FC2ブログ
2009-07-31

ごはんはお茶碗でないとね! ~IKEAグッズもいいんですが・・・~

ikea 食器



帰国して1カ月、ずっとずっと使ってきた、IKEAのプラスチックの食器。
ご飯もおみそ汁も、ぜーーーんぶ、このIKEAプラスチック食器が頑張ってくれました。

NYでもおやつタイムで毎回大活躍してくれていたんですが、軽いし、割れないし、 帰国のときも全部持って帰ってきたのです。しかし、やっぱり・・・

ごはんはお茶碗で食べるほうが100倍おいしい!
おみそ汁もお椀がいい~~~~~~~~~~~!


と、発見。いえ、というより、それはわかりきっていたのですが、船便が届くまでの我慢、船便が届けば、食器がくるんだからそれまでの我慢!・・・と思ってきたのです。が・・・

とうとう我慢できなくなりました。そして、近くのスーパーや100円ショップで買っちゃいましたよ。じゃーん。

お茶碗

引っ越しも近いというのに、なぜ今? それならもっと前にこうすればよかったじゃん!と、自分でつっこんでます。ともあれ、お茶碗で食べるご飯、おいしいです♪
スポンサーサイト
2009-07-31

タイムリーな記事!  ~『思い立ったら即、観劇』ですって♪~

やっぱり、舞台が好き!と、思い知った私に、昨日タイムリーな記事が♪ 日経新聞の夕刊だったのですが、ズバリ

『思い立ったら即、観劇』 というタイトル。

演劇関連の情報やチケット購入サイトが充実してきたという内容です。これは嬉しいニュース。あるサイトでは、キャンセルで余ったチケットを安く販売することもあるそうです。

NYでも、予算が限られていたので、いつも割引チケットを利用していました。大体120ドル前後の正規料金のオーケストラ席を、70ドルから80ドルほどで購入していました。割引チケットでは、そんなにいい席は取れません。が、はしっこでも、1番前の座席だったり、結構お得感のある座席がゲットできることも少なくなかったのです。(ただラッキーだっただけかな?) もちろん、WICKEDやJERSEY BOYS、BILLY ELLIOTなど、人気の高いものは割引なんてまずありません。が、大体の作品は多少安く購入できるチャンスがありました。たとえば、エンターテインメント情報を提供するPLAYBILL.COMなどで無料でメンバー登録すれば、割引チケットが買えるコードが見られます。

日本でもそういうサイトがあるのかな?と思っていた矢先のこの記事。実際にリストアップされていたサイトを見てみないことには何ともいえませんが、いろいろ調べてみる価値がありそうです♪

記事の中で紹介されていたのは、TICKETS@TOKYO や 、カンフェティというチケット購入サイト、シアターガイドという情報サイトなど。きっと、こういうサイトをすでに上手につかっていらっしゃる方も多いのでしょうね! 私も研究しなければ~。
2009-07-30

やっぱり舞台が好き! ~次の観劇予定~

26日に観た「春のめざめ」。考えてみれば、NYで6月25日に「NEXT TO NORMAL」を観て以来の観劇でした!

そこで気がついたことがありました。やっぱり、舞台が好き、ということです。舞台に立つ人、舞台を支える人、そして観る側の人が、みんなであるワールドをつくりあげるわけです。同じ空間で同じ空気・同じ時間を共有する一体感。

ああ、やっぱり日本でも舞台から離れられないかも?

そして気が付いたら、来週、引越前日というのに、あるお芝居のチケットを買っていましたよ;;;;;;

ブラックバード。

昨日、日経新聞の夕刊に劇評がのっていたのですが、何やらダークな愛の香りについ、くらくらっとしまして・・・。

主演は、内野聖陽さん! 特別ハンサムというわけではないですが、素敵ですよね。なんといっても、一路真輝さんの旦那様ですし、なーんて。(一路さんのオスカルが美しくて好きでした♪)

ふふふ、楽しみ。引っ越しは、もう行き当たりばったりでいいってことで。
2009-07-29

ワォ! HUNTER PARRISH、嬉しい近況   ~超大物女優と共演~

SPRING AWAKENINGで去年の8月から閉幕まで、主演したHUNTER PARRISH. 彼のMELCHIORの演技が毎回とても素晴らしく、またファンをとても大切にしてくれる人柄にも魅力を感じ、MATT DOYLEとともに、本当に本当に大好きな役者さんなのです。

が、MATTとちがって、HUNTERはブログを書いていません! なので、近況がなかなかわからず、ああ、いったい今頃どんな仕事をしているのかなあ、と最近もよく考えていました。ら、現在発売中のアメリカの男性向け雑誌に彼のインタビュー記事が載っていると判明。さっそく、その雑誌「GQ」の記事をネットでチェック!

hunter寝そべる

わーい、HUNTERだ、HUNTERだ! ちょっとおとなっぽくなりました。5月13日の誕生日で22歳になったばかりのHUNTER♪ 1987年生まれ♪(MATTも劇団四季の柿澤くんもそう!) 

人気テレビドラマ「WEEDS」では、マリファナを売ったり、年上の女性とラブシーンを演じたり、なかなか凄い青年を演じていますが、実際はごくごく普通の若者、という印象。現在アメリカで放映されている「WEEDS」のシーズン5はどんな評判なのでしょう。

そうそう、HUNTERのとっても嬉しい近況が、GQの記事の中でわかりました。現在、ある映画の収録中なんだそうですが、共演している女優さんがすごいんです!

あの メリル・ストリープ!!!!!!!!!!!!!

タイトルはまだ未定のコメディーだそうなんですが、メリル・ストリープとアレック・ボールドウィンの息子役ということです♪ これは絶対、絶対すごいですよね? なんといっても天下のメリル・ストリープ!( この前も彼女、来日したさい、美智子妃殿下とお話してましたよね? 関係ない話ですね~~。 ) いやあ、嬉しいです! HUNTERは演技力も十分ありますが、まだまだハリウッド映画で主役をはれるところまでいっていません。でも、こうやって一作一作、経験を積んで、諸先輩たちから刺激を受けながら、どんどん成長していってくれると信じています。

フレーフレー、HUNTER! 日本でもこの映画、公開間違いなしですね。なんといっても、メリルですもん♪

GQの記事はこちらからどうぞ!
2009-07-28

「春のめざめ」、お客さんたち  ~今度こそは!~

26日、劇団四季「春のめざめ」を観た時、舞台だけではなく、興味深かったのはお客さんたちの反応ぶり、特にカーテンコールのとき、でした。

BROADWAYではどんな作品を観ていても、お客さんたちが騒がしい、のです。無駄なおしゃべりで騒がしいのではなく、ちょっとした舞台の上の出来事に反応して、ゲラゲラ笑ったり、「ええええ!」と激しく驚いたり、「そんなあ!」と嘆いたり・・・。もちろん、カーテンコールでは、拍手だけでおさまりません。ヒューヒューという口笛、「ブラボー」という声、もうすごい騒ぎ、騒ぎ、騒ぎ。だだだ・・・という感じでみな立ちあがって、スタンディングオべーション。素晴らしいパフォーマンスには、もう全身をつかって「素晴らしかった、よかった!」ということを舞台の上の役者さんやスタッフの方たちに伝えようとします。じっと、座席に座って静かに拍手だけ・・・ということは全くありません。(もちろん、作品がそれほど面白くなかったら、拍手もまばらで、お客さんたちもすぐ座席をたって帰ってしまうでしょう。が、非常に面白くなかったらなかったで、ブーイングが出たりするでしょう。)

そういうお客さんたちに慣れてしまったせいか、今回、「春のめざめ」のお客さんたちの物静かな態度には非常にびっくりさせられました。宝塚、キャラメルボックスなどの作品が好きで、以前よく足を運んだのですが、うーーん、お客さんたちの反応ぶりってどうだったでしょう? もうちょっと、にぎやかだったような気もしますが、記憶が定かではありません。

ただ、「春のめざめ」は、ショッキングな場面もあり、きっとどう反応していいか戸惑われたかたも多かったと思います。BWででも、年配のお客さんが途中、過激すぎるといって退席されたこともあったと聞きます。が、私が観た27回の公演中は、そういう方はおられず、HANSCHENのひとりエッチのシーンでは大爆笑が起こり、WENDLAとMELCHIORが結ばれるシーンでは、「あらあら」「わあ、そこまでやるの!」という驚きのさざ波が客席を走ったりしましたが、面白がっていらっしゃったり、このストーリーならこういうシーンも必要よね、と納得していらっしゃる雰囲気が、しっかり伝わってくる息遣いや仕草がありました。けれど、「春のめざめ」のお客さんたちが、場面場面をどうとらえていらっしゃるのか、ちょっとよくわかりませんでした。やはり、そこは礼儀正しく、外に感情を表すことの多くない日本人の特性なのでしょうか。

けれど、カーテンコールのときはもっとにぎやかに「よかったよ」「素敵だったよ」という気持ちを、率直に客席から舞台に向けて伝えられたらいいなあと思いました。

最後、役者さんやスタッフの方が舞台に並んでくださったとき、「いい作品だった」と思ったので、思わずいつもするように、スタンディングオべーションをしようと膝の上のバッグをどけて立ち上がろうとしました。が、ふと周りをみたらだあれも立っていらっしゃらない。けれど、拍手の大きさと鳴りやもうとしないその響きから、お客さんたちがこの作品に感銘を受けていらっしゃるのは明らか! 

