FC2ブログ
2009-06-30

ごめんなさい! 大間違い! 訂正です。

もう、おおぼけです。ごめんなさい。昨日UPした記事に大きな間違いがありました。

私が、AARON TVEIT だと言った方は、作曲された TOM KITTさんだとのご指摘をいただきました。(ご指摘、ありがとうございます。)

ごめんなさい! 確かにAARONにしてはワイルドすぎるなあと思いながら、周りの子たちが「あれ、AARON?」などと囁いていたので、はっきり確かめもせずに書いてしまいました。

とにかく、すみませんでした。でも、このTOMさんも若くてハンサムですね。そして、何よりいい曲を作る方ですね。

それにしても、あほな自分に張り手です。

確かに、サインしてもらった中にも、AARONの名前らしきものははっきりわからなかったのですが、サインとはわかりにくいものだから・・・と勝手に解釈してました。本当に、申し訳ありませんでした。

n2n playbill
スポンサーサイト
2009-06-30

next to normal ステージドアにて  ~みな、なんていい方たち!~

6月25日、NEXT TO NORMAL 公演後、ステージドアにての写真です。

GABE 役の KYLE DEAN MASSEYの、吸い込まれそうな青い目に感激。MATT DOYLEのような華奢でスレンダーな体型の男性が個人的には好きなのですが、KYLEのような美しく筋肉のついた身体も素敵ですね!


n2n 004


華奢といえば、DAN役の J.ROBERT SPENCER! 細いですね、この方。しかし、歌もパワーがあって、演技も心に響きました♪ それに、とても気遣いのある方でした。私は大体ひとりで観にくるので、ステージドアで役者さんと一緒に写真を撮るときには、だれかに頼まねばなりません。このときも、隣の年配の男性にお願いしてしまったのです。が、カメラの調子が悪く、J.ROBERT と写真をとってもらうとき、わずかに手間がかかってしまいました。私も当然「ありがとう。お手間かけてしまってごめんなさいね。」と、お礼とお詫びを伝えたのですが、なんと J.ROBERT も、その男性に「手間かけてもらって、ありがとう。」と言ってくれるではありませんか! びっくりしました。すごくいい方ですね! じーんとしました。

n2n 005

n2n 006

そして、代役ながら、見事なパフォーマンスで、観客の心をわしづかみにしたMEGHANN FAHY.とにかく、脚もきれいで、スタイル抜群の女優さん。将来が楽しみです♪ 

・・・と。なんだかちょっと向こうで、騒ぎが。気がつくと、また誰か、男優さんらしき人が、ファンにサインをしています。

n2n 007

おおっ!?

もしかして、AARON TVEIT????????? 6月初めでこのミュージカルをお休みしているAARON? ひげがうっすら生えて、ちょとワイルドですが。 訂正:彼は作曲のTOM KITTとのご指摘をいただきました。(ごめんなさい!失礼いたしました。あせあせ;;;)

n2n 008


n2n 009

最後は、主演のALICE RIPLEY. もう素晴らしい方で、ファンのひとりひとりの話にじっくり耳を傾け、適当ではなく、ちゃんとした受け答えを誠意をもって返す姿勢に、驚かされました。もちろん、どの役者さんもそうなのですが、彼女はファンを家族のように扱ってくれていました。私にも、「お待たせしてごめんなさいね。あなたの名前は?」から始まりいろいろ・・・・。

今年のトニーの主演女優賞受賞の女優さんは、実にチャーミングでエレガント。こういう女性になりたいものです!
n2n 011

n2n 010

素敵なBROADWAYの夜の1ページでした♪♪♪
2009-06-25

next to normal 観劇記  ~ありがとう、BROADWAY!~

念願のN2N、ようやく!!!!!!!!

感想。

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

素晴らしい。ただただそれだけ。惚れました、この珠玉の作品。一目ぼれ。この作品をすすめてくださったみなさんからのアドバイスを受け、全く予備知識なしの状態で行ったのもよかったと思います。(ありがとうございました♪) なので、私もあえて、話の内容などには触れません。本当に、これだけいい作品というのはめったにおめにかかれないと思います。SAと同じ種類の、美しく、もの哀しい旋律と感情が流れる作品。これはすごい! なんと言って表現すればよいでしょうか。 絶対絶対おすすめです。まいりました~。

圧巻はやはり、今年度トニーの主演女優賞を受賞したALICE RIPLYの演技。歌も非常に上手な方ですね。しかも、美しい。年相応のほどよい肉付きのめりはりのある身体。あどけない幼子を思わせる笑顔を持つ、ミドルエイジの女性。ああ、こういう女性に弱いのです。狂いかけた、あるいは壊れかけた美しい女性。もがいて、もがいて、なすすべもなく・・・。

そして、やさしい夫、苦悩する夫であり父親を演じるJ.ROBERT SPENCER。とてもスレンダーで長身のきれいな役者さん。JERSEY BOYSのオリジナルキャスト。さすが。歌も素敵。演技も素敵。彼のJERSEY BOYSも観たかった~。

それから、長男役のKYLE DEAN MASSEY! 3週間前、どうしてもN2Nを観たかった理由。オリジナルキャストで長男を演じたAARON TVEITが、別の作品に出演するため、もうすぐ休演する予定だったので、どうしてもAARONをそのときに観ておきたかったから。が、行けなかった・・・。なので、今回、AARONのかわりにどんな役者さんが登場するのか、心配でもあり、正直、期待はしていませんでした。が、が、が!

よかったですよ、KYLE! 非常にきれいな青年です。からだも、筋肉がいい感じで、歌声も透明感もあり、この作品に非常に雰囲気があっていました。AARONの演技を観ていないので、比べることはできませんが、KYLEもおそらくかなり評価が高いと思いました♪

そして、今回、長女役は代役で、MEGHANN FAHY。開演前に横の席の若い女性のお客さんたちが「えー、今日はナタリー役、代役なのー!? がっかりだわ。」 と会話しているのが聞こえてきました。そして・・・

「今日は出ないけど、いつもナタリー演じてるのは、SPRING AWAKENINGに出てた女優なのよ。」「へえ。」「私、トロントから来たの。」(どうやら、劇場で知り合ったという関係のよう。)
「トロント?」「そう。カナダのトロント。ブロードウェイで2回SPRING AWAKENING観たの。でも、トロントでは5回も観たのよ!」

いやあ、びっくりしました。思わず彼女たちのほうを向いて、「MATTよかったでしょう!」と言いたくなってしまいました。5回もトロントで! うらやましい。うらやましすぎる・・・。

えー、本題に戻ります! 代役で、お客さんの一部が落胆していたナタリー役でしたが・・・

非常に上手な女優さんでした! 歌ものびのある、いい声。演技もうまい。これで代役??? うますぎる。げんに、最後のカーテンコールのときも、大きな拍手が彼女にむけられました♪ (でも、むろんオリジナルのJENNIFER DAMIANOの演技も観てみたい!)

ナタリーのボーイフレンドを演じるADAM CHANLERーBERATも、。ガレッジセールのゴリ(でしたっけ?)さんふうでキュート。いい味を出していました。

曲もぐっときます。舞台美術も空間の使い方がうまい。

ああ、あと10回くらいは観たい作品です。20回でもいいかも!

さて、夜8時からの公演。終了は10時半ごろ。はじめは遅くなるし、出待地はしないつもりでした。が、予想をはるかに超えたすばらしい作品を演じてくれた役者さんたちに何が何でもお会いしたくなってしまったのでした・・・。

うれしいことに、待つこと10分ほどで、KYLEたちが出てきてくれました。n2n 013

n2n 003

みな気さくにファンの人たちににこにこ。そして、KYLEが目の前に来てくれたとき、ひとつ質問してみました♪

「あなたはリトルロック出身ですか?」って。PLAYBILLのプロフィールに、KYLEがARKANSAS州出身と書いてあったので聞いてみたくなってしまったのです。ずっと前、1年ほどARKANSASの州都リトルロックに暮した事があります。なので、ついKYLEがARKANSAS出身と知ってうれしくなってしまって。(ARKANSASは田舎なんです。ビル・クリントンが以前知事をやっていた南部の州です。) すると、KYLE,ちょっと驚いて「いやあ、ぼくはもっと田舎の○○○○出身なんだ。静かでいいところだよ。」と答えてくれました。残念ながら、知らない地名だったので、記憶に残らず。でもnycという大都会で地方出身者が頑張ってくれている姿はうれしいです。自分が地方出身なもので~。

ところで、今まで使っていたpcを引越に当たって、処分したので、夫が日本で買って持ってきたPCを使っています。そのせいか、ステージドアで撮った写真がこの上の2枚しかアップできないのです。何度試しても。残念! もっといろいろとったんです。しかも、サプライズもあり!

この続きは日本にて書きますね。明日、いよいよ帰国します。

大好きなNY、大好きなBROADWAY、夢を与えてくれてありがとう! 大好きなミュージカル、大好きな役者さんたち、きらきらをいっぱい、ありがとう! そして、このブログを読んでくださっていたみなさん、本当にありがとうございます♪ 日本に帰っても、何らかの形でこのブログを続けていけたらと思います。本当に、本当にありがとうございました♪  フブキ
2009-05-31

LION KING 観劇記  ~嗚呼、いのち、美しいかな~

blog2nd 082 12
BROADWAYミュージカル観劇経験なしの息子にBROADWAYを体験させるためだけに取ったといっても過言ではない、LION KINGチケット。前日、発熱した息子も、今朝は熱が37度で、OK状態。

そして、やってきました、MINSKOFF THEATRE。

大きくて、非常に洗練されたきれいな劇場という印象! ロビーには、RAFIKIのディスプレイもあって、雰囲気が盛り上がります♪ (そういえば、劇場前の道には、野生動物の置物などを売る露天商もあり、すでに、雰囲気はアフリカン♪でした。)

blog2nd 078 17

blog2nd 080 16しかし、アニメ・ライオンキングを初めて観たとき、とてもがっかりしたのを覚えています。ひとつは、手塚治虫さんの「ジャングルレオ」に設定が酷似していたこと。もうひとつは、成長した主人公シンバに魅力が感じられなかったこと。シンバが幼い頃の内容はとてもよかったのですが、成長したあとのシンバに覇気を感じられず、あまり共感できなかったのです。多分、仲間達をはずれてから、もっといろいろ悩み苦しんできたことが感じられる場面があれば、きっともっといい作品になったのではないかと、個人的に勝手に感じていました。なので、この作品は、積極的に観たいミュージカルではなかったのです。が、息子を連れて行くには、わかりやすいこの作品が1番いいだろうと・・・。

それに、LITTLE MERMAIDを観たときに、Disneyミュージカルのダイナミックで凝った演出に驚いた事もあり、それ以来、ミュージカルLION KINGもすごいのではないかとは、ひそかに思ってはおりました。



そして、やはり感嘆させらました! 冒頭の野生の動物達が登場し集まるシーンからおどろかされっぱなし。あの衣装、演出を考えたスッタフの創造力は本当に賞賛に値します。象も豹(チーター?)も、キリンも、そのものに見えました。

衣装や舞台装置が必見、だと聞いてはいたのですが、まさに。動物のお面の高貴な表情、衣装のスモーキーなトーン、それぞれの動物達の個性ある身のこなし、時に豊かなサバンナ、乾いた大地、満天の星空の下・・・などにダイナミックに変化する美しい舞台空間・・・。思わず引き込まれていました。以前、ケニアで見た、優美な線の体躯を持ち、広大な大地を自由に駆け回ったり移動していく動物達の動きを思い出しました。

そして、それらの動物たち、植物たちを演じ踊る人々のからだのなんとも美しいこと。人間てこんなにきれいな生き物なんだ・・・とびっくりしました。

歌も曲もよく、これはすごいものを観た・・・。

ただ、アニメで感じた成長したシンバのキャラクターに対する感想は変わらず。が、それを補ってなおあまりあるミュージカルでした。アニメはもう観ることはないと思いますが、ミュージカルはまた観たいと思いました。

1番好きだったのは、シンバのお父さん♪ 声が深くて、威厳もあり、愛情も深いお父さん。LITTLE MERMAIDのときも、アリエルのお父さんがすご~く素敵でかっこよかったですが、シンバのお父さんも非常に魅力的でした。

成長したシンバが、水面にうつった自分の顔を見て、お父さんを思い出すシーン。暗闇にホログラムのように浮かび上がる、巨大なシンバのお父さんの顔。そして、お父さんがシンバに呼びかける、悲しみをうっすら帯びた声。このシーンが1番好きでした!

LION KING、 観ることができて非常によかったです。息子も、全く寝ませんでした!
(CDも注文しようと思います♪)

blog2nd 079 16


劇場内のエスカレーター乗り場の壁面にかけられたシンバあるいはシンバパパ。





2009-04-24

THE LITTLE MERMAID 観劇記   ~驚きの演出、観る価値大いにあり!~

blog2nd 011 13THE LITTLE MERMