FC2ブログ
2014-05-29

LET THE RIGHT ONE IN   観劇記

let The RIGHT Poster-image-large-200x300

5月7日、午後7時半開演の LET THE RIGHT ONE IN  を Apollo Theatre にて観てきました。

Apollo Theatre・・・と言えば、覚えていらっしゃる方もあるかもしれません。昨年12月のニュース。公演中、劇場内の天井が崩落し、けが人が出た事故です。

12月19日現地時間午後8時15分。The Curious Incident of the Dog in the Night-Time.という作品が始まってから約40分後のことだったそうです。当時約720人のお客さんがいて、7名の重傷者を含む、およそ88名のけが人が出たそうです。

なので、劇場に着いて自分の席に座ってから、気になって何度も天井をながめてしまいました。きちんと補修工事がなされたとレヴュー記事にも書いてありましたが、なんとなく不安で^_^;  天井、落ちてきたら・・・怖いです。 しかし、見た目は完ぺきな様子でしたし、今回の作品に合わせてだと思いますが、天井は美しい星の輝く夜空となっていました。

さて、この作品、原作は2004年に出版されたスエ―デン人作家 John Ajvide Lindqvist の小説です。このヴァンパイアの物語はベストセラーとなり、2008年に映画化され話題となりました。私も20.10年、日本で公開されたときに観にいきました。(映画の感想はこちらに書いてあります。 映画感想  ) 映画はとても詩的な美しさに満ちた,切なく哀しい恋と愛の物語でした。けれど、まさかこの作品を舞台作品にできるとは思っていなかったので、4月に偶然 この作品のレヴュー記事を目にしたときはとても驚きました。レヴュー自体も、とても好意的なもので (「Gurdian 、 Telegraph など)、これは絶対に観たい!と思わされました。

そして、5月7日のチケット購入。

席は前から5番目の舞台向かって右よりでした。入場時間直後に劇場に到着、そのまま着席したのですが、最初観客席にいるのが私の他には数名程度で、がらがら状態。いくらBARで飲み物楽しんでいるお客さんが多いとはいえ、ちょっと寂しい。いえ、かなり寂しい。平日の夜だし、あまり一般受けしそうなお話しではないし、満席とならなくても仕方ないのかなあ・・・とちらり思いました。しかし、やがて私の列の右端の席に、かなりご高齢のおばあちゃまが着席。歩くのもかなりゆっくりゆっくりなご様子。正直、びっくりしました。映画を観ているので、かなりえぐいシ―ンも何度かあるのを知っていたので、おばあちゃま、ショック受けたりされないかな・・・と余計な心配をしてしまいました^^; しかし、同時に素敵だなとも。新聞などのレヴュー評価が高いので、観にこられたのかもしれませんが、万人受けはしそうにない新しい作品。こういう作品を観てみようと思われて、実際に出ていらっしゃる若さ、エネルギー、素敵です。見習いたい。

しかし、観客席ががらがらだったので、5番目の列からも舞台がすみずみまで見渡せました。もう、舞台美術、素晴らしいの一言。冬の暗闇に包まれた雑木林。青白い雪がうっすら地上を覆って。

舞台にすうっと立ち並ぶ木々。何本立っていたでしょう。途中まで数えたのですが、わからなくなってしまいました。20本くらい?もっと? この舞台を目にした瞬間、既に物語は始まっていると言えます。

そして、安堵したことに、気が付くとお客さんで座席が埋まり始めていました。私の目の前にも体の大きな男性が着席。舞台がちょっと見えにくくはなりましたが、やはりお客さんで劇場が埋まっていると、役者さんも更なるパワーが出るというもの。

7時30分、開演の時間が近づき、2階席も私の席から見る限り埋まっています。そして・・・開演数分前。静かに静かに物語が動き出しました。多分気がつかない方も多かったと思います。(どうぞ、開演5分前位から舞台を見ていてくださいね。)

簡単なあらすじ

オスカーは学校でいじめられている。しかし誰にも言えない。ある冬の夜、ひとりナイフを木に突き立てるオスカーに、少女が声をかける。最近隣に越してきたエリという名の少女。「あなたとは友達になれない」そう言う少女。しかし、ふたりは毎晩会うようになり、お互いに少しずつ打解けていく。

その頃、連続殺人事件が町を震え上がらせていた。血を抜き取られて殺される人々。なぜ、なんのために、だれが? 


本当に超簡単なあらすじでしたね(-_-;)

さて、肝心の感想です。見事な作品に仕上がっていました。面白かったです、いろいろな意味で。非常に綿密に練られた脚本の構成と演出方法が、映像化なら大丈夫だけど、舞台では難しいだろうと思われた部分を見事にクリアー。そう、エリ役のRebecca Benson をはじめ、役者さんの演技力も貢献しているのは当然のこと。

私が、舞台でどうみせるのか心配していたのが、ラスト近くのプールのシ―ンでした。このシーンは非常に重要なのですが、プールの中の状況や登場人物の動きをどう観客に見せるのか、Little Mermaid みたいに空中ブランコ使うわけにもいかないだろうし。しかも、あまりに衝撃的な場面もあるので、うーーん、もしかしたらプールのシーンごと別の状況での出来ごとにするんだろうか。

答えは、やっぱりプールは水、です。水がなくては! 本当に感心しました。なるほど、そういうことですか、と。それにしても、オスカー役の Martin Quinn、息を止める練習も大変だったのではないでしょうか。目もぱっちりで・・・。映画での衝撃的なシーンはさすがにありませんでした。いや、あったらどうしようと思ったので、ああいう演出でほっとしました。(映画のままだったら、ご高齢のおばあちゃま、卒倒してしまわれないかと本当に心配でしたし。)

映画と同様、深い哀しみをまとう宿命の純粋な愛と恋、そして切ない生と死の物語に、心が揺さぶられました。映画の映像の美しさに負けない、舞台美術の崇高なまでの美、そして音楽。素晴らしい作品でした。

映画とついつい比較してしまうのがよいか、悪いか、わかりません。けれど、この舞台、映画も観られてから行かれるのもよいと思います。

ヒロイン、エリも、舞台のエリはたくましい。健康優良児的な体格。最初、写真で見た時は、え、これがあのエリ? 髪も黒くないし・・・と違和感はありましたが、意外なまでの身のこなしの軽やかさ(これがないと、舞台がだいなしです。)に、なるほど、この「エリ」もありだわ・・・と思いました。

オスカー役の  Martin Quinn、実際の年齢が調べてもわからなかったのですが(Rebecca Bensonもわからなかった・・・)、目の表情や体の動きで、ローティーンに見える、見える。いじめっこジョニー (Graeme Dalling)たちも。

おおいそぎで書きましたが、この夏、Westend で何か観ようと考えていらっしゃる方に、お勧めいたします。秀作です。(ただし、血をみるのが苦手な方以外。) 9月27日まで。




LET-THE-RIGHT-ONE-IN-1-.jpg

oskar.jpg

elli.jpg

let one img
















スポンサーサイト



2014-05-24

ロンドンでの観劇記 : THE BOOK OF MORMON

モルモン

やっと観れたか・・・。
まずはそれにつきました。

2011年、BROADWAYで開演したこの作品、見事 同年の Tony Award で、Best Musical賞をはじめ、9つもの賞を獲得!! しかし、なんといっても、上演されているのがあの  Eugene O'Neill Theatre なのですから、当然行きたい、行きたいという思いは強かったのでした!  Spring Awakening が上演されていたなつかしの劇場。あの空間でまた人気もあり評価の高い作品が上演されるのは実に嬉しいことですから♪

