FC2ブログ
2019-12-27

衝撃の名作! 「ビビを見た!」

ビビを見た!

 
ひさしぶりにブログを更新しています。あまりに久しぶり過ぎて、パスワードを忘れたり。操作を誤って、書きかけたものを全部消してしまったり。(たったいま、目の前から30行ほど消えてしまいました(T_T))ご無沙汰していた間の近況など書いていたのですが、それはまた今度・・・。こんなブログですが、訪問してくださる方がいらっしゃるみたいで、ありがとうございます。

さて、今日はある名作を紹介したくて、記事を書いています。

最近、絵本や児童書を読むことが多いのですが(好きで)、数日前にはじめて知った児童書と作家さんにものすごい衝撃を受けたのです。ふたつの理由で。

ひとつは、作品のもつ圧倒的な力。

ふたつは、いままでこの作品や作家さんのことを知らないで生きてきたこと。

大げさと思われるかもしれませんが、子どものころ、かなりの読書家だったので、この作品に出わないままここまできたことが、不思議で残念で。


「ビビを見た!」は、大海赫さん作、1974年に発行された児童書(絵本)です。その後2004年に復刊されました。児童向けのダークファンタジーとでもいいましょうか…。


盲目の少年ホタルが、不思議な声の通り、7時間だけ目が見えるようになる間の物語。児童向けのダークファンタジーとでもいいましょうか…。普通の児童書にはない、不条理、生きるものの哀しみ、グロテスクな雰囲気…。タイトルのビビというのは、ホタルが乗った列車の中でであった全身緑色のわがままな女の子のこと。ビビを追ってくる、おぞましいなぞの不気味な巨人と闘うホタル。刻々と時間が過ぎていく…。

はっとしたのは、この巨人が「進撃の巨人」の巨人とイメージとかぶったこと。今から50年近く前の作品ですが、社会現象的なブームとなった「進撃の巨人」のワールドを感じさせるものが、児童書として存在していたことが、なんともすごいというか、不思議というか…。

児童書の王道は、「ほのぼの」「あったか」「やわらか」だと思います。しかし、「ビビを見た!」ふくめその他の大海さんの作品(「ビビを見た!」のあと、「メキメキえんぴつ」「ママが6人???」「ガイコ」「白いレクイエム」「びんの中の子どもたち」「大きくなったらなにになる?」を読みました。)は、「おびえ」「おそれ」「いたみ」の物語。読者がほっとし、しあわせな気持ちだけで終われない物語。どうしたって、世界には悲しみも苦しみも存在する、そして、そこでしか人間は生きていけないのだという覚悟を、自然とさせられる物語。

絵もすごいのです。版画でしょうか。人物も動物も不気味な絵柄、色。児童書の楳図かずおさん的な雰囲気。

もし、子どものころ、大海さんの作品を読んでいたらどうなっていたでしょう。怖かったでしょうねえ。でも、一生忘れられない作品の数々だったと思います。とくに「ビビを見た!」は、不思議な魅力に満ちていて、「なぜだれかを、なにかを守りたくなることがあるのか」「なぜだれかを、なにかを愛しく思うことがあるのか」など、大人になっても答えの見つからない謎、問いを無意識のうちに考えてしまう物語。

大海さんにお会いして、創作のこと、いろいろお尋ねしてみたい。

おとなにも読んでもらいたい1冊です。







スポンサーサイト



2015-05-21

KINGSMAN : The Secret Service  傑作!

昨日の続きです。

ロンドンから帰る機内で観た3本目の映画、これがまた何とも傑作・快作でありました・・・。

私の周りは「嵐」ファンが多く、「誰が好き?」と聞かれて「(日本人では)舘ひろし・佐藤浩市」と答えては、「なぜ?」と言われることも多いのですが・・・(最近、「デート」で鷲尾くんを演じた中島裕翔くんもとってもいいと思います♪) しかし、やっぱり大人の男性に心惹かれます。

