まで減った段ボール。しかし、この20箱がなかなか減りません!収納スペースももうほかのものでいっぱい。2階の日当たりのいい部屋をこの20箱の物置にしたままでいいものか?

かくなるうえは、これらの箱(さまざまなサイズ)を、同じサイズの箱にそろえ、壁際に並べて、上からこぎれいな布をかける!さすれば、きっと気にならなくなるであろう!

つまり、この部屋から追い出せぬので、なんとか邪魔に見えないようにカモフラージュしよう、ということであります。

まず、不揃いのサイズの箱を同じサイズにそろえるべく、ある箱の中身を移し替えたわけです。すると・・・

きっとお引越されたことがおありだったら、たぶん経験されていると思うのですが、思いもかけないなつかしいものが出てきたわけなんです。え、こんなものとっておいたんだ、へーえ・・・と自分でもあきれるやら、感心するやら。

魔法のようだな、と思います。すっかり忘れていたはずの、過去の自分、過去の思いが一瞬にしてよみがえるわけなのですから。

今日の午後、でてきたものは・・・FAXの受信用紙でした。相当古いもの。感熱用紙なので、印字がもうほとんど消えかかっています。あの当時、この印字がいつか消えるものだとは知らなかったのでしょう。きれいに折りたたまれ、しかし無造作に透明なファイルケースに入れてありました。

誰からのFAXだろう? ケースから取り出して開きました・・・。

それは15年前の、ある男性からのものでした。

当時、私は仕事をしていたのですが、仕事を続けたくて、結婚しようというその男性の気持ちに応えることができませんでした。その人と結婚するということは、事情があって、私が仕事を辞める必要があったのでした。自分なりに頑張っていたときだったので、仕事を辞めることは考えられなかったわけです。
年上の、遠くに住むその人は、仕事の合間をぬって、ユーモラスながら誠実な言葉でよくFAXで手紙を送ってくれていました。そういえば、携帯電話なんて、ほんのひとにぎりの人しか持っていない時代だったんです、あの頃・・・。

そして今日残っていたのは、その人からの最後のFAXでした。

その直前に、私はやっぱり仕事を辞められない。だから結婚できないと伝えていました。

その人のFAXには、「あなたにとって、大事な時期なんだね。わかった。もう何も言わない。ただ、思う存分、仕事に頑張ってほしい。悔いのないように。」という内容が書かれていました。

・・・・。

私が思ったことは・・・結局、この人の言ってくれたような人生、自分は送ってないなあということ。このあと、知り合った、今の夫とスピード結婚したのが1年後。そして、ずっと共働きできる相手だと思っていたら、なんと翌年生まれた長女の育児休暇中に、夫が海外転勤に。迷った挙句、ひとりで子育てする自信もなく、仕事を辞めて夫に同行してしまったというわけです。

仕事を頑張ると言っておきながら、中途半端で逃げ出したようなもの。

でもね、思います。この人は、私のこんな人生もきっと笑ってくれると。きっとユーモラスに「こんないい男、逃してしまって、残念だっただろう?」って。

そして、私も今の人生、後悔しておりません!

夫の転勤につきあってきたからこそ、MATTにも HUNTERにもめぐり会えたんですもんっ!
何より、うるさい3匹の子猿が存在してくれてるわけですし。

・・・しかし、ちょっと感傷にひたっていたらば、肝心の段ボール片づけ作業がはかどらず、部屋はひどいありさま。まあ、いいてことよ。明日は明日の風が吹く! 景気づけに、ハンサムおうし座ボーイズの写真をどうぞ♪ 上からHUNTER、MATT、そして その下、大物宿題「自由研究」終わって一安心の、我が家のおうし座ボーイ。

hunter寝そべる

 matt 001

直哉と自由研究
2009-08-25

うそ、でしょう?   ~MATT と HUNTERの☆~

SPRING AWAKENINGに出演していたMATT DOYLEと、 <HUNTER PARRISH.

穏やかなMATTと、陽気なHUNTER.。一見両極端な個性のふたりですが、ふたりとも、1987年生まれのおうし座。HUNTER PARRISHは、はっきり5月13日生まれだとWikieにも書いてあったので誕生日を知っていました。が、MATT DOYLEは数ヶ月前まで、まだwikieに詳しく記述も書き込まれていませんでしたし、彼のブログからも誕生日は5月中旬ごろだと推定できるだけでした。

が、数分前、ふと気になって、MATT DOYLEでwikieをチェックしたところ、いろいろ詳しくプロフィールが書き込まれているではありませんか! 高校卒業後から現在、リハーサルに取り組んでいる次回作のことまで。すごく嬉しくなりました! 本当に、いろいろな人から注目を浴びだしている証拠です。昇り竜になってくれる、なれる! これからも頑張ってね、MATT♪ ・・・と、誕生日もはっきり書き込みが。5月13日。

うん? どこかで見覚えのある日にち。え?え?えええ???

ちょっと、これって、HUNTERと同じ誕生日ってこと?

HUNTER と MATT、同じ誕生日だっていうの?

1987年5月13日。

大好きな、かわいいふたりの役者さんが、誕生日まで同じだなんて。別にどうでもいいことのように見えると思うのですが、私には大きなインパクトを持った発見でした。

ところで、ちょっと、おたくっぽい話になりますが、人がこの地上に誕生した時、惑星、月、太陽などが天のどの位置にあったか、またそれらの位置が、どの星座にあったかを示すものをホロスコープといいます。世間一般にいう星座占いというのは、生まれたときに、太陽がどこの星座にあったかで判断されます。おうし座生まれの人と言うのは、みなさん生まれたときに太陽がおうし座にあったわけです。しかし、同じおうし座であっても、昼に生まれた人は太陽が天の頂近くにあり、逆に夜に生まれた人は、太陽は天高くにはありません。(地平線の下に位置します。)ホロスコープを使って詳しく見ていくときには、それぞれの惑星、月、太陽が天のどの位置にあったかも大切なリーディングのポイントとなります。(ややこしくてごめんなさい;;)