立とうか、どうしようか? 思わず躊躇してしまいました。しかも、「ブラボー」や「ヒューヒュー」もない。ただただ、寡黙に大きな拍手が続くのみ。こんな状況で、立っていいものなのか、わからなくなってきました。ひょっとしたら、立ったら失礼だとか? 少なくとも、私の後ろの座席の人には迷惑だろうな・・・。そう思ったら、立てなくなってしまいました。拍手を続けながら、きょろきょろあたりを見回す私。立ちたい、立てない、立とうか、むむむ、立っていいのか?

BWでは普通カーテンコールは2回。3回あることは、そんなになかったです。なので、寡黙な拍手が続く中、2回目のカーテンコールが終わった時、もう終わりかな、結局立てなかった、残念・・・と思いきや、鳴りやまない拍手にMELCHIOR,WENDLA,MOLITZが登場。そして、柿澤勇人くんが最後に残って、客席に深々とお辞儀をして去っていったので、もうこれで終わりか・・・と思ったら、まだまだ拍手は終わらない。と、そのうち、舞台に近い中央の座席の女性がはじけるように立ちあがってくれました!

おお、立っていいんだ! お墨付き!とばかりに、後ろの座席の人、ごめんなさいと心でつぶやき、やっと立った気の弱い私です。(どこが?という声が聞こえてきそう・・・) そうしたら、あっちでちら、こっちでちらと、少しづつ立つ人も。それでも、10人ちょっとだったでしょうか。(1階で。2階は見えませんでした。) それでも、劇場内に響くのはただただ拍手のみという静寂にはあらざる静寂。ああ、なんて静かなスタンディングオべーションだろう。不思議。とっても不思議。正直、居心地、悪いっす!などと思いながら、立ちながらひたすら両腕を高くあげ、拍手して、「いい舞台でしたよ!」と表現するのみ。

そのあとも、なんとまた全員で舞台に出てきてくれ、そのあとメインの3人が残り、柿澤君がひとり最後にお辞儀をしてくれ、でもって終わりかと思ったら、またまた3人登場してくれ・・・。(そのときに、両手をあげて客席に一生懸命に手をふってくれる3人の姿が愛らしかったです♪) そう、そして本当に最後の最後、また深々とお辞儀して舞台裏に入って行った柿澤君・・・。すごい、なんだか、おかわりを何度も何度ももらったみたいな、こんな長い、密度の濃いカーテンコール、初めてでした♪

ところで・・・思ったのですが、カーテンコールのときはもっと、にぎやかになっってもいいんじゃないでしょうか? といっても、日本人が「ブラボー」って声をかけるのは違和感があるし、「ヒューヒュー」って口笛や指笛するのは得意じゃないし、いったいどうすればいいんでしょう? で、ちょっと考えたのですが、「ワー」っていいながら拍手するってどうでしょう?簡単だし、声が出てるので、ただ拍手が鳴り響くより、元気があっていいと思うのですが???? それから、もっと気軽に立ってもいいかな、と思いましたがどうでしょう? スタンディングオべーションが、やはり、役者さんへの称賛の気持ちを伝えやすいと思います。

といいながら、私自身、自分だけ立つのを躊躇してしまったわけですから、言えた立場ではないのですが。最初に思い切って立ってくださったあの女性に感謝です。今度は、絶対に自分の気持ちに素直に立とうと思います♪

春め 裏パンフ 21%

「春のめざめ」のパンフレットの裏の素敵な1枚。男の子たちのこの制服がいいですねえ。 







2009-07-27

「春のめざめ」 BWと違った演出  ~素敵だったWISPERING~

ふたりのみ春め 裏 

見つめあう、MELCHIORとWENDLA. この写真は、「春のめざめ」のパンフレットの裏の一部です。プログラムには、出演者の舞台での写真がたくさんあって、柿澤勇人くんの演ずるMELCHIORの素敵な写真もありました。が、勝手な転載はできません。けれど、このパンフレットには転載について細かいことが書いてなかったようなので・・・。

さて、昨日書ききれなかったことを少しつづりたいと思います。それは、BW(BROADWAY)の公演とは違う演出が2つあったこと。ひょっとしたらもっとあったかもしれませんが、私が気づいたのはこの2つだけでした。

ひとつは、2幕目、WENDLAが自分が妊娠していることをを知った後に、歌いあげるWISPERINGの場面。BWでは、WENDLAがひとりで歌いあげるこの場面。大好きな場面のひとつでした。自分が性に対して無知だったがゆえに妊娠してしまったという事実、衝撃。そのことで家族にも苦しみを与え、周囲からは白い目でみられることになるという悲しみ。けれど、恋する愛しいMELCHIORとの間に芽生えた、新しい小さな命への祝福、喜び、そして希望。赤ちゃんを産みたい、どんなにつらく険しい道でも、私は赤ちゃんを産むの・・・という思いを切々と静かに、だけど時には力強く歌うWENDLAに何度私の涙腺はゆるんだことか。

そして、昨日も、林香純さん演じるWENDLAがWISPERINGを静かに歌い始めました。(のびのあるいい歌声でした。)。。。と、何やらかぶって聞こえてくる声が! 「?」と、よく見ると、舞台後方の高い場所でひとりぽつんと座っている柿澤勇人くん演じるMELCHIORがところどころ、しずかに歌っているではありませんか。WENDLAの歌声の影のように、ささやくような、静かな寂しい声で。

BWでは、WENDLAが歌っている間、少年院(更正施設)に送り込まれたMELCHIOR(舞台後方の高い位置でポツンと座っているのが、その設定を表している。家から、地域社会から追放されてしまったイメージ。)は、大人に抗おうとしても結局は無力な自分、恋しいWENDLAに会って抱きしめたいのにかなわない状況に対する怒りと悲しみを瞳に宿しながら、観客席の遠くをじっとみつめています。その切ない、MELCHIORの表情もとっても好きでした♪ が、そっと声をWENDLAの歌に乗せるMELCHIORも、とても情感があってよかったです。この作品が伝えようとする、美しくて悲しい少年少女の心、思いが、凝縮されたシーンでした。素敵な演出だと思いました。

そして、2つめの違い。これも2幕目。ラストに入る直前、ILSEたちWENDLAの友達の少女たちが集まって、MELCHIORからの手紙を読むシーン。BWではなかったせりふがありました。

「かわいそうなメルヒオール。」
「かわいそうなのはベンドラよ。」(BWでは、ここまで。)
「ベンドラは、メルヒオールが好きだったのかしら?」
「今となっては、だれにもわからないわね。」

細かいことははっきり覚えていませんが、こういう会話になっていました。

WENDLAが、MELCHIORが好きだったのか? この疑問を友人たちが抱くのはなんの不思議もありません。THEAがMELCHIORが好きなのは周知の事実でしたが、WENDLA自身は、偶然MELCHIORと森の中で出会うまでは、特定の異性に対して恋を抱いていたわけではなさそうですし、MELCHIORと出会ってからも、そのことを誰かに話したようではありません。なので、突然WENDLAが死んでしまって、MELCHIORからWENDLAに会いたいという手紙がきたとき、こっそりふたりの手紙のやり取りを助けていたIRSE以外の友人たちは、いったいふたりの間になにがあったのか疑問に思って当然です。(それに、WENDLAが妊娠していたことや、なぜ死んでしまったのかという本当の理由もこの少女たちが知っていたかどうかは定かではありません。)

けれど、WENDLAがMELCHIORを好きだったのか、というせりふは必要なかったのではないかと思いました。ひょっとしたら、「今となってはだれにもわからないわね。」という、余韻の残るせりふを導くがためだったのでしょうか。けれど、「今となっては・・・」のせりふによって、WENDLAがもう存在しない、つまり死んでしまったということが、この場面でより明らかになっています。

去年3月、初めてBWでSPRING AWAKENINGを観た時、下調べなしに観たので、「かわいそうなMELCHIOR。」「かわいそうなのは、WENDLAよ。」(”POOR MELCHIOR.” ”POOR WENDLA!”)この場面では、まだはっきりWENDLAがどうなったのか確信が持てず、ラストがどうなっていくのか、どきどきはらはらしながら次の場面を待ちました。なので、この「今となっては・・・」というせりふも必要ない、むしろないほうがよいのでは、という感想を持ちました。しかも、残念ながら、妙に落ち着いた、教師が子どもに語りかけるような印象の話し方(四季節)だったためか、とってつけたような印象がどうしてもぬぐえませんでした。この部分は、違和感が強かったです。

・・・とあれこれ、昨日から書いてきましたが、すべて私個人の勝手な感想ですので、ご了承ください。
はっきり言えるのは、よい作品だったということ。柿澤勇人くんのMELCHIORが素晴らしかったということ。柿澤くんのMELCHIORを観るがためだけにもういちどこようかと思い、終演後、劇場ロビーにて、四季の会入会手続きをしようか、真剣に悩んだほどですから!