で、 Colin Firth♪ 大好きです。「英国王のスピーチ」はじめ、いろいろな作品に出演して大活躍のColin Firthですが、私が好きなのは、シリアスな役ではなく、ちょっとユーモラスな部分のある役を演じているColin Firthです。整った顔ですが、派手ではない、とてもまじめそうな印象を与える容姿。その見かけと卓越した演技力があいまって、あまりにまじめで沈鬱な役を演じると、観ていてあまりにつらくなってしまうので・・・。「ブリジッド・ジョーンズの日記」のマーク・ダーシー、これが私の中では最高でした・・・。

が、KINGSMAN の Harry Hart。これもまた、凄いはまり役・・・。もう、Harryにぞっこんです。映画自体も、非常に楽しめる娯楽大作。冷静に考えると、しょっぱなからかなりえぐいシーンが登場するのですが、何ともユーモラスな描き方。映画は娯楽と考えると、この作品はかなりの一級品。日本ではこの夏に公開予定らしいですが、一足先に観ることができて本当に幸運でした! ものすごーーーく納得いかないシーンが後半出てきて、ショックを受ける観客続出かと思いますが、これは絶対KINGSMAN2 が製作されると思うので、解決されることでしょう!

簡単に言ってしまうと、世の中を悪から守ろうとする秘密組織にリクルートされた不良少年が、いろいろな試練を乗り越え、見事な紳士の素養を備えたエージェントに成長していくというストーリー。若者を演じた Taron Egerton も キュートでしたし、悪党演じた Samuel L. Jacksonも、とてもリアル(こんな人、本当にいそう・・・)。そして、Colin Firth は、その若者を導く、スーパーエージェント。

MV5BMTkkingsman.jpg

kingsman2


kingsman1

Kingsman The Secret Service

ジェントルマンがお好きな方、絶対お見逃しないように♪ おすすめです!

STILL ALICE といい、KINGSMAN といい、本当に今回のフライトはラッキーでした♪♪ しかし、「ホビット・シリーズ」は時間がなくて観ることできず。それだけ、残念。TSUTAYAにて今度借ります。

・・・WEST ENDでは、今回は一本のみ観劇 (The Curious Incident of the Dog in the Night-Time)。それについてはまた改めて。昨年の夏の観劇感想もまだ、書いていないという・・・怠け者です(^_^;)



2014-10-31

Kinndleにはまってます・・・

昔と違って、洋書購入もすっかり便利・安価になりました。

が、最近気になっていたのが、Amazonで書籍を検索した時に表示される、Kindle Price。

例えば、ある本が、普通の書籍としてなら、6.99£。しかし、Kindleでなら、1.99£。
しかも、Kindleでなら、購入後、すぐに読める・・・。

今まで、本はやっぱり紙でなくては・・・とかたくなにKindleを拒否していたのですが、今回、ちょっと考え改めてもいいのではと思い始めました。

そして、ふと夫がKindle愛用していたことを思い出し、使い勝手を聞いたところ、「便利だよ。見やすいよ。」とのこと。

で、早速 夫が勧める PAPERWHITE を注文。2日後に到着。

・・・本当、便利~~~~~ですね。今まで、なぜ使ってみなかったのか。操作になれるまで、少し時間がかかりましたが、これ一つ持ち歩けばよいのが嬉しいです。今まで、2冊はバッグに入れてましたから(~_~;) 紙本と違って、どこまで読んだのか、あとどのくらいページが残ってるのかが分かりづらいのは個人的に歯がゆいは歯がゆいのですが・・。けれど、辞書機能もありますし、利便性が高く、満足です♪

Amazon/Uk でアカウント作ったのですが、とにかく、UKの作家の本が安く買える、しかもたくさんのタイトル・・・。Amazon/UKの書籍レビュー見ながら、次はこれ読もう、その次はこれ・・・と、わくわく・・・。既に、レビューの高評価を信じて買って、全く面白くなかったものもありますが。(レビューも気をつけないと、だめですね(・・;) 知らない作家さんの本は、どうしてもレビュー読んで判断してしまいます^_^; 総合的に高評価であっても、大体は☆1とか2の評価もあるもの。それらのレビューも読むべきですね。つい、表示されてる分のレビューだけしか読まないことが多いです。)