えー、それで何を言いたかったかといいますと、私のホロスコープでカルミネートの位置にあるのがおうし座だということなんです。えー、カルミネートするというのは、天の頂に位置するということなのです。カルミネートの位置にどんな星座がくるかでその人が人生で何を求めようと欲するかが象徴的にあらわされると言われているのです。つまり、

私のカルミネート→おうし座=私の欲するもの→おうし座ボーイズ、MATTとHUNTER

うわ、いやですねえ。そんな直接的な・・・。

それにしても、MATTもHUNTERも同じ日生まれとは。SPRING AWAKENINGで共演していた時は、お互いそのことを知っていたのでしょうか? 同じ年の同じ日に生まれたふたり。(もっとも、wikieがいつも正しいとは限らないですよね・・・。ただ、HUNTERのtwitterから、HUNTERが5月13日生まれなのは確かだと思います。)

1987年、わたしもアメリカに住んでいました。1987年5月13日。いったい私は何をしていたものやら。
南部の州にいたのですが、よもやその日、私の心を揺さぶる、そしてBROADWAYを酔わせることになるふたりの青年、いえベイビーが誕生したとは夢にも思わず、ピザでも食べていたんでしょうな。

あー、本当にいくそった。(私のふるさとではこう言います♪)
2009-08-24

すごく、すごーーーーく・・・落ち込みました。 ~親として情けない~

nobita.jpg

わがやの「のびた」、こと小学5年の息子。気が弱いというか、穏やかといおうか。もちろん、姉や妹とはすごいけんかもしますが、親にも気を遣うような面も。(つまり、親が、いえ、母親が怖い、ってことです。)

そんな息子にすごーーーく悪いことをしてしまい、がびょーんと自己嫌悪。
それは、昨日の午後、起こりました。

駅前を、息子とちび娘と3人で歩いておりました。向かっていたのはマクドナルド。ハンバーガーランチにしようと。と、なにやら募金をしている人たち。中にはあやしい募金もありますが、そこの方たちはきちんとした方たちのようで、私は歩きながら、バッグを開け、中から財布を取り出そうとしました・・・と、そ、そしたら、何が起こったか?

ず、ず、ずる、で、で、で、で、でーーーーーーーーーーんん!

私、すっころんでしまったのです。見事に。無様に。容赦なく。

サンダルは転がるは、バッグもすっとぶは、それはそれはもう、周りに100人人がいたら100人みんな気がつかないわけはないという、派手ですごいすっ転び方だったわけです。

「大丈夫ですか?」という声と人々の視線を集める中、私は茫然としながら、そばに転がっていたバッグを抱きかかえ起き上がりました。で、そのとき、後ろにいた息子に、

「どうしてこういうことするの?」と、言ってしまったわけです。私は、息子にサンダルの後ろを踏まれたと思っていて、それが原因で足を取られ、転んだと思い込んでいました。実際、今までも子どもらと前後連なって歩いている時、そういうことがあって、「前を歩いている人の靴を踏んだりしないように気をつけて歩きなさい。」と注意したことがあり、今回も同じことが起こったと、勝手に思ったわけです。

それにしても、嫌ないい方ですよね。

「どうしてこういうことするの?」

たとえ、実際本当に息子がやっていたとしても、悪意はないわけで、ただただちょっと不注意だったわけです。(それに、前を歩く私が悪かったのかもしれません。)理由なんてありません。が、すごく恥ずかしい思いでいっぱいの私は、息子のせいで転んだと決めつけていて、このかっこ悪い状況をつくった息子に腹を立てていたのです。うわあ、嫌な母親!

私の言葉に、何も言えず、ただただ困った顔の息子。私もそれ以上はなにも言わず、ただ「ほら、行こう。」と、もう財布を取り出すのもやめ、とにかくこの場を立ち去ろうと、息子と娘を促して歩き始めました。すると、後ろから女性の声。募金箱を持った女性でした。「ぼく、何もしてないわよねえ。」と、優しく声をかけてくださったのです。

はっとしました。そうだ、別に後ろをぐっと踏まれた感じもなかった。おお、単に自分の足がもつれてしまっただけではないか! 

「ああ、そっか、ごめん。お母さん勘違いしてた。」

やっとそう息子に言えました。ただ、なんだか決まりが悪くて、もう募金の女性にお礼をいう余裕もなく、ただただマックへ向かって親子で歩いていきました。

いやあ。

いろんな人に嫌な思いをさせたなあ。

あの募金箱の女性、男の子が理不尽に母親にしかられるんではないかと気をもんでくださったわけだし、何より息子に対しても・・・。

ちゃんとはっきり、女性にもお礼を言えばよかったし。おかげで息子を理不尽に扱わずにすんだと、ちゃんと伝えればよかった。きっと、あのあとも心配していらしたような気がして。

ハンバーガー食べたあと、またもどって募金もさせていただこうかとも思ったのだけれど、なんだかぐったりしてしまって、やめに。

あの女性のおかげで、息子にちゃんと謝れ、息子をそれ以上傷つけることもなくすみました。この場をお借りして、お礼を言いたいです。ありがとうございました。

教訓1:ヒールの高い靴は極力はかない。(昨日のサンダル、ヒールが自分には高すぎだった。)
その2:寝る!(その前夜、古いpcのデータを新しいpcに移していたりしたら、完徹になってしまっていた。) 寝てないと、身体の動きが鈍くなる。
その3:何より、人のせいにするな。

いい歳して何をやっているやら。もちろん、ハンバーガーにマックシェイクもつけてやりました、子どもらに,ハハハ;;;;;;;
2009-08-23

売るべき?     ~ピアノVS電子ピアノ~

悩んでいます。ピアノそれとも電子ピアノ?

狭い我が家の和室におはしますアップライトのピアノ。うーーん、夫がそのピアノのメーカーに問い合わせたらしいのです、引き取ってくれるかと。

確かに、家が狭いし、我が家の小猿軍団も格別ピアノに情熱があるわけでもない。だからいっそ、電子ピアノにしないかという話はしていました。

だがまさか、こうもすぐにメーカーから査定の連絡も来るとは思わなかったので焦りました。ただでもいいから引き取ってもらおうかと思っていたのに、引き取り運送はもちろん無料で、しかもいくばくか支払ってもくれるというそう。古いピアノで傷もあるのに、驚きました。

しかも、今日電器店に行く用事があり、電子ピアノもついでに見てみました。安くてコンパクトなものがいろいろあるのですね。夫はすっかり、心奪われ状態。

しかし、なんかすんなり、引き渡す気になれない我が家のピアノ。10年ほど前、東南アジアで暮らしていた時、譲り受けたピアノ。そのあと、日本に帰国になったときも、運賃を出してまで持ってきたピアノ。なんか今更手放すのも寂しいような。でも、電子ピアノだったら部屋がもっとすっきりするわけで・・・。

最終的に決断するのは私になるのですが、うーん、どうしようか、すごく迷っています。調律代も馬鹿にならないし、やっぱり電子ピアノのほうがいいかなとは思うのですが、ここでピアノを手放したらもう絶対、我が家にピアノが来る事はないでしょう。

はは、自分がピアノ弾けるわけではないがゆえにこそ、本物のピアノにこだわっているのでしょう、きっと。今の電子ピアノもすごくいいとわかっているんですが! むむむ。
2009-08-22

フロストxニクソン   ~嬉しい配役!安原義人さん!~

えー、SPRING AWAKENINGに出演していたMATT DOYLE、HUNTER PARRISH、NEXT TO NORMALの AARON TVEITなど、BROADWAYの役者さん大好きな私ですが、守備範囲は限りなく広い、です。(つまり節操がない、というわけです。)

「私の名前はキム・サムソン」のヒョンビン、「ラストダンスは私と一緒に」のチソン、「魔王」のジフン(どうか、立ち直ってほしい。麻薬使用で起訴されてしまいましたが。)・・・といった韓国の俳優さんたちも
好きです。ええ、もちろん日本の俳優さんでも、好きな人、多いです。佐藤浩一さん、江口洋介さん、それに舘ひろしさん♪ そしてそして、仲村トオルさんっ!!!(他にも大好きな俳優さんはたくさんいらっしゃいますが、かっこいいという意味で好きな俳優さんをあげています。)

2日前、テレビをつけていたら、その仲村トオルさんと北大路欣也さんの「フロストxニクソン」の宣伝が流れたではありませんか!おお。これは行かねば! しかも、私の目をとらえたもうひとりの役者さんの名前!

安原義人さん。

私はアニメ・漫画も大好きであります。中学・高校時代も、地方都市の映画館前で徹夜で並んでアニメ映画の公開を待ったりしたものです。(そもそも、都会と違って、徹夜で並ぶ意味もないのですが。)
当時、理想の男性は、タイガーマスクの伊達直人、ヤマトの古代くん、ガンダムのシャア・アズナブル(今も、彼らの名を聞くと胸がざわめきます。)。おおっと、サイボーグ009のアルベルト・ハインリヒ(004)も忘れてはいけません。アルベルトにはすごくはまった時期があり、当時のアルベルトの声優をしてらした山田俊司さん(今のキートン山田さん)にファンレターを出し、サインを送っていただいたことも。そして、安原義人さん♪ メル・ギブソンなどの声でも有名ですが、「キャッツアイ」の内海俊夫の役や、「ニルスのふしぎな旅」のモルテンなど、いろいろなアニメ作品に幅広い役柄で声優として活躍なさってきています。テンポのいい話しかた、かっこいい役もお茶目な役も自然体で演じる安原さんも大好きでした。

東京での学生時代、演劇サークルに所属していた私は、ときどき友人達と芝居を観にいきました。(貧乏学生だったのでしょっちゅうはいけませんでした~。)そして、あるとき、安原さんの出演されていたテアトル・エコーのお芝居に。で、お金のない私は、今から考えたら恥ずかしいですが、花一輪持って、お芝居が終ったあと、受付の人に「安原さんにお渡しください。」と。そしたらなんと、楽屋まで連れて行ってくださったのです。こんなことなら、大きな花束を持ってくればよかった・・・。けれど、安原さんはにっこりと花を一輪受け取ってくださったのでした♪ しかも、ずうずうしい私は、もうすぐ控えていた、自分が出演するサークルの芝居のチケットも渡して、「よかったら観にいらしてくださいね。」と。若いって怖いですよねえ。あー、おそろしや、おそろしや。むろん、安原さんがいらしてくださるわけもなく(当たり前!)、でも、なんだか、大切な青春時代の思い出のひとつなのです。

・・・それで、安原義人さんのお名前を、見つけたとき、これは絶対絶対絶対、行く、そう決意しました。

BROADWAYから物理的に離れてしまい、ちょっと寂しい気持ちになるときもありますが、でも、ここ日本にもたくさん、たくさん観たいものがある・・・そんな思いがはっきりしてきました。ちなみに、安原さんの役は、仲村トオルさんが演じるフロストのブレーンになるベテラン記者とのこと。うーーん、楽しみ。しかし、公演は11月後半から。もうちょっと先ですな。それにしても、4年前よりも、お芝居やミュージカルのテレビコマーシャルが増えているように思いますがどうでしょうか? いいことだと思います。私みたいな、いきあたりばったり人間には、ながらテレビで情報見て、ピーン、ア、行こ!というきっかけを作ってくれますし。