そういえば、昨日書き忘れていました。柿澤くんのMELCHIORはどんなMELCHIORかということです。今まで、JONATHAN GROFF,HUNTER PARRISH,MATT DOYLE,KYLE RIABCO,JESSE SWENSONの演じるMELCHIORを観ましたが、柿澤くんのMELCHIORは今までのMELCHIORとは違う魅力がありました。やんちゃ系、いたずらっ子系、そして憎めないおちゃめ系・・・・。JONATHAN,HUNTERにちょっと近い印象もありますが、もっと子ども子どもした、幼いところを感じました。

でも、演技が幼いという意味ではありません。演技にも華があります。声もよく出ていて、最後、泣き叫ぶシーンでも、本当に感情の入ったいい声が出ていました! 

身体つきも、きれいで、すっとしていて、ビジュアルもグーグーグー♪♪♪ 後ろ姿が少年らしくてかわいらしいんです。

・・・それから、明日はお客さんのことを、ちょっとばかり書いてみたいです。少し驚いたので。
2009-07-26

劇団四季 春のめざめ 観劇記 (続き)

劇団四季の「春のめざめ」。始まりました。が、観る前に、自分のなかできめておいたことがひとつ。

これは、「SPRING AWAKENING」ではなく、「春のめざめ」という別の作品。だから、BROADWAYの「SPRING AWAKENING」と単純に比較はしない。

「春のめざめ」という作品を、素直にそのまま受け止めたいと思ったのです。

ところが、どうしても反応してしまったところが2つ。まず、ラテン語の授業のとき、ボーイズが歌って踊る、あの大好きなシーン。THE BITCH OF LIVING。どうしても、日本語の歌詞が面白すぎて、肩を震わせながら静かにこっそり笑ってしまいました。けれど、誤解しないでください。嫌な感情で笑ったわけではありませんでした。制作発表でも、この歌を披露してくれていたのですが、そのときは率直に嫌でした。なぜ、こんなかっこ悪い歌詞にしてしまうんだろう?と。歌っている役者さんたちもかわいそうだと思ったくらいでした。

けれど、今日、実際に一生懸命歌って踊る役者さんたちの姿を見ていたら、なんだか愛しく見えてきて、でも、歌詞がやはりすごくて、ときどき聞いていて恥ずかしくなってしまい、ふと頭に浮かんだのが、BROADWAYのメンバーが日本語を完全に理解できてこの歌詞を聞いたらどんな反応を示すかな・・ということ。きっと、びっくりするだろうけど、意外に気にいるんじゃないか・・・などと想像してしまったら、やけにひとり受けしてしまったのでした。

2幕目のTOTALLY FUCKEDのときは、やはり歌詞関連で、ちょっとまたひとりうけ。でも、「ファ○ク」という単語がうまく歌詞にはめこんでありました。

が、歌詞でひとりうけ、つまりちょっと反応してしまったのはこの2か所だけでした。あとは、非常によく考えられていたと思います。もちろん、本当は、オリジナルではもっとこういうニュアンスの内容の歌詞なのに・・・と思うことはありましたが、しかし、うまい詞、と思わせられた歌もありました。

そして、さらに驚いたのが、1幕目のMELCHIORとWENDLAが結ばれるシーンの演出も、オリジナルと同じだった点。てっきり、早い段階で、舞台を暗転させるなど、オリジナルとは違うマイルドな手段をとるのではないかなと思っていたのでびっくりしました。きっと、すごい議論が劇団内でもかわされたことと思います。が、オリジナルのままという決断。正直、嬉しいというかほっとしました。あのシーンがマイルドな演出に変わっても、作品自体のもつ美しさには変わりはないと思います。けれど、あのシーンがあるからこそ、大人たちの権力に必死に抗い、自分の信じるまま生きたいと望む少年と、初めての恋にも自覚もない純真なままの少女との間に突発的におきてしまった(若さゆえの)過ちの残酷さ・・・というものが、より具体的に観る者の心につきささっていくのだと思います。でも、マイルドな演出も観てみたかったですが!

そしてそしてそしてそして!

なんと言っても、今日の大発見は

MELCHIORを演じた 柿澤勇人くんです!

声がいい、歌がいい、演技もいい、体つきもいうことなし!

彼がいるからこそ、この「春のめざめ」という作品が、成功しているといえます。(逆にいえば、彼がいなかったら魅力のない舞台だったかもしれません。) たぶん、パーマなんではないかと思いますが、ちょっともじゃもじゃっとしたヘアスタイルが、偉大なオリジナルキャストのJONATHAN GROFFを彷彿とさせます。彼のいいところは、せりふが生きていること。

「四季節」・・・というものを、以前耳にしたことがあります。劇団四季の作品では独特のせりふの言い回しがあり、それを四季節と呼ぶ人たちがいるらしいのですが、なにせ私の四季観劇は今回が初めて。なので、四季節とはいったいなにか、知る由もなく・・・。

けれど、どんどん観ているうちに、ひょっとしたら、これがいわゆる「四季節」かな?という気になるせりふのいいまわしがわかってきました。ほぼすべての役者さんがそういうしゃべり方です。正直にいうと、そのせりふのいい方は、この作品ではマイナスだと感じました。特に、MORITZがそういう、馬鹿丁寧な印象のゆっくりした調子のしゃべり方だということもあって、ただの根暗な少年という印象で終わってしまいました。MORITZのお父さんもそう。なんだか、迫力がない。ILSEもそう。はすっぱな感じが、せりふの言い回しの影響でなんだか中途半端。残念。場面によっては、役者さんがしゃべっていて、なんだか、あやつり人形がしゃべっているような印象さえ受けることも。

しかし、柿澤隼人くんのせりふは違いました。生きていました。むろん、彼も、四季節であったとは思います。が、なんというのか、彼のせりふには勢いがあり、心があった。彼には、ずっとこのまま、四季節にどっぷりそまらないでほしいと思いました。とにかく、声がいい役者さんです。声優さんにもなれますね!ガンダムシリーズなんかで美形キャラを演じるととってもお似合い! けれど、彼自身のビジュアルも素敵です。華のある役者さんです。体つきも、しなやかで少年らしい、すっとした体つき。うんうん、MELCHIORだ、彼も本物だ!

「四季節」が作品によってはぴったりあうこともあると思います。ただ、この作品は、少年どうしで本音を話すシーンなども多く、もっと普通の話し方のほうが絶対に、観客もより自然に作品の中に入っていける気がします。(もっとも、四季節がなくなれば劇団四季の作品ではなくなるのですよね~~~。)

柿澤くんのMELCHIORを観るがためにだけ、もう一度「春のめざめ」に行きたいと思えました。あとは、IRSE役の金平真耶さんの歌がよかったです。透明感のある声でした。

HUNSCHEN,ERNSTのキャスティングはやはり難しいなあと感じました。ただ、不気味なだけのHUNSCHEN,ただなよなよ系のERNSTでは、魅力はありません。

しかし、全体的に、まとまったしっかりした作品だったと思います。とにかく、柿澤隼人くんのMELCHIORはすごくよかった! まだ入団2年目だそう。いえ、彼だけでなく、ほとんどの出演者が同じくらいの入団歴。バンドの方もみなさんお若かったし、本当に若さあふれる舞台でした!

BROADWAYでも結局買わなかったプログラムも買ってしまいました~。1200円。写真もたくさん入っていて、制作日記のようなものもあって、読みごたえもあります♪

(柿澤勇人くん、1987年10月生まれだそう。1987年! MATT DOYLEや HUNTER PARRISHと同じではないですか! 87年生まれには、期待の星が多いですね♪)

明日は、もう少しだけ、今日の観劇のことを。

                                                        
2009-07-26

劇団四季「春のめざめ」観劇記  ~またしても87年!~

7月26日、日曜,快晴! 風もさわやかな、観劇に絶好日和。行ってきました、浜松町は、自由劇場に。

生まれてン十年たちましたが、劇団四季を体験するのは今回が初めて、です。なぜだかこれまでは、全く縁がありませんでした。

SPING AWAKENINGを、四季が上演するとNYで知った時は、かなりショックでした。まず、「この作品を日本で上演するにあたっては、日本にあった演出になるだろう」という内容の、四季のコメントをどこかで目にしたこと、また、四季というと、わたしの中では円熟した役者さんというイメージがあり、そうした役者さんが無理して若者を演じるのではないか・・・などと考え、せっかくのSPRING AWAKENINGがもつ「若さがゆえの悩み、悲しみ、そして愛」というテーマをが、うまく伝わらない日本版SPRING AWAKENINGになってしまうのではないか・・・と思ってしまったからです。

そして、さらに四季の制作発表のときに、キャストが披露した歌の日本語の歌詞が、「ぶっとび」もので、これはもう、期待しない、とはっきり思ったのでした。

が、その後、期せずして、日本に帰ることになり、「四季のもよかったですよ。」という、おすすめも頂き、本日にいたったのでした。

浜松町の駅を出、自由劇場にむかう道を歩き始めた途端、さあっとふきつける風が海のにおいを運んできてくれました。青い空に潮風! いい感じ!

やがて、劇場の看板とともに、なつかしいポスターが!


 001自由劇場


外観もおしゃれな、きれいな劇場です。

自由劇場劇場口

入り口近くに、本日の出演者リスト。しかし、どなたの名前もさっぱり心当たりがありません!当然ですが。いったいどんな役者さんたちなのか、わくわくしてきました。

春め 出演者リスト

お客さんたちはいったいどういう人たちが多いのかな、ということにも興味がありました。やはり若い方が多いですが、年配のかたもかなりいらっしゃいました。夏休みということもあってか、ご家族で・・という方も少なくなかったです。少ないですが、中学生くらいののお子さんもいらっしゃってました。

座席は舞台むかって左側の前から4列目。中央通路から3席目。BROADWAYのときにもよく座った座席と位置がよく似ています。また、舞台も、なつかしい蝶の片羽、人物の写真、曲名が書かれた黒板(ちゃんと英語表記でした。)、素朴に並ぶステージ席の木のいすなど、思わず、タイムスリップして、1年前のBROADWAYにいるような錯覚に。ただ、印象的だったのは、BROADWAYの舞台にはなかった、横にして壁にかけられた、(確か)額に入った少年の衣服。あたかも横たわる少年のよう。勝手にモーリッツのイメージがわいてきました・・・。トロント公演でも、BROADWAYとは、微妙に舞台正面の壁に掛けられたものが違っていて、興味深かったのを思い出しました。

2階席はどうだったかわかりませんが、1階のお客さんの入りはまずまず。後ろの端の席が空いている程度。四季の会会員の方が多いのかな?などと思いながら、ひとり客席もきょろきょろ見まわしたりしておりました。

そして、開演時間10分前くらいから、ドラムの方が席に座り、軽くならしの演奏を。開演前のムードを盛り上げる・・・という意味もあるのでしょう。が、しばらくして流れた、観劇に際しての注意事項の館内放送が、よく聞こえず、こういうときには、演奏は控えめにしてもらえたらいいのに、と思いました。(余計な話ですね。) けれど、そのあと、次々に座席についたバンドのかたたちの若いこと! 驚きました! 当然ですが、この方たちも四季の団員さんですよね? 団員さんの層が厚い、ということでしょうか!

そして、始まりました、春のめざめ!

日本語歌詞はどうか? MELCHIORとWENDLAが結ばれる1幕目終わりの演出はどうか? HANSCENとERNSTのシーンはどうか? そして、役者さんたちの技量はどうか?

肝心の続きはこのあと、またすぐに。

2009-07-24

戦国ロマン?  ~すごいこじつけではありますが~

あと10日ちょっとしたら、また引越する我が家。引っ越しといっても今回は、歩いて10分ほどの距離。が、もちろん引っ越し屋さんにもお願いしてあります。(いくら近くても、大きなものは自分たちでは運べません~~。)

さて、今度引っ越しをする自宅の近くに、戦国時代のある武将の一族の菩提寺があるのですが、この自宅を買うことに決めたとき、なんとなく、この土地が呼んでくれたような、懐かしい感じがしたのを覚えています。

そして、この前、ポケモン映画を見にいったとき、他の新作映画の予告編がながれたとき、あの「クレヨンしんちゃん」映画の傑作、「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ! 戦国大合戦」を実写版にした、草薙剛主演の映画もあったのです。(これも面白そうでした!) 

その影響だったのか、ふと、そういえば、私の北陸の実家も、たどれば武士だといっていたし、今度引っ越す自宅近くにあるお寺にゆかりのある戦国武将と、ひょっとしたらなにかつながりでもあるかな、(ま、ないだろーけど・・・)と、突然興味がわいてきたのです。それで、試しにネット検索で、その武将の名と私の実家の名字(少し珍しい名字なのですが・・・。)を打ち込んでみました。

すると・・・。

驚いたことに、いくつかヒット。そのうちのひとつを読むと・・・

なんでも、その戦国武将の家臣が,上杉家の家臣のひとり(私の実家と同じ名字)とつながりがあったそうです。

思わず、ちょっと歴史を勉強してみたくなりました。もちろん、私の実家のご先祖さまとはとなんの関係もないと思いますが、ひょっとしたら、すごーーーーーく遠縁のそのまた遠縁のそのまた遠縁の・・・・という感じで、ナノ単位の細いつながりがあったかも?

面倒な引越ですが、よし、頑張るか!・・・と戦国ロマンモードになった一瞬でした♪

2009-07-23

心待ちの 皆既日食!    ~しかし、雨が、雲が・・・~

昨日の皆既日食を、とっても心待ちにしていた息子。が、朝からぐずついたお天気で、気もそぞろ・・・。

週末に、父親と一緒に作った皆既日食を観察する道具を持って、じっと空を見ていましたが、結局道具の出番はなし。

11時半ごろだったか、曇り空が多少薄暗くなった感じはあったものの、それでおしまい。

けれど、北陸の私の実家の母が、11時半すぎ、電話をくれて息子に北陸の空の様子を伝えてくれました。実況中継のように!

「今ね、部分的やけど、太陽隠れてね、空も暗くなっとるよ!」

北陸の空は晴れている模様。息子はそれを聞いて、「いいなあ、いいなあ。」と。しかし、26年後にまた見ると決意したよう。再来年も月食を見ると。

NYにいたときに、息子が自分のお小遣いをはたいて(むろんそれでも足りなかったので、不足分は夫が自分のお小遣いをつぎこみました。) 買った天体望遠。帰国するにあたり、東京では使い道がないだろうから、だれかに譲ろうと話した時、超渋い顔をした息子。その渋顔に、やっぱり持って帰るかと船便の中に入れました。どうやら天体が好きなよう。26年後、息子も37歳。いったい何をしているやら。ひげも生えたりしてるんでしょうね。想像したらおかしくなってしまいました。

日食用品001

手作りの日食観察道具。結局出番なし。日光を鏡でとらえ、それを小さな穴に通し、その穴から出る光を壁などにうつして、日食の様子を見ようとしたらしいです。

2009-07-22

MATTの2回目 ライブ 日程決定  ~ゲストもいろいろ・・・~

初ソロライブの前売りチケットがすぐに売り切れとなり、急きょ追加ライブが決定となったMATT DOYLE♪ 2回目の公演は、8月27日と決まったよう。

両公演とも、SPRING AWAKENINGで共演したLili Cooper, Alice Lee, and Blake Danielらが出演とのこと。(Blakeは、EMMA HUNTONのライブにも出演するので、いそがしいですね!)

Lili Cooperの深い歌声も生で聞けるなんて、とっても素敵なショーになりそう。Alice Leeのかわいい笑顔も見られるし♪ Alice LeeとMATTのデュエットがまた聞けるのでしょうか?(以前SAメンバーのライブのときにふたりが歌ったシーン、YOUTUBEで見ましたが、すごくよかったです。ふたりとも、楽しそうで。)

SAファンにとってはたまらない豪華ゲストも出演するMATTのライブチケットが12ドル。きっと追加ライブチケットもすぐSOLD OUTになるのではないでしょうか?

ところで、MATTのライブのお知らせ用の写真、不評だったのか、ブログでこんな一文が。

EDIT: The picture is fixed. Let's just say updating a photoshopped image after a long rehearsal and a few glasses of wine is never a good idea.

追記:写真はもうこれで決定です。長いリハーサルとワインをちょっと飲んだあとのフォトショップ画像を更新するのがいい考えとは、とても思えないからね。


これを読んで、あの写真の、とろんとした目はやっぱりワインの影響・・・と、くすっと笑ってしまいました。ひょっとしたら、MATT,お酒にそんなに強くないのかも? もしそうだとしたら、私も同じタイプです、と思いっきり親近感。(お酒好きですが、たくさん飲めません。)

matt joes pub トリ001

眠そうにも見えるMATT。でも、すごくいい顔でわらっているように見えます。お酒にほろよい加減なときに、こういうふうに笑える人って、楽しい飲み方できる人のような気がします♪
2009-07-21

適正年収はおいくら?  ~試しにチャレンジ~

来春、末娘も小学生。となると、自分も再就職・・・できるかなどうかな・・・と漠然と考えています。

が、HOME ORGANAIZER(専業主婦、HOUSE WIFEという言葉は好きじゃない、とアメリカ人の友人が使っている造語。家庭運営管理人、といった感じでしょうか!)として13年。そもそも雇ってくれる場所があるのか? はたして雇ってもらえる価値が自分にあるのか? 