子供のころ、図書館に行くと、こんなにたくさん読みたい本がある・・・と嬉しくなったものでしたが、今またKindleのおかげで同じ気持ちです☆
2014-10-07

生きてて良かった・・・となるか、その後の TWIN PEAKS !

b1cb0584-37d6-405a-b711-cd55764a0347-460x276.jpeg

1990年、アメリカで放映され、日本でも大人気となった、あのTWIN PEAKS の25年後が、とうとう観られます!
最終話。 あの おぞましい笑いを見せた Dale Cooper は、今どうしているのか。 登場した美しい10代の若者たち、今はどんな人生を送っているのか、いや、生きているのか、死んでいるのか。謎だらけで終わったあの物語の、様々な答えが今度は明らかになるのか。

しかし、美少女だった Donna役の Lara Flynn Boyle も、整形の失敗で、ちょっと悲しい状態。が、現在の容貌を活かして、DONNAは今や痛い女性となって出てくるのでしょうか。

fe072851-.jpeg

2016年、SHOWTIMEで放映開始。

それまでに、オリジナル版をまた見直したい・・・。本当に、大好きではまった作品でしたから。



2014-06-13

MOZU ・ 不謹慎ながら・・・(勝手な感想です(~_~;))

MOZU。終わってしまいましたね。SEASON2がWOWWOWで始まるそうですが、とにかく、MOZUは私にとって大事な作品でした。正直「物語」としての魅力は後半からかなり薄れてしまいましたが。

女装した「ひろみ」、確かに男性の女装にしてはOKレベル。いえ、かなりの高得点レベル。が、公安の優秀な刑事が見て、男性の女装だと見破れないレベルではありえませんでした。(池松壮亮くん、すばらしい演技でした。ただ、どうしても肩の感じがいかつかったり・・・。それに、小さいころから女装しているという設定にしては、やはりまだ女装がなれていない感じがありました。洋服やメイク次第でもっと女性に見えたかも。最終回のの女装は最初よりずっとナチュラルでしたね!)なので、真木よう子演じる明星刑事が「私たちもひろみが女にしか見えなかった」と倉木に話した時点から、ああ、これはもうこのドラマにリアリティーは求めないでおこうと思ったのでした。なにせ、4話くらいまでは、本当に全てが計算し尽くされた丁寧な作りでしたから、作り手さんには申し訳ないのですが、ちょっとあれ?と思ったのでした。

それから、ひろみは別格としても倉木や明星のタフさも、人間離れしていました。あんなに出血したら生きていられないのでは・・と思う怪我を負っても、すぐ捜査に復帰。大杉刑事も、最終話、無事でよかったけれど、でもやっぱりタフすぎ。これはもう、この4人はサイボーグか。。。という。

けれど、このドラマのおかげで夫との会話が弾みました!
「いやあ、新谷こわかった。」とか「倉木刑事、怪我早く治りすぎだよね。」など。

SKYPEごしの会話ですが、夫もこのドラマが好きだったので、話題にあがってくることも度々ありましたので。

ちょっと疲れていても、MOZU話で、笑っていられたり。(すいません、不謹慎で。でも、新谷の壮絶な姿や登場人物のありえない回復ぶりを話していて、思わず笑ってしまったことがありました・・・。)

それにしても、最後の最後で倉木刑事の笑顔、見ることができて、それが一番嬉しかったシーンでした。新谷和彦くんも、予想通りの復活? それとも、ひろみ? いえ、ふたりとも? それから、有村架純ちゃんの息を引き取るシーンも印象に残っています。可憐で愛しい、いい演技でしたね。

丁寧にじっくり制作された、作り手の気骨を感じさせられるドラマでした、MOZU SEASON2も、地上波でそのうち見られるといいなあ。役者さんたち、お疲れ様でした。パチパチパチ・・・。

最新記事
プロフィール

フブキ

Author:フブキ
FC2ブログへようこそ!
NYでBROADWAY
に目覚め、やがてSPRING AWAKENING
に魂を奪われてから、すでに1年あまり。しかし、ごく最近、4年ぶりに東京にもどってきました! 久々の東京生活も実にスリリング♪

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
現在の時刻 《東京・ニューヨーク》
日本は今何時かと、いつも気になります。