フロストXニクソンの情報はこちらへ
2009-08-21

ふるさとついでに…  ~「おくりびと」の源~

昨日、私の田舎のことをちらっと書きましたが、そのついでというより、実は、NYからもどってからずっと書きたかったことがあります。

映画「おくりびと」とその物語がうまれる源となった、一冊の本のこと。
その本の名は「納棺夫日記」。

納棺夫日記 (文春文庫)納棺夫日記 (文春文庫)
(1996/07)
青木 新門

商品詳細を見る


もうすぐNYを離れるというとき、知り合いの方がぜひと言って貸してくださったのがこの本でした。すでに映画「おくりびと」の評判はずいぶん前から耳にしていましたし、この本が、「おくりびと」の原作ではないけれども、「おくりびと」が誕生するきっかけ、源になった本だとも何かの情報記事を読んで知っていました。

が、最初のページを開いて読み進んですぐ、私は大きな驚きを覚えました。この本を書かれた青木新門さんが、私と同郷の方だと知ったからです。そして、青木さんが納棺夫として経験を積まれた土地というのが、私が生まれ育った場所だったと知ったからです。(同県。)「おくりびと」は東北が舞台と聞いていたので、まさか自分の生まれ育った土地と何らかのつながりがあるとは全く考えてもいなかったので、本当に純粋に驚いたのでした。

この本を読んで、まず共感したのが「みぞれの季節」の記述でした。

今では、雪も少なくなりましたが、私が子どものころはかなり雪の多いところでした。(私が生まれたときも、吹雪いていたそうで、そこからHNも「吹雪」とした次第です。)けれど、その雪は、さらさらふわふわの雪ではないのです。湿った重い雪。そして、冬の始まりはみぞれ。

そんなみぞれの季節には、やはり特別な思い入れがあります。北陸独特の冬の空の重さ。しかし、夜の空の明るさ。雪を降らせようとする雲が、低く空を覆って、夜は闇ではなくなります。星を隠し込みはしますが、雪をはらんだ雲は空を白く、灰色にとめおいて、やがて湿り気の多い雪が、最初はみぞれとなって落ちてくるのです。そのときの、冷たく、ピンと鳴るような空の気配。みぞれのにおい、雪のにおい・・・。氷の粒が、なんでしょう、独特の純粋なにおいを運んでくれます。・・・そんな子どものころの、大事な経験が、まざまざと甦ってきました。

土地の風土がそこに暮らす人の気持ちや気質に与える影響は決して小さくないと私は思っています。なので、「みぞれの季節」を自分も経験していることで、この本を書いた青木さんが納棺の仕事を重ねられていく中で感じられた心情をいくばくかでも、理解できるかもしれない、という期待を抱かせてくれたのです。

実際、とてもとても、青木さんが書かれていることの全てが理解できるわけはありませんでした。が、「生」の一瞬一瞬、単純なる「いのち」の輝きの美しさに、「いのち」が離れた肉体を扱うことで、より敏感になられていく姿が、非常にぐっときました。

蛆さえも「いのち」のきらめき。輝く「いのち」、「生」。

今、生きている、それだけで充分と言うか、それだけですでにいい。明日とか、あさってとか1か月後とか、先のことは考えなくていい。とにもかくにも、今この一瞬、「いのち」を味わっている、それが唯一大切なことではないか。 そう思えたのです。

そうしたら、なんだかとっても気持ちが楽になりました。自分の「死」も大事な人の「死」も怖いし悲しい。けれど、大切なのは、今。今、生きている。そして、なくなった人びとも、自分が思えば、自分の中で、自分の今の「いのち」のなかで生きてくれている。

なんだか、そう思えて。

・・・と、なんだか気取って書いてしまいました~。
田舎に帰っていたので、ちょっとオセンチ(ひょっとしたら、この言葉、もう死語でしょうか?)になってしまったようです。(ご容赦を・・・)

追記:先日お亡くなりになった俳優、山田辰夫さん、映画「おくりびと」にも出演されていました。(「おくりびと」、NYから日本にむかう機内で上映されていて、見ることができました♪) ニヒルで斜に構えた役の多かった山田さん。「おくりびと」でも、あのいらいらした表情を見せて、はらはらさせてくれました。大好きな役者さんのおひとりでした。(大好きな役者さんがすごく多い私です;;)山田さんも、同郷の方です。野球が強い事で有名な高校の卒業生でいらっしゃいました。山田辰夫さんのご冥福をお祈り申し上げます。(「おくりびと」の滝田洋二郎監督も山田さんと同じ高校の卒業生でいらっしゃいます。)

2009-08-20

ふるさと自慢?  ~息子の宿題~

見上げ大仏

えー、いきなりのイケメン様写真で失礼いたします。

先週、帰った私のふるさとの誇る、大仏様です。奈良・鎌倉の大仏様とならんで日本三大仏のひとつといわれています。(といっても、全然有名ではありませんが。)今から約800年前に、少し離れた場所で建立されたものが、1609年今の場所に移されたということです。が、何度か、大火事で焼失し、そのたびに再建され、今のこの大仏さまは、1933年に完成したということです。この地を訪れた、与謝野晶子が、この大仏様を見て、「鎌倉の大仏より美男」だと感想を残したと言われています。

奈良や鎌倉の大仏様とちがって、拝観料など必要がなく、普通のお地蔵さまのように、町の人から身近に親しまれている存在だと思います。子どものころから、何百回となく、この前を通っているので、
今回も私自身は、とくにわざわざ大仏さん(大仏さん、というのが待ちの人々の呼び方です。)に行くつもりはありませんでした。

が、小学5年生の息子が、「夏休みの宿題、夏休み新聞に、おじいちゃんたちの町のことを書く!」というではありませんか。それで、じゃあ、まず大仏さんが必要だろうということになり、私の弟が、息子を連れて、取材・撮影に連れて行ってくれました。そして、息子が撮ってきた写真が、これらの大仏さんの姿なのです!