と、目にとまったのが、「あなたの適正年収計算します!」という広告。それで、ちょっと試しに・・とやってみました。

今までの年齢、経歴や、資格などを書く欄があり、最後にはパーソナリティー(性格)テストもあって、かなりまじめに作られていて、驚きました。5分くらいはかかったでしょうか。

結果・・・。

ゼロ円になるんじゃないかと思っていたので、それに比べると全然OK。ひょっとしたら、NYでBROADWAYに通いだす前に、お金と時間をかけてとった、コンピューターマネージメントの資格がきいたのでしょうか? (一回、長い時には4時間近くの試験をいくつも受けました~。毎日、学校に通って勉強したのですが、今ではほとんど知識が残っていないですし、すでに時代遅れのものも。)

ただ、帰宅した夫に、同じ適正年収診断にトライすすめたら、私の診断結果と大きくは違わなかった・・・。もちろん、夫のほうが多いわけですが、13年ブランクがある私と現役バリバリの夫・・・。うーん、大丈夫か、わが夫・・・。心配になってきました。やはり、まじめに就職活動したほうがいいかも? 
2009-07-21

夏といえば夏祭り、 夏祭りといえば… ~新しい家族?~

昨日、近くの小学校で夏祭りがありました♪ 焼きそば、わたあめ、ヨーヨーつり・・・。そして、なんといっても、夏祭りには・・・

金魚つり!

我が家にも金魚さま御一行がいらっしゃることに。この金魚さんたち、すこぶる元気はつらつ。とりあえず、帰宅後、ビニール袋のまま、テーブルの上の丸い器にいれておいたら、ビニール袋の開いているところから、数匹が飛び出していました。あわてて、息子が拾ってビニールの中にもどしていました。(この息子、昆虫もぬるぬるするものも触れないのですが、金魚のピンチには勇気をふりしぼったらしく、素手で金魚さんを拾い上げておりました~。) しかし、このあと1時間くらいして、夫が「ここにもいたよ。」と、テーブル下の床からも一匹のご遺体を発見。さすがにもうお亡くなりになっておりました。合掌。かわいそうなことをしました・・・。

さて、本日、金魚への愛に目覚めたらしい息子と夫が先導にたち、金魚さんのおうち、水槽や飼育に必要な一式をそろえてきました。

001金魚

広くなった場所で気持ちよさそうに泳ぐ金魚さんたちに、みなうっとり。手をちかづけると、餌をもらえると思うのかよってきたり・・・。

002金魚

しかし、水槽などを買ったお店の一角に、ペットショップ屋さんがあり、そこでかわいいワンちゃんやらネコちゃんも見てしまった、我が家の子猿軍団・・・。12万8千円の、トイプードルとヨーキー(だったか)をお父さんお母さんにもつ、めちゃかわの仔犬から離れず・・・。かくいう私も、その愛らしさにハートをかなりゆさぶられてしまいました。たれ目なところが、MATTに似ていたもので・・・。いやいや、まずはしっかり金魚さんたちを育てあげねば!

2009-07-20

なんだか申し訳ない。。。  ~ブログ・タイトル~

日本に帰国してからも、このブログをよんでくださっているみなさん、ありがとうございます。ただ、BROADWAYから遠く離れてしまい、BROADWAY観劇の感想を書けるわけではないのに、このブログをこのまま続けていいのかどうか・・・思い悩んでいるところです。(少なくとも、タイトルは変えるべき?)

もちろん、遠く離れていてもBROADWAY大好きなのは変わりありませんし、BROADWAYに呼ばれている・・・と感じているのも変わりはないのですが。

けれど、迷いながらも、毎日書き込みしてしまっています。もう、このブログがすでに自分の一部と化してしまっているんだなあと実感。本当に、みなさん、おつきあいくださって、ありがとうございます!!!  たぶん、うだうだ考えながら、また書きこむ日々が続くのだと思います・・・。

それに、今週末は、劇団四季の「春のめざめ」に行ってきます! これは、しっかり感想をつづりたいと思っています♪ あの音楽や照明にまた浸れるかと思うと、今から鳥肌が立つくらい、ぞわぞわしてきます~。

2009-07-19

虹を見ました! ~空からのプレゼント~

夕方、娘が「お母さん、来て!すごいよ!」というので、声のするベランダへ。

おおお。

日本で見るひさしぶりの虹。それも、堂々としたりっぱなもの。しかも、うっすら2重になっています。

虹001

うれしくてパチパチ写真を撮ってしまいました。

002虹

ビルの中から虹が生えているようにも見えます。虹の根元・・・。あのビルの傍では虹を触ることができるのかな?などと、馬鹿なことを考えたりしてしまいました。(そういえば、もうすぐ皆既日食ですね。東京でも、ちょっとは見えるそうなので、楽しみです。お天気が晴れますように!)

ところで、虹といえば、「オズの魔法使い」のオーバー・ザ・レインボウを思ってしまいます。「オズの魔法使い」といえば。。。”WICKED”。 緑の魔女さんたちはお元気でしょうか。
2009-07-19

帰国後3週間の買い物  満足度ナンバー1は?   ~気にいってます!~

考えてみたら、ちょうど3週間前、帰国したのでした。

たった3週間しかたっていないわけですが、なんだか3カ月くらいたった気がしています。それだけ、日本での暮らしになれたということでしょうか。

実際、今回は非常にスムーズに新生活が始まったように思います。(といっても、自分が、ということで、長女なんかは結構大変そうです。) 7年前、5年半東南アジアで過ごして久しぶりに日本で暮らし始めた時は、若かったせいもあってか、海外から帰ってきた・・・という、わけのわからぬ気負いのようなものもあり、初めて暮らす街になれるのにも相当時間がかかった記憶が・・・。

けれど、今回は、その東南アジアから帰って住み始めた場所に再びもどってきたので、知人もいてくれるし、病院や買い物する場所、学校などもどこになにがあるか、よくわかっているし、私自身、居場所がある感じで、本当に落ち着きます。

今日も近くの図書館で、連絡を取りたいのに、引越のばたばたで連絡先がわからなかった友人にばったり出会え、電話番号などを伝えることができました♪

ところで、この3週間、新生活を始めるにあたって、いろいろなものを買いました。

自転車、炊飯器、電気調理器(ガスコンロ代わり)、電気ポット、PC、プリンター、子どもの服、自分用の水着(幼稚園の水泳ボランティア用に) などなど。

その中で、後悔しているものが2つ。自転車と炊飯器。自転車は、うしろに幼稚園児を乗せるので、もっと安定した構造のものを買うべきでした。つい、安さにひかれてしまって後悔。そして炊飯器も、7000円弱の安いものではありましたが、一応有名メーカーのものだったので、いいだろうと。そしたら、おいしいお米のはずがおいしく炊けない。水加減を変えたり、お米のとぎ方を変えたりしても改善されず、しかもいつも、お釜に接する部分の焦げがきついです。値段ばかりに気をとられているといけないこともあるなあと、反省しました。

が、意外な買い物で、すごく満足しているものがあります! 帰国してテレビを見ていて、思わず購入してしまった、これ!

0レッグマジック

うしろの乱雑な部屋の様子はご容赦いただきたいのですが、このLEG MAGICという名の、脚を鍛える器具、これはなかなかすごいです! ふともも、おしり、おなか周りがシェイプアップされるというテレビコマーシャルに思わずのせられてしまいました。14000円くらいでした。

プラス6000円で、腕も鍛えられるゴムチューブや消費カロリーがわかるメーター、運動量をアップさせる器具なども同時に申し込みましたが、これらは必要なかったと、ちょっと後悔。が、返品も面倒になり、そのうち、運動量アップしようということになるかもしれないと思い、そのまま残してあります。が、本体だけで十分。

1分間、脚を横に開いて閉じるという動作を繰り返すのですが、予想以上に、太ももの側面に負荷がかかっているのが実感できます。これを、1日3回くらい繰り返すだけという手軽さも気に入っています。おりたたみも簡単で、片付けも楽。脚をほそくしたいという娘も愛用しています。ふくらはぎには効果はないようですが、太ももはひきしまる可能性大だと思います。

ただ、必要もないのに面白がってやっていた11歳の息子が、あとで股関節が痛いと言い出しました。まだ身体の小さいお子さんには向いていない運動なのかもしれません。上の写真で、LEG MAGICに乗っているのは息子ですが、このあと、使用禁止にしました。

ここ3週間の買い物で1番満足の、LEG MAGIC。1分間のきこきこ、効きます!