が、2011年、2012年、2013年・・・いろいろな事情でBroadwayには結局行けずじまい。

そうこうしているうち、昨年2月から Westendで開幕! しかし、新聞などでの評価は必ずしも高くはなかったものの(Broadway と Wsetend では、批評家さんたちに好まれる作風に違いがあるのかも? )、面白いと人気は高いようで、早く観たいと焦りました。が、、昨年はダブル受験生を抱えていたため、全くどこにも行けずじまい。 なかなかチャンスがないため、これはもうこの作品とはご縁がないのでは・・・と思ってしまったほど。

なので、今回、観ることができるたいうだけで、すでに大満足。劇場に入り、席に着いた時点ではや達成感。夫も一緒に行きたいということで、夫が頑張ってくれた(?)おかげか、前から2番目、左よりのセンター付近でなかなかのポジション。

そして開演・・・。

確かに面白い、エネルギーにあふれた快作でした!
人気なのもわかります。

曲もよい、キャストもいい、テンポのよいストーリー展開、脚本もいい。

簡単なあらすじは・・・。

ユタ州ソルトレイクシティに拠点を置くキリスト教系のモルモン教。ここに布教活動を行うための研修を受ける若者が集まっていた。そのうちの優等生がプライス、その真逆な劣等生のカニンガム。なんとこの2人がペアとなり(必ず2人一緒に行動しなければならない。)、アフリカのウガンダに派遣されることになる。他のペアがフランスや日本に派遣されていくことを告げられ喜んでいるのに、プライスはがっかり。本当はフロリダのオーランドに行きたかったのだ。世界一有名なネズミちゃんがいるあの場所に♪ しかも、ペアの相手が苦手なタイプのカニンガム。一方、カニンガムは優等生のプライスと一緒になれとても嬉しそう。

そして、布教活動が始まった。が、しょっぱなから貧困やエイズなど、様々な問題に直面しているウガンダの人々の姿を目にしてショックを受ける2人。しかも、2人より先に来ている先輩宣教師たちもまだ誰も、ウガンダの人々を洗礼に導いていないと言う。協会の偉い人が来ると言うので、その前にはなんとか一人でも住民を洗礼に導かねば・・・。

そして意外にも、住民の心をつかんだのは、落ちこぼれのカニンガム。一方、プライスも頑張ろうとするが、住民を銃と暴力で支配する General Butt-Fucking Naked に痛めつけられ、自分のほうが優秀だと思っていたのに、次々布教に成功するカニンガムと己を比較して、身も心もぼろぼろになってしまう。

が、カニンガムのいい加減な布教内容が、住民にも教会にもばれ、大ピンチに・・・。


主演のプライスとカニンガムを演じたのは、ギャビン・クリール(Gavin Creel)とジャレッド・ガートナー(Jared Gertner)。この2人は2012年夏に始まった  1st US Tour でも主役を演じています。そのあと、Westend での開幕に向けて2人はロンドンにやってきました。Westendでの人気も、この2人のおかげですね! 2人の息もぴったり。汗だくになりながらの演技も歌も最高でした。(額から流れ落ちる汗まではっきり見えたいい席でした。) 既存の宗教を正直なところパロったこの作品、役者さんらの技量によってはただの趣味の悪い作品になってしまう気がします。けれど、主役をはじめ、他の役者さんたちの隙のない演技、素晴らしい圧倒的な歌唱力が、このはちゃめちゃな作品をれっきとしたエンターテインメントに押し上げているのだと思います。

しかし、こんなに若いイケメン役者さんたちがたくさん出演している作品だとは知りませんでした~~~~~~~~~。

最初の本部での研修のシーンから、あれ、これは素敵な役者さんが目白押しで・・・うわ、あの人素敵♪・・・と目がハートになってしまいました。特に素敵だなって思って見入ってしまったのが、Michael Kent、Ashley Day のおふたり。ほとんどの役者さんは何役も兼ねているのですが、かっこいい新人宣教師さんたちも、女性やら、先輩宣教師やら、、更には妙な役など器用にいろいろ演じていて、あ、あのかっこいい人があそこにあんな格好で♪ など、いろいろ楽しめました。