正面大仏

後ろ大仏


後ろ姿も珍しく、親バカですが、結構いい写真だなあと感心した次第です。息子もこの町の病院で生まれたので、自分もこの町出身だと思っています。そして、この町が大好きです。

自分のふるさとを、自分の子どもが好きと言ってくれること、なんだか嬉しいものです。

そのあとも、いろいろまわって、たくさん写真を撮り、資料を集めてきました。結局、それらをまとめて仕上げたのは東京に戻ってからの、今日でしたが、なかなか頑張ったと思います。いやあ、大物がひとつ終わってよかった、よかった。

2009-08-18

ドリアン予約    ~心の清涼水求めて~

相変わらず段ボールが減りません。しかも、あと残り少なくなってきた夏休みの宿題中、もっとも手ごわい自由研究、感想文などが手つかずの息子を叱咤激励もせねばならず。(もっぱら叱咤のみなんですが・・・)

そんなとき、はっと思いだしたのが ドリアン!

そうそう、あのフルーツの王様・・・ではなく、ドリアン・グレイ。

先日行った、内野聖陽さんのお芝居「ブラックバード」が上演された、世田谷パブリックシアターでもうすぐ始まるお芝居、「ドリアン・グレイの肖像」。チケット取らねば!

主演は山本耕史さん。NYを発つ直前、知っている方が、面白いからとあるドラマのDVDをくださいました。「パンドラ」というタイトルの三上博司さん主演のドラマでしたが、それに山本耕史さんも出演していて、恋人に振り回されながらスクープを追う新聞記者という役柄が妙にあっていて、素敵だなあと思いました。(日本に帰国直前なのにドラマなんかみていたから、今バチが当たっているのかも?)それに、ナイーブな雰囲気がどことはなく、MATTにつながるような気がして、最近すごく気になる役者さんのひとりなのです。そんな山本耕史さんが主演されるお芝居なら、観たい、観たい。

すぐにチケットを取ろうとpcに向かいました。まずは、イ―プラス、ローソンチケットなどで購入しようとpしました。が、希望日、イ―プラスではもうほとんどチケットはなく、ローソンチケットではB席のみ。まあ、B席でも仕方ないかと思って、ふとちらしをよく見たら、直接劇場のオンラインチケットでも買えると判明。登録をして、予約開始。すると、ちゃんと希望日のA席がまだ残っていました♪ 劇場オンラインのほうがやはり座席が確保されているんでしょうか。いやあ、よかった、よかった。

ドリアン・グレイの肖像、楽しみです♪♪♪

ドリアングレイ
2009-08-17

ただいま、そして、本日NYでは・・・  ~いよいよMATTのライブ開催!~

お久しぶりです! たっぷり、北陸の海の幸をおなかに収め、帰ってまいりました。昨日、午後東京の自宅に戻ってきたのですが、留守番の夫が前日受け取った、最後のNYからの船便、60箱が前回の船便の残骸とともに家じゅうを占拠しておりまして、段ボール中毒といいましょうか、段ボール見ただけで、もうなんにもやる気が起こらなくなるという、絶望的な症状に陥っております。

NYで、ずいぶん思い切ってかなりの本や衣類を処分してきたはずなのですが、次から次に出てくる物品に、文字通り、床に突っ伏していきなり冬眠状態になってしまうこと、何十回? 絶対的に、収納能力が欠損している空間に、無限にわいて出てくる「モノ」ども。以前、友人が「捨てる技術」という本を出し、大ベストセラーになりましたが、私に今必要なものはまさにその「技術」。まず、何かを捨てねば、この「モノ」どもはどうにもこうにもおさまりませぬ。が、どれを捨てればいいというのでしょう? 思考能力ゼロ状態の私には、その判断がくだせない! というか、もう、何も考えたくない!

そんなときには・・・

はい、もうMATTのブログ、です。実家では、イベント満載で、ほとんどPCに触る時間もなく、MATTのブログも実に久しぶり。そして、本日8月17日夜、いよいよMATTのライブコンサートが開かれます♪

うわっ♪ いくつか新しい記事がアップされていて、嬉しい内容も!

I can definitely promise that I will sing "Left Behind." I wanted to have a song from Spring Awakening in the set. Since "Left Behind" was the first song I learned for the show when I auditioned THREE years ago (I really can't believe that), I thought it was the right choice.

絶対に、コンサートで"Left Behind."を歌うからね。僕は、Spring Awakeningからの曲を、コンサートに組み込みたかった。3年前、オーディションを受けた時に(3年もたつなんて、信じられないけれど。)、初めて習ったのが、この"Left Behind"だった。だからこそ、この選曲は、すごく正しい、そう思った。

必ずMATTはSAの曲を歌うだろうなあと思ってはいたのですが、そうですか、"Left Behind"ですか・・・。以前もMATTは、何かのインタビューで、この曲にすごい思い入れがあると言っていたので納得です。高音で、歌うのが難しい曲だと思うのですが、MATTはいつも、いい声をだしていましたっけ。
うわあ、聞きたいなあ。こんなところで、段ボールに埋もれて、冬眠状態になってるばやいですかっ・・・? ああ、MATTの"Left Behind"が生で聞きたい・・・。あのちょっとたれた、かわいい目を見ることができたら、あの美しい立ち姿が見られるなら、あと50個くらい、段ボールやっつけちゃえるんですが・・・。

今、NYは17日のお昼ごろ。夜のライブに備えて、何をしているのでしょう、MATT。この空遠く、NYの夏の夜に響くあなたの歌声、カッター片手に段ボールを切り裂きながら、私はいつものように、あなたを応援しています♪(わけのわからぬ変な人です。)

いなかのことなども、またぜひ書きたいと思っています。もちろん、今度見ようと思っているお芝居のとも。頑張りまっす、とにもかくにも。
2009-08-09

久々の体験!  ~ぐらっ、そのときまず何を?~

東京にあって、NYにないもの(のひとつ)、それは

地震です!。

そして今晩、東京にもどって初めて体感地震がありました。私は2階で、段ボールと格闘中。が、ふと窓のカーテンリールにかかったリングが、小刻みに揺れ始めたのに気がつきました。そしてほどなく、家全体もかすかに揺れはじめ・・・。