2009-07-19

ポケモン映画鑑賞    ~いやあ・・・泣いてしまった瞬間あり~

本日朝早くから電車に乗ってお出かけ。昨日から公開されたポケモン映画に我が家のちびざる2匹を連れていくため。

公開されたばかりなので、混雑を予想し、10時10分からの放映に余裕を持って映画館に着いたにも関わらず、すでにその回の座席はなくなっていました! なので、仕方なく12時20分からの座席(全席自由席)を確保。最初は堂々、劇場入り口扉前で、次回入場に備えて、1番で並んでいたのですが、5歳と11歳のちびざるを連れ、このままじっと3時間も立って並ぶのは苦痛以外の何物でもないとすぐ悟り、劇場の人にも「11時くらいに並ばれても、大丈夫ですよ。」と教えていただいて、劇場をあとにしました。

マック行ってパンケーキを食べたり、ブックオフに寄り、11時から並んだときに時間つぶしになるコミックや本をそれぞれゲットして、劇場に。そのときには、すでに30人くらいは並んでいらっしゃいました。もちろん、4分の3はお子さん方。でも、みんな、ちゃんときれいに並んでおやつを食べたりしながら入場できる時間が来るのを待っていました。

それからは意外に時間がたつのが早く、劇場の方の誘導も非常にてきぱき、気持ちのいいもので、NYの愛想のないサービスになじんでいた身にとっては、日本のサービス・接客の質の高さにじーん。

さあ、ポケモン映画! 「アルセウス 超克の時空へ」。

以前一緒に仕事をしていた方たちが、ポケモンアニメ制作にいろいろかかわっていらっしゃるので、今年はどういうしかけやテクニックで、子どものハートをつかもうとされているのか、楽しみでした。毎年恒例のポケモン映画。いかにファンを飽きさせず、かつ、偉大なマンネリズムを保つのか・・・。

そして、やはり、映像の技術の高さに目を見張りました。そしてなんといっても、アルセウスの声! 美輪さん! 美輪さんのお声は、ほれぼれします。最後のアルセウスとダモスのシーンでは、おっと涙が。恥ずかしくて、ちびざるどもに悟られる前にパーカーの袖でさっとひとぬぐい。こういうシーンがひとつでもあれば、十分に見る価値がある作品だと思います。アニメ大好き人間としましては、どんな作品を見ても、この設定は?とか、このキャラの存在意義が不明・・・とか細かいことをあれこれ言いたくなってしまうのですが、野暮ですよね。

息子も満足して帰ってきました。ちなみに、去年の作品より今年の作品のほうが、ポケモンがいろいろ出てきてよかったそうです。

001ポケモン

というわけで、この夏、美輪さんの素敵なお声を聞きに、涼しい映画館にお出かけになるのはいかがですか?
2009-07-17

売り切れ!     ~MATTのライブ、すでにSOLD OUT~

               matt 001

Thank you, Thank you, Thank you!
I'm thrilled to announce that my August 17th concert has sold out!
I cannot believe how quickly the show sold out.
Thank you to everyone that purchased tickets!


ありがとう、ありがとう、ありがとう!
ご報告します。ぼくの8月17日のコンサートチケットが売り切れました!
こんなに早くチケットが完売になるなんて信じられない気持ちです。
チケットを買ってくれた全ての人に、感謝します!

8月17日、JOE’S PUBでの MATT DOYLEの ライブですが、すでにSOLD OUTになったそう! MATT自身、まさかこんなに反響があるとは思っていなかったらしく、ブログで、何度もありがとうとファンに語っています♪ よかったね、MATT! そして、追加ライブも行われることになったとも報告がありました! 本当によかった、よかった。MATT,おめでとう。
2009-07-17

不思議なたこ     ~え、もしや?~

自転車だこ

汚いものをお見せしてすみません。・・・最近、手のひらにたこができてしまって、びっくり。心当たりがなかったもので。

が、ふと、思ったんです。これって、まさか・・・

自転車だこ?

毎日、17キロのおちびを乗せて、かなり乗り回しているのです、自転車。そのとき、運転が下手な私は、絶えず、ぎゅうううとハンドルを握りしめています。だから?

いやあ、自転車だこだなんて、聞いたことありません。かっちょわる~。

が、毎日すごい運動量。特に脚が鍛えられます。心なしか、ジーンズがゆるくなってきたような。たこは嫌ですが、自転車のメリットもあり、ということ?
2009-07-16

中学生は大変だぁ!  ~逆恨み・アボガドロさん~

自分が太っている、脚が太い・・・という悩みに加え、中学生の娘の頭の8割を占める、今現在最大の悩み・・・

化学式!

なんでも、NYで通っていた学校と理科の教科書は同じなのに、学ぶ単元の順番が全然違ったようで、すでに今のクラスメートが習ってしまっている原子やら分子やら化学式やら化学反応式やら元素記号やら、本人は全くちんぷんかんぷん。酸化、還元、元素の周期表・・・・・・・・・。もう、頭がパニック状態らしいです。

夕べも、午前2時まで泣いていたのには、呆れるのを通り越して感心しました! 2時間近く泣いていた、その粘り強さがきっと役に立つ時が来る! 母はそう思ったわけです。・・・とはいえ、くらーーーーい表情の子猿を家の中においておくのは、家の中がじめじめしてくるのでごめんこうむりたい! なので、午前2時、赤く腫れた目にアイスノンくっつけている娘に宣言!

「明日、お母さんは変身してるから任せなさい!」

きょとんとする娘に、豪語一本!

「明日、学校から帰ってきたら、お母さん、化学式のエキスパートに変身してるから! 
ばっちり、しごいてあげるよ。」

翌朝、つまり、今朝、開店と同時に書店突入。買ってきましたとも、中学生の理科の参考書やら問題集やら、どっさり。  んもう、そのおかげで、ユニクロで買おうと思っていたジーンズはあきらめることに。参考書類、高いっす!

そして、さっそく化学式のエキスパートに変身すべく、勉強開始したわけです・・・。

思い返せば、ン十年前、スイヘ―リーベ~♪とやったのでした・・・が、

アボガドロ

アボガドロ・・・? アボガド? うーん、この化学者さんの名前は記憶にはないなあ。(あ、でも、そうか、これが昨日娘がぼやいてたことか。「アボガドロって人が、分子なんて考えだすから困るんだ」とか泣きながら言ってたっけ。) とか、・・・炭酸アンモニウムを熱分解させた時に試験管の口にたまった液体を塩化コバルト紙につけると赤くなるから、その液体は水だとわかる??  塩化コバルト紙ってなに? 知らない! 初耳!・・・とか、ン十年の月日の重みを感じるわけです。ン十年前と、元素の周期表にのっている、つまり発見されている元素の数はほとんど変わってませんが、試験薬とか扱う実験などが違ってきています。

という感じで、娘が帰宅するころには、えせ化学式エキスパートに変身がやっと。が、それでも、買ってきた参考書の一冊が気にいったらしく、私の怪しい説明と並行してききながら、自分でも読み進んでいくうちに、ちょっと輪郭がつかめてきたようで、安心。

それにしても、過保護ですよね、これって。勉強くらい、自分でしろって感じですよね。・・・もっとも普段は本人任せなんですが、今回は親の都合で泣く泣く転校させてしまった・・・という思いが私にあって、つい甘くしてしまってます。それとまあ、化学式がわからないというだけで2時間泣いていたのとは違うように思ったのです。まだ転校してきて10日間。いろいろ不安定な状況のよう。新しい人間関係、学校のシステムにまだなじめず、その不安や不満が、「化学式」に集約されているのではないか。人間関係などはもう親が手出しできることではないので、とりあえず、手出しできる「化学式」理解を手伝ってやって、本人が自信がつけば、他のことにも前向きに取り組めるようになるかな、いやそうあってもらわねば・・・。・・・と、かように、母もあたふたしているのであります。

それにしても、思ったより中学生の転校って大変かも。どこでも習わない単元が出てくる可能性、大ですし。その点、小学生、幼稚園児はお気楽で助かってます。が、油断は禁物、禁物・・・。
2009-07-15

Bye Bye Birdie、 今がお買い時♪  ~とうとう案内が!~

バーディー 

さあ、9月10日からプレヴュー開始の、Bye Bye Birdie の、お得なチケットの案内がとうとう届き始めました!