先輩宣教師マッキンリー役の Stephen Ashfield  も大人気でしたね。さすが、Jersey Boys の original London cast( Bob Gaudio役)。カーテンコールでもひときわ、拍手が大きかったです♪ 表面だけとりつくろうとするような笑顔ですが、ハンサムなので妙に魅力的。ふと、若いころの陣内孝則さんを思い出しました(・・;)

他によかったのは、ウガンダの少女ナバルンギを演じた Alexia Khadime。迫力ある歌声と愛きょうのある表情、動きにひきつけられました。プロフィールを見るとすごい、すごい。 Les Misérables の Eponine (レミゼのエポニーヌ)、Wicked のElphaba (ウィキッドのエルファバ), The Lion King のNala (ライオンキングのナラ)。きっとこれからもさらに活躍の場を広げていく役者さんですね!

さて主役の2人にまた話をもどします。

プライスを演じた Gavin Creel 、くるくる変わる表情のいそがしこと。また、歌も素晴らしかったです。特に "I Believe" はいまだに耳に歌声が残っているほど。この歌を歌いあげた後の悲劇が・・・哀れでしたが(-_-;) すらっとして見た目もかっこよい役者さんなので、これからシリアスな作品や恋愛ものなんかにもどんどん出ていってほしいなと思います。

カニンガムの Jared Gertner、小柄でぽっちゃりでまさにこの役をやるために生まれてきたような方。「こういう役者さん、一定の需要が必ずあるよなあ。」とは夫の弁。そう、ちょっとおたくっぽい雰囲気の役って、意外にいろいろな作品に登場するように思います。しかも、ただ雰囲気だけではなく、Jared Gertner も歌って踊れると言うすごい役者さん。

それで、この作品の個人的な総括なのですが、これは主人公2人の友情物語なんだと私は解釈しました。そして2人の自分探しの物語でもありました。

結局1番心に残ったのは、カニンガムが父親にも自分が疎んじられていることを知っていて、実は深く傷ついてることを感じたプライスが、カニンガムに優しくするシーンでした。

作品としては、観ていて面白いし、役者さんそれぞれは非常に演技も上手で歌も上手。最初に書いた通り。テンポもいい。
眠くなる暇なんてなく、あっという間に時間がたちました。快作に間違いなし!

ただ・・・・個人的な感想としては、これだけ愉快で面白い作品では、最初のほうの残虐なシーンは見たくなかったです。それだけが残念。(あくまで個人的な感想です。)

しかし、観れてよかった、よかった。

私たちの前の列、最前列中央で座っていた女の子二人連れは、どうやら劇場に何度も足を運んでいる、出演者のうちの誰かの熱心なファンの模様。帰り際、嬉しそうに「わあ、目があったわ、やった♪」などとキャピキャピしていました。たぶん、あれからステージドアに向かったことでしょう。

しかし、私たちは急いでいたこともあり、残念ながらそのまま劇場をあとにしました。

今年の Laurence Olivier Award で、 Best New Musical 、Best Actor in a Musical ( Gavin Creel♪)、
Best Performance in a Supporting Role in a Musical (Stephen Ashfield ♪陣内さま~)
Best Theatre Choreographer の4部門を見事受賞、人気はまだまだ衰えることはないでしょう!
2012-12-28

夏の観劇

8月、ロンドンで観た4本。感想を書くと言いながら、はや4か月。す、すみませんでした。(もし期待してくださっていた、そんな奇特な方がいらっしゃいましたなら・・・)

”Matilda The Musical ”・”The Phantom of the Opera ”・”One Man, Two Guvnors”・”Ghost”の4本でしたが、今もやっているのは、 ”Matilda The Musical ”・”The Phantom of the Opera ””One Man, Two Guvnors”の3本です。