おっと、こいつぁ地震だぁ! こわがりの我が家の子猿どもは肝を冷やしているにちがいあるめぇと、あわてて階下へ。

そしたら、ものすごくおかしかったのですが、3匹そろってちゃんとテーブルの下に隠れているではありませんか! 窮屈そうに。

震度4の揺れだったようですが、久しぶりのことで、私自身もやっぱりびっくりしました。ちゃんと防災の準備もしておかないといけませんね。そういえば、NYに行く前に準備してあった防災用バックパックがトランクルームからの荷物の中からでてきました。

大量の紙おしめと粉ミルクが出てきました。おちびがまだ本当におちびちびだったからです。いやあ、そのちびも、いっぱしに親に口答えするし、「てご、かっこいいわあん」(手越くん)とテレビに貼りつくんですから ・・・。

明日から、1週間、私の北陸の実家に帰ります。海の幸がおいしいので、楽しみ♪
2009-08-08

ブラックバード観劇、あれやこれや   ~ざわざわのここ数日~

現在、8月8日、午前4時。ということは、ブラックバードを観てからもう2日以上たったことになります。更新ができず、すみません;;;;;。

6日に、仮住まいから自宅へ引っ越し、7日はトランクルームから4年前、NYに出発する前に預けた家具やらいろいろなものが届いたという状況です。で、8日、今日はさらに午前9時すぎから、NYからの船便第一便約90箱が届く予定。トランクルームからすでに140個ほどの荷を受け取って、さらに90個。仮住まいから運んだものだって、40個ほど。このちっこい家にどうやって運び入れればよいのか? 船便90箱も置くスペースが、ない! ・・・というわけで今の今まで、トランクルームからの段ボールをなんとか空にすべく励んでいたという次第であります。が、もう挫折。でもって、さっさと寝るべき(自宅に引っ越した夜、つまり昨日も、午前5時まで起きていたので、いくらなんでも、お肌に悪いですよね~~。)なんですが、この3日間、下部温泉から帰ってきてから、いろいろあったので、ブログに書きたくなってしまったのです。でも、明日も朝から船便が届くので、4時半まで書けるところまで書いてみたいと思います♪

まずは、もちろん、「ブラックバード」のこと。内野聖陽さんの今までのイメージは、渋くシリアスでかっこよい、陰のある人・・・というものでした。ずいぶん前の、「ミセスシンデレラ」という薬師丸ひろ子さんと共演されたドラマの役柄、愛のために正直に生きようとする新進気鋭の音楽家というのがまさにぴったりでした。

なので、最初に内野さん演じるレイが登場したとき、一瞬、この人は誰だろう?と思いました。かっこ悪いというわけではありません。私のイメージより、内野さんがふっくらされていたのと、役柄の年齢設定にあわせたメイク(ヘア)の影響だと思います。しかも、冒頭から、すごいテンション!、突然目の前にあらわれた若い女性にうろたえ、悪態をつく、そのあせり方が、浮気相手が突如職場にあらわれて目を白黒している中年のおじさん・・・という感じで、もう必死に保身のため、相手を威嚇したりしようとするその姿が、ものの見事に今までの内野さんのイメージを覆してくれました!その潔い演技に、私は直球ストライクをがっとくらったのです。

内野さん、すごい!

相手役の伊藤歩さんの演技も、ミステリアスで素敵でした。何より、そのおみ足の美しきことと言ったら! 以前このブログでも書いた、LEG MAGICという美脚になるというマシーンを100年頑張っても、ああはなれません。天性の美しさですね。ああ、自分の脚にコンプレックスを持つ娘を連れてこなくてよかったと、馬鹿なことを思ってしまいました。伊藤さんのあんなにきれいな脚を見てしまったら、ますます娘のコンプレックスが深刻になるに違いないと思いましたもので^^;;

ただ、伊藤さんの演技はセリフが一部かたいというか、こなれていないように感じました。しかし、孤独な少女のままおとなになってしまった女性の魂が訴えかける、愛への切実な気持ち、熱望がひしひし伝わってきって、観ていて非常に切なくなってしまいました。

と、ここで4時半になってしまいました。「ブラックバード」は明日9日で閉幕ですが、観ておいてよかったと思える作品でした。前半静かな場面で15分、寝てしまったのですが、しかし最終的に、観てよかったと思える不思議な作品でした。普通、途中寝てしまった作品は、観終わってからも、「う、つまらなかった」と感じる私なのですが・・・。(空白の15分間、肝心のふたりの関係が深まるいきさつを見逃してしまったので、劇が終了後、熱心にご覧になっていた感じのお客さんに突然近寄って、「すみません。途中寝てしまったのですが、ふたりが親密になる過程はどんなものだったのですか。申し訳ありませんが、教えていただけませんか?」とお願いしました、思い切って。そしたら、やさしい方で丁寧に説明してくださいました。ありがとうございました!!)

ああ、夜明けのカラスが泣き始めました。本当に寝ねば。他に、「ビル、やったじゃん!」とか、「身延町、まさか、あそこに? 」とか、いろいろ書きたいのですが。

ではではまた♪
2009-08-04

「おざら」三昧  ~下部温泉行き~

昨日、8月3日から一泊で、山梨県身延町の下部温泉に行ってきました。引っ越し前にこの余裕・・・といいたいのですが、上の子の美術の宿題「美術館レポート」のために、甲府の美術館で、ミレーの「種をまく人」を見るため・・・なーんて。

いえいえ、真相は、ある日テレビを見ていたら、下部温泉ではお客さんが減っていて、少しでもお客さんを増やすために、エコカーで来るお客さんには、宿泊代を割り引く、歯ブラシなどを持参の方にも割り引く・・・などのアイディアを温泉協会(だったかな?)が出されたというニュースが流れていて、へえ、どんなところだろうと興味を持ったからです。

しかも、夫は独身時代、悪友たちと、身延町の温泉に行ったらしく、「なつかしいし行ってみよう、それに、美術館も行かなきゃいけないもんなあ」。・・・という感じで、話がとんとんとんとまとまったのでした。