今までの経験からいって、プレヴュー2か月前くらいから始まる割引チケットの案内にのるのは、その作品に興味があって、いつか観ようと思われているなら、絶対お得だと思います。ああ、だから今回も、即購入といきたいわけなのですが、むむむ、いつNYに行くか具体的にはっきりしていないので、まだ手を出すことができません~。

大好きなMatt Dyleが出演するこの作品、なんとしても観たいと思っています! ・・・でも、残念ながら、今回の案内にもあった、主な出演者リストの中には入っていないMattですが、役柄からいって、かなり重要な、印象に残る役者さんになると思われます。

プレヴュー期間の9月10日から10月14日までなら、オーケストラ席も69.50ドル。オープニング以降、10月16日から11月25日まではオーケストラ席も76.50ドル。(もっとも、開幕後のチケットの動きが弱いならば、もっとディスカウントということもあるかもしれませんし、いくらオーケストラ席といっても、最前列の中央席というのは、そもそも、こうしたお得チケットではありえないと思います。が、運が良ければ、最前列の、ちょっとはしっこよりの席とか、限りなく中央に近い、前方の座席とかは十分ゲットできる可能性が高いように思います♪)
2009-07-14

イルサ役のEMMA HUNTON、 初ソロライブ予定♪ ~BLAKE DANIELらも出演!~

エマ

16歳でBROADWAYデビューしたEMMA HUNTON.その圧倒的な歌唱力と見事な度胸で、SPRING AWAKENINGのイルサ役を演じ、多くの観客の心を揺さぶりました。(豊満な肉体にも驚かされましたが。)

そして、18歳になろうとする今、また新たなことにチャレンジするようです。

初ソロライブ。JOE’S PUBにて。7月20日23時半から と 8月9日21時半から。しかも、すごいのは、SAで共演した、BLAKE DANIELと MORGAN KARRが出演してくれるということ! 
美しい赤毛の甘いマスクで魅力的なアーネスト役を演じたBLAKE。そしてMORGANも、代役で愛らしいアーネストを演じていました。つまり、男性陣のきれいどころ、ふたりという感じでしょうか。

チケットは15ドル。BLAKEファン、MORGANファンにも必見のライブですね!

JOE’S PUBのホームページはこちらから♪"
2009-07-14

救命病棟24時!   ~大好きだったドラマ~

主演の江口洋介さんが、バイクの事故で大けがされて入院されたので、どうなるのかと、NYでも心配していた新シリーズの 「救命病棟24時」。

しかし、今朝テレビをつけていたら、今夜から放送ということで、満を持して夜9時に備えました♪

が、今夜の放送は、シリーズ1のダイジェスト版がほとんど。けれど、それはそれで面白かった・・・。個人的に、このシリーズ1が大好きだったので。いえ、1番好きです、シリーズ全部の中で。

進藤先生が奥さんを大切にケアするシーンが本当に好きで、放送当時はシンガポールに住んでいたのですが、VCDなるものを買って、何度もお気にいりのシーンを見ていました。ドリカムの歌もいまだに大好き! 今夜も、懐かしい曲が流れてきて、本当にぐっと胸の奥も熱くなりました。

松嶋菜々子さん、それにしてもきれいですね♪

そういえば、NYにいたとき、近くに遊園地があったのですが、ご夫婦でお子さんを連れていらしたこともあったようで、会った方が「ご夫婦とも気さくで、にこにこされていて素敵だった」と。

他にも、お父さんのお仕事の都合でNYに永住することになったティーンのお嬢さんが、現地の学校になかなかなじめず、苦労されていたとのこと。そして、おうちで、毎日日本のドラマなどを見てらしたそう。そしてある時、気分転換にと、ご両親が、ラスベガスに家族旅行を計画されたそう。そしたら、カジノだったかレストランで、反町・松嶋ご夫婦とお子さんがいらしたんだそうです。もちろん、ご夫婦でキラキラオーラを自然にあふれさせてていらっしゃるので、どうしても目立ってしまわれたようで、そのご家族もすぐ気付かれたんだそうです。そしたら、思い切ってお嬢さん、ご夫婦にサインをお願いしたとのこと。すると、おふたりとも快くサインしてくださり、一緒に写真にうつってくださったりもしたそう。そして、その後、NYにもどられて、お嬢さんがこう言われたそうです。

「日本でも、なかなか会えない俳優さんたちに会えてすごくうれしかった。アメリカでもいいことがあるんだなって思った。もっとアメリカを楽しめるようになりたいな。」

プライベート旅行などでは、ファンサービスに消極的な芸能人の方もいらっしゃると思いますが、こうして、ファンの方に元気を授けるパワーをお持ちなのってすごいことですよね♪♪♪

えー、ドラマの話に戻りますと、今夜の放送終了の後、江口さんからのメッセージが流れました。それによると、今日から4週スペシャル(過去のシリーズをダイジェストしながら、松嶋さん演じる小島先生の成長の記録とする形?)が続いて、期待のシリーズ4へつながっていくようです! 

来週も見よおうっと
2009-07-14

中学受験?   ~驚異の%~

先日、あるお友達と4年ぶりに会って、いろいろ話をしていて出てきたのが、中学受験のお話。

彼女の息子さんとうちの息子が同じ学年で同じ区立の小学校。

なんと、その小学校は、学年の60%の子が、中学受験で外に出てしまい、地元の区立中学に行くのはたった40%だとか。

驚きました。

60%!

彼女のところも、わがやも中学受験を考えていないのですが、少数派なようです。

けれど、わがやの長女が通う、区立中学、校舎もおしゃれで、制服もなく、自由な雰囲気でいい感じだと思います。スポーツも盛んのようですし。海外からの転入生も多く、長女も海外から来たということで、肩身の狭い思いをすることもないようです。でも、私立に比べると勉強面など、フォローが少ないのでしょうか? 私にはわかりません。

ただ、息子は算数が好きなので、受験はしないのですが、NYで進学塾の受験用コースの算数だけ通っていました。なので、こちらでも算数だけどこかの塾を・・・と思って、おととい新聞のちらしに入ってきた塾に連絡してみました。そして、一度来てくださいということになって、息子とふたりで出かけました。

駅近くのきれいなビルにある塾。やさしそうな先生がいらして説明を始めてくださいました。最初に中学受験はしないと伝えたのですが、途中、息子の通う区立小学校の名前を伝えると、「あそこは、受験されるかたが多いですよねえ。」という話に。なんとなく、その言葉の向こうに「息子さん、本当に受験されないんですか? それでいいんですか?」 というようなニュアンスを感じました。で、聞いてみました。

「私立に行けば、将来絶対幸せになれるんでしょうか?」

シーン。

というわけで、塾はやめ(他の塾をあたるのも面倒になってきて・・・)、Z会の通信添削にすることに。こっちのほうが安いですし♪

子どもの教育については、親の考えで方向性が決まります。我が家は、公立主義というか、公立行ってね、お金ないから!という感じです。 が、それと同時に、子どもが好きでやるなら全然いいのですが、小さいうちから本人の意思に反して、お尻を叩くのはいいことではないと考えています。

もっとも、なにが子どもにとって、一番いいのかは、結局わからないのではないでしょうか。どの道を選んでも、「もし、あの学校に行っていればどうだったろう?」などの、思いがあると思いますので。
2009-07-13

再び段ボールいっぱい!   ~引越AGAIN!~

昨日、引越の見積もりに来てもらいました! 来月、また引越なのです! NY滞在中から、自宅を賃貸物件としていました。今、借りてくださっている方たちがお引っ越しされてから、自宅に入る予定なので、NYから帰国直後の現在は自宅近くで仮住まいというわけなのです。

さて、昨日来ていただいた、引越業者の営業の方、なんと5年前に引っ越しをお願いしたときと同じ方でびっくり。5年前も、実は、今住んでいる仮住まいのところに住んでいたのですが、自宅を購入して引っ越しをすることになりました。そのときの、業者さんが親切でとても感じがよかったので、今回も迷わず同じ業者さんにお願いすることにしたのです。

でも、まさか、担当の方まで同じとは!

今回もとっても、感じがよくて、てきぱきされていて安心、安心。

いろいろすんなり決まりました♪

はあ、それにしてもまた、段ボールと戦う・・・というか、片づけ作業が待っているというか・・・・。来月は、仮住まいから自宅に引っ越した翌日に、トランクルームから、家具やら、何を入れたか覚えてもいない数十個の段ボールの山が到着。さらに、しばらくしてNYから送った約150個の段ボールが届く予定。

どないしましょう。段ボールの開封作業だけで手が疲れそう。というより、どうやったら、あの狭い自宅にそんなたくさんのものが収まるのか????? 人間5人、いや人間2名、子猿3匹も収めなきゃいけないのですが?????
2009-07-12

きれいな散歩道見つけました。  ~笹の葉、ゆらゆら~

         七夕001

夕方、小さな川べりの道を歩いていた時、おちびが 「うわっ!」と、声をあげて走り出しました。

おちびの向う先には、色とりどりの短冊に彩られた七夕飾りが、道の両側を優しく、涼しげに飾っていました!