今さらですが・・・ごくごく簡単に当時感じたことを書いてみますね^^;

”Matilda The Musical ”・・・ 主役含めた子どもたちの演技が素晴らしい。むしろ主役よりも脇の子たちのほうが印象に残った。学校が舞台ということで、黒板で当日のキャストが書かれていたり、飲み物やショップの品物が案内書きされていたり、かわいい工夫が楽しい。ただ、ギラギラの光線が飛び交うシーンがあり、そこはちょっと苦手。

”The Phantom of the Opera ・・・ Phantom役の歌が素晴らしく、非常に驚いた。が、同時に小柄でぽっちゃり型の体型に、ちょっとがっかり。Phantomには歌唱力も大事だが、個人的にはビジュアルも重視しているので・・・。ラウル役、素敵だったが、後半、汗で髪がへたり、一緒に観に行った娘曰く「ラウル、髪薄いね。ちょっとがっかり。」。親子でビジュアル重視。クリスティンはビジュアルもかわいらしく、歌もよかった。

”One Man, Two Guvnors”・・・夫が、現地スタッフから勧められたというので行ってみた喜劇。まず問題は私の英語力。そして、もともとどたばたコメディーが好きではないというのが、あだ。老人役が何度も転ばされたりというシーンがあり、周りから笑いが起きていても、私にはなじめず。悪くはないが、イギリスの人はこれが笑のツボなのか…と違和感覚える場面も。

”Ghost”・・・オリジナルの映画が大好き。あの作品をどう舞台化?と楽しみに出かけたところ、本当によくできた仕掛け、演出で、映画とまったく遜色ない作品に。主人公2人も、映画の二人とはビジュアルまったく違ったが(あえて違えたのでしょう。特に女性。金髪ウェイビィ。)、歌も演技も素晴らしい。オダメイ役も最高。完成度が非常に高い。冬にもう一度観たいと思っていたが、閉幕、残念。

ざっと、夏の感想でした。

ところで、WEST END で観劇したときに、とっても驚いたことが2つ! 

① 幕間に、客席内にアイスクリームを売る人が来る! 新幹線の売り子さんのように、アイス、ハーゲンダッツ、です。最初は”Matilda The Musical ”、子供用の作品だからかと思ったのですが、・”The Phantom of the Opera ”でも、そうでした。BROADWAYでは、なかったこと!

② 客席で写真撮影、OKだったこと。上演中はもちろんNGですが、上演前や幕間に客席から舞台の写真撮影したり、観客同士で記念撮影しても、全然平気だったこと。BROADWAYでは、一部(Mary Poppins.などはOKだったような・・・。)を覗いて、客席での撮影は原則禁止。フラッシュが光れば、すぐに係の人が注意しにとんできます。

この2点が、BROADWAYとは大きく違うなあと感心した次第です。イメージ的にはイギリスの方がこうるさいルールがありそうと感じていましたが、劇場に関しては、WEST ENDのほうが、肩の力抜いてリラックスして観劇楽しもう・・・という雰囲気なにかなと思いました。あくまでも、私が感じた印象ですが。

さて、今回、冬の滞在期間は夏より短め。なので、観劇は2回くらいでしょうか。この秋に、PHANTOM役が変わったようなので、また”The Phantom of the Opera ”は観たいと思っています。あとは、何にしようか・・・。これからリサーチしてみます。


最新記事
プロフィール

フブキ

Author:フブキ
FC2ブログへようこそ!
NYでBROADWAY
に目覚め、やがてSPRING AWAKENING
に魂を奪われてから、すでに1年あまり。しかし、ごく最近、4年ぶりに東京にもどってきました! 久々の東京生活も実にスリリング♪

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
現在の時刻 《東京・ニューヨーク》
日本は今何時かと、いつも気になります。