それに、NYにいたとき、何が恋しかったかというと、

温泉でした! 和菓子やおいしーーーいケーキやスーパーやデパ地下のお惣菜なども、もちろん恋しかったのですが、温泉はもう、本当に本当にあこがれでした。車で数時間のところに、温泉ではないのですが、大きなおふろにつかれる旅館のようなところはあったのですが、結局行けずじまい。日本に帰ったら、絶対温泉に行こう、と強く思っていたのです。が、帰国したらもう毎日ばたばたで、そんな時間もありませんでした。

やっと、引越する週に夫が休みが取れるというので、一泊温泉旅行が実現したというわけです。

「おざら」がおいしく、胃が痛くなるまで食べたり、温泉もつかるだけではなく、飲んだり、近くの本栖湖でボートに乗ったり、もちろん、ミレーの絵もゆっくり見れました。

最初に行った「おざら」のお店では、あの大物タレントさんも来店されたことがあったようです・・・。など、いろいろ写真もアップしたいところなのですが、また明日。

でも、明日は「ブラックバード」も観に行くので。。。でもってその翌日は引越なのであります。。。。
2009-08-03

新兵器到着!  ~日本のアマゾンは早い!~

もうすぐ、「ブラックバード」観劇。が、3階席。1階席はもういっぱいで、2階席は後ろの端っこが空いているのみ。でも、これで、9000円は悔しいと思って、6000円の3階席の前のほうの席に。

さあ、そこで必要になってくるのが、双眼鏡!

ただ、愛用の双眼鏡は今まだ船便の中。なので、アマゾンで買うことにしました。
値段と口コミをもとに、どれを買うか決定で注文完了。ところが、翌日、使ったクレジットの使用期限の入力ミスがあったとのことで、手続きをやり直しました。それで、商品が届くのが遅れるのではないか、観劇に間に合うか心配だったのですが、なんとその次の日の午前中に商品が届いて驚きました! アメリカでも、よくアマゾンのお世話になっていましたが、注文から商品が手元に届くまで1週間くらいかかるのが普通。確かに広大な国土を有する国。運送費も時間もかかるのが当然。

それにしても、日本のアマゾンの素早さには恐れ入りました。品物の在庫状況もよかったのでしょうけれど♪

OLYMPUS 双眼鏡 10X21 DPC IOLYMPUS 双眼鏡 10X21 DPC I
()
オリンパス

商品詳細を見る
2009-08-02

私にもよくわからないのです、なにが人生に大切か。

ちょっとカタイ話で申し訳ないのですが・・・。ここ数日、ずっと考えていることがあります。

大学に行かないと、幸せになれないのか? ということです。

私の中では、答えははっきり出ています。NOと。

なら、なにを思い悩んでいるのか。

・・・自分の娘が、そういう考え方をしているからなのです。

中学2年の娘が、1か月前、NYから日本に戻ってから、ほとんど毎日のように暗い陰鬱な顔。原因が勉強、です。特にガリ勉タイプではないのですが、根がまじめ。なので、前の学校と今の学校の勉強の進み具合や授業の感じが違うというので、パニックになり、ぐだぐだうだうだ。もちろん、なれない人間関係などでも疲れていることもあり、精神状態が不安定になるのは当たり前といえば当たり前なのですが。

先週から通い始めた塾の夏期講習も宿題も多く、負担のよう。なので、やっぱり塾はやめたらどうか、とも言っているのですが、それも嫌だと。かなり負けず嫌いでもあるので、中途半端に塾をやめるのも悔しいのだそう。

けれど、毎日、カリカリしているし、うだうだ言うし、ほとほと嫌になってしまいました。それで、今日話をしました。

「勉強というのは、親のためにするものではないんだよ。自分のために自分の意思でするものなんだよ。だから、勉強が自分にとってそんなに負担なら、それだけする必要がないのかもしれないし、やりかたを変えるほうがいいんじゃないのか。今の塾も、宿題が多すぎるようだしやめていいんじゃないか。

それに、お父さんもお母さんも、自分の子どもたちが高校に行かなくてもいいし、大学に行かなくてもいい。ただ、自分で好きなことを見つけて、自分にとって楽しい人生あゆんでほしいだけなんだから。

お父さんもお母さんも経済的には援助できないんだから、自分たちで働いて元気にやっていってくれればそれでいいんだからね。中学を出てすぐ仕事に就くのもいいんだよ。

なにかなりたいものがでてきて、それになるために勉強しなければならない、大学に行かなければならない・・・というなら、もちろん勉強すればいい。でも、大学いかないと幸せになれないとか思っているなら間違いだよ。」

すると・・・

「だって、不景気なときはリストラされたりするから、ちゃんと資格持ってなきゃいけないし・・・。資格取るためには、大学も行って、いろいろ勉強しなきゃいけないし。」

ここで、ガビーンと反省した私です。「手に職をつけなさい。」と娘に以前よく言い聞かせていたのを思い出したのです。むーーーーん。つまり、親の言ったことを実行しなければ、と思っているというわけです。

「資格といってもね、別に大学行かなくても、いろいろ立派な資格が取れるよ。専門学校もたくさんあるし。とにかく、大学行かなくても、なにか自分にとって好きと思えることや、好きと思える世界に近いところで、自分にあった仕事が見つかるよ。とにかく、人柄が1番大事なんだよ。その人がどういう学校を出ているとかは関係ないよ。最後は、その人が信頼できる人かどうか。」

実際に失業率も高い今、なにを理想的なことを。。。と思われる方もいらっしゃると思います。が、まだ13歳の娘には、もっとのびのびとしたビジョンをもってほしいなあと思いました。もっと、世の中が明るい方向に進んで行くんだと信じたり願う力を持ってほしいなと。

けれど、親というものは子どもの未来をつい心配してしまう生き物であります~。なので、私も子どもたちに、「何か技術を身に付けたほうがいいよ。なんでもいいから、手に職をつけたらいいと思うよ。」と言ってきたのです。最近は、ちょっと考え方が変わって、なるようになるさ思考になったので、子どもらの行く末も本人任せで好きにやってくれればいーわ、と、以前のようなことは言わなかったのですが、時すでに遅し、だったようです。特に1番上の娘には。

が、「いい学校を出れば、よりよい豊かな人生が送れる」・・・という神話のようなものは、広く世の中に行きわたっていると思います。いい学校をでればいい会社に入れる、だから幸せ。・・・つまり、いい学校に子どもが行かなければ、子どもが幸せになれない、だから、子どもをいい学校にいれないといけない・・・。OH,NO! 

日本は学歴社会といわれますが、アメリカはもっともっと学歴重視社会です。アイビー大学や有名大学出身でないと、それこそ1流企業に勤めることはできません。しかも、それらの有名大学の学費の高さと言ったら、半端じゃないのです。たとえばエール大学が打ち出した、ある学生救済の策が去年だか一昨年話題になりました。世帯所得が20万ドル以下の家庭の学生には、特別に、学費を、世帯の所得の30%(だったかな?定かではありません、ごめんなさい。)以下にする…というような内容でした。世帯所得20万ドル・・・といったら、1ドル=90円として、1800万円です。世帯所得が1800万円という、日本だったら超高額所得の家庭にも、何らかの経済援助を行わねばならないほど、有名大学の学費は高額なのです。奨学金も簡単にもらえるわけではありません。なので、お金持ちではないと、たとえ優秀であっても、有名大学に入ることは非常に困難といえます。

話がずれました。・・・でも、どうして、アメリカのことを書いたかというと、アメリカにいたとき、この話を娘にもしたからです。そして、「日本人でよかったね。日本の大学は、私立でも、アメリカの大学ほど学費が高くない。特に公立の大学なら学費は安いし、育英の奨学金なんかもあるし、自分が勉強さえちゃんとすれば、大学に行けるんだから。」ということも話しました。

きっと、そういう私の話がいろいろ娘の中に残って、「大学に行かねばならないものなのだ。」という思い込みに育ったのですね。

私自身、大学に行きましたが、大学で身についたことと言ったら・・・なんでしょう。演劇サークル入って芝居やったり、本ばっかり読んだり、ほとんど授業に出なかったことも。あののんびりとした時間はもちろん貴重でしたが、自分の人生に本当に必要な4年間だったかといわれると、果たしてどうか。ただ、大学に行く目的が、「大学に行けば幸せになれる」というものでなかったのは確か。幸せになるために大学に行こうだなんて、思いもしませんでした。むしろ、冒険でした。地方の田舎から大都会に出ていくのですから。「何かに出会いたい」単にそう思って、自分の未来に向かった気がします。なのに、幸せになるために大学に行く? 幸せになるために、いい学校に行く?

私が撒いた種ですが、そうではないということを、きちんと娘にわかってもらうために、まだちょっと時間がかかりそう。

実際に舞台の経験をしたいと、カーネギーメロンなどの有名大学への進学をやめて、自分の夢に向かって進んでいったMATTのように、わがやの子猿軍団にも自分の可能性を信じて一歩一歩前進してくれる力を備えてほしいものです。
2009-08-01

出待ちってあり、ですか?  ~ふとした疑問~

昨日、長女の友人が数名遊びにきてくれました。みんなNYで仲良くなったお友達。くしくも同時期に渡米し、同時期に帰国してきた仲間・・・。親子共に気心もしれた、ほっとするおつきあい。

そして、関西から来てくれたひとりのお友達が、こんな話をしてくれました。

「さっきね、アルタでお昼食べた後、出待ちしたの。
森三中の大島さんと握手したよ!」

「いいとも!」のあとの出待ちをしたということ。マチャミはさっと、車に乗りこんだけど、(マチャミ、とってもかわいかったそうです。)、大島さんはゆっくり出てきたので、思い切って握手を頼んだのだそう。それを聞いて、「いいなあ。」とうらやましがる他の女の子たち。

ふと、その会話を聞いていて、疑問がわいてきました。

そういえば、日本でミュージカルやお芝居を観たあとって、出待ちする人はいるんでしょうか? また、出待ちって許されるものなんでしょうか?

昔、宝塚を観たあと、出待ちをしたことはあります。多くのファンクラブの方に混じって。でも、あれは、「宝塚」という、ある意味、特殊な世界なので出待ちも許されるのかな、と勝手に思っていました。きっちりとファンクラブが機能していて、「出待ち」という儀式をちゃんとうまくしきってるファンの方がいて・・・。

実は・・・この前、初めて劇団四季の作品(「春のめざめ」)を観た後、いい作品だったので、出待ちをしたいと思いました。けれど、ステージドアの場所もわからないので、しばらく劇場の外で出てくるお客さんの流れを見守っていました。が、特に出待ちをする感じの方も見受けられなかったので、あきらめて帰ってきました。劇団四季さんは、きっちりとしたポリシーをお持ちの劇団ですから、ファンと役者さんの舞台以外での接触、出待ちなどに対して、BROADWAYとは違うお考えを持ってらっしゃるんではないのでしょうか? どうなんでしょう??

他の作品などでも、出待ち事情はどういったものなのでしょうか? BROADWAYでは、ファンがステージドアの前で待つのは、嫌がられたりはしないのが普通ですが・・・。日本の事情はどうなのかな?。。。昨日の娘のお友達の体験談を聞いて、ふと思ったのでした。

大島さんの手、やわらかくて、とてもきもちよかったそうです♪
最新記事
プロフィール

フブキ

Author:フブキ
FC2ブログへようこそ!
NYでBROADWAY
に目覚め、やがてSPRING AWAKENING
に魂を奪われてから、すでに1年あまり。しかし、ごく最近、4年ぶりに東京にもどってきました! 久々の東京生活も実にスリリング♪

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
現在の時刻 《東京・ニューヨーク》
日本は今何時かと、いつも気になります。