「七夕終わったのにねえ。」と言いながら、風に揺れる短冊にかかれた願い事を読みふけるおちび。

幼稚園のお子さんから年配の方まで、いろいろな年齢層のかたの、願いの言葉がぎっしり。いろいろな願い事がありましたが、健康に関することも多かったです。

「家族みんなが健康でずっと仲良く過ごせますように。」

「姉の病気がよくなりますように。」

「みんなで長生きできますように。」


それから、こういうのもあって、ものすごく微笑ましかったです。

「早くおしめがとれますように。」

「トイレができるようになりますように。」


きっと、小さなお子さんをお持ちの親御さんですね。

こういうのもありました。

「嫌なことが何ひとつ起こりませんように。」

ほんと、そうですよねえ。

偶然行き着いた、この川べりの道。

たくさんの方の願いの道でもありました♪

2009-07-12

祝 MATT JOE’S PUB にて LIVE  ~8月17日夜!~

matt joes pub 002


  Matt Doyleの、ライブが、8月17日、JOE’S PUBにて行われることになりました!!!!!!!!!!!!

Mattのブログを読んで知ったのですが、その中でMatt、実に率直に呼びかけています。

Please, please, PLEASE buy tickets. I am so excited and I want it to be a packed house! 

どうぞ、どうぞ、チケットを買ってください! このライブに僕はわくわくしています。ライブハウスがたくさんの人でいっぱいになってほしい!

ああ、本当にたくさんの人が集まってくれますように!

I am thrilled.
This is something that I've been trying to put together for months.
I am so excited to see all the pieces falling into place.


すごくどきどきしている。何カ月も、このライブのために準備をしてきた。すべての準備してきたことが、うまく、思う通りに行くことを、この目で確かめるのが、とても楽しみなんだ。

一枚12ドルのチケット。NYにいたなら、100枚だって買ってあげたい!(大げさ)
2009-07-11

「光」の真実   ~友人のアドバイス受け・・・~

新宿西口…といえば、

ビックカメラ!(と一概に言ってしまっていいわけはないですが・・・。)

本日、携帯電話とPCを買うため、久しぶりに足を運びました。

一足先にNYから日本に帰国していた友人からアドバイスをもらったからです。そのアドバイスとは・・・

「これから固定電話の回線ひくなら、光フレッツ回線とかもいいかも。だって、いったん固定電話ひいちゃってから、PC買いにビックカメラ行ったらね、光フレッツにしたら4万円、PCの値段引いてくれるっていうじゃない。だからNTTとの契約破棄して光にしたんだけど、すったもんだして結構大変だったのよ。だから、PC買う予定があるんなら、初めから光にすること考えて、そのときまで固定電話はひかないほうがいいかもよ。」

そして、ちょうどまさに、新しいPCを買う予定があったので、本日ビックカメラに来たわけです。

まず、子供用の携帯から。これから習い事に通わせるときに持たせるためのもの。GPS機能と基本動作があれば、十分。なので、一番安いものを・・・と、並ぶ機種を眺めていて、ふと違和感が。

た、高い! 4~5年前は、電話機自体はただとか、1円というキャンペーンがすごーく多かったですよね? auのほうは、今もそういう機種が少しおいてありましたが、夫が先にドコモと契約したので、他の携帯も当然ドコモ。いやはや、びっくり、びっくり。時代は変わったんですね。しかも、契約にすごく時間がかかるようになった気もしました。携帯電話を使った犯罪なども起こるようになったので、より規制が厳しくなったのでしょうか? 結局、子供らの携帯は、真赤っかのおしゃれだけど、GPSがついているものでは1番安いもの。12000円ちょっと。まあ、仕方ない・・・・。

そして、PC! はたして、本当に光フレッツに加入すると4万円安くPCが買えるようになるのか?

しかし、PCのフロアにおりたってすぐ、若い女性が、「本日光フレッツにご加入していただけると5万円引きさせていただきます。」という内容を書いたプラカードを掲げて立っているではありませんか!

5万円引き!? 友人が言っていたより1万円安!

す、すごすぎる・・・というか、うますぎる・・・。そんなおいしい話があっていいのでしょうか?

が、やっぱり、そうは問屋がおろさない・・・。

すべてのPCが、5万円引きとはならず、ある特定のPCが対象とのこと。それでも、光フレッツに加入すれば、2~3万円引きは当たり前という感じでした。そして、幸運にも、私がほしいと思ったものは、ばっちり5万円引き対象!!! やったー!と、心の中で叫びました♪

それから約40分かけて、光フレッツ加入手続きと支払完了。手間はかかりましたが、係の女性がとてもてきぱき手続きや説明をしてくださったので、感動しました。お若いのに~。

そして、更に驚いたのは、キャンペーンということで、スパークリングワインやらくじ引きでミニタオルやらプリント用紙などをもらったこと。 

ワインです! 小さいは小さいけれど、なんだか結構嬉しい♪

しかも、ポイントがたまって、携帯電話の表示画面保護フィルムやPCキーボード防塵カバーも、ポイントで買えたこと。ものすごいサービスに、逆に心配になったりして・・・・。こんなで、利益、ちゃんとあがるんでしょうかって。もちろん、いろいろ考えてご商売されているのだから、大丈夫に違いないですが。

              001ワイン

帰宅して、飲んだところ、なかなかおいしいワインでありました♪ 人ごみにちょっとくらくらしましたが、いい買い物ができて満足満足♪


2009-07-11

FINAL ! LITTLE MERMAID  ~好きだったんですが:::~

先日送られてきた案内。

LITTLE MERMAIDの 閉幕のお知らせ。8月30日がFINAL公演だとのこと。

     LM 001

驚きました! とても好きな作品だったのです。1度だけ観に行きましたが、意表をつく演出、アリエルの愛らしさ、歌・曲のよさに、いつかもう一度観たいと思わされたのでした。

PLAYBILL.COMの集客率を見ても、6月22日から7月5日までは、85.4%、 決して悪い数字ではありません。そういえば、もともと最初から期間限定の作品だったのかもしれません。とにかく残念。王子様のおしりもっちりが気になりましたが、けれど、大がかりな舞台装置や考え抜かれた衣装など、観る価値、大いにある作品です♪

ところで、この集客率、久々に見たのですが、嬉しくなりました。

BROADWAY作品24作品がリストアップされているのですが、なんとそのうち15作品が90%超えているのです。

その前の週は、16作品。なんとも心強い! その前の週は14作品。

およそ3分の2の作品が、ここ数週間ずっと90%超える集客率を誇っているとは! これから夏休み本番! もっともっと、BROADWAYが活気づいてくれるのではないでしょうか!

(NEXT TO NORMAL も、先週分は96.7%♪ ちなみに、1番集客率が高かったのは、次のうちどれだと思われますか・・・? ①BILLY ELLIOT ② GOD OF CARNAGE ③ WAITING FOR GODOR ④WICKED 答え:集客率高かった順に・・・③103.8%!! ② 100.6% ① 100% ④99.8% でした~それにしても、100%超えるってどういうことでしょう。いつも疑問に思うくせに、答え探していない怠け者です。。)
2009-07-10

自転車王国 ~運動量絶対アップしてます♪~

私たちの住む街は、自転車王国、といっても過言ではありません! 地方では、一家に人数分(大人)自家用車があるのが普通かもしれませんが、この街では一家に人数分自転車があるといえるかもしれません!

私も毎日、安かったため、後ろに幼稚園児を乗せるとふらつく自転車を (買ったお店で、ちょっと調整してもらったら、かなり乗りやすくなりました。が、そのうち中学生の娘に譲って、新しい自転車を買う必要があると思います。なにかの拍子で、後ろにおちびを乗せているとき、前輪が浮いてしまうので!) ぎこぎこやっています。もちろん、幼稚園の送迎のみならず、買い物、図書館、病院もすべて自転車。けっこうな運動量になっていると思います、NYのときとくらべて。

自分が太っていると悩んでいる娘も、徒歩通学だし(NYではスクールバス)、買い物なども、歩いてひとりで出かけたりと、自分なりに運動量を増やそうとしているようです。

けれど、まだまだ自転車を乗りこなすのには時間がかかるかも。走行中も、車の通行量も多く、自転車走行できるスペースが狭いですし、自転車の走行量も多い。(自分もそのひとり。)そして、電信柱もけっこう多いので、車をよけようとしたら電信柱に阻まれたり・・・。結構、毎日どきどきはらはら。

どんくさい乗り方をしている自転車女性を見かけたら、私かもしれません。とほほ。お許しを。(でも、お天気のいい日は、探索をかねてあちこちあてもなく乗り回しています。気持ちがいいです♪ 昨日も、俳優のOGさん宅前を通ったら、OGさんが郵便受けの郵便物とりに出てきました~。寝起き?という感じでした~。)
最新記事
プロフィール

フブキ

Author:フブキ
FC2ブログへようこそ!
NYでBROADWAY
に目覚め、やがてSPRING AWAKENING
に魂を奪われてから、すでに1年あまり。しかし、ごく最近、4年ぶりに東京にもどってきました! 久々の東京生活も実にスリリング♪

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
現在の時刻 《東京・ニューヨーク》
日本は今何時かと、いつも気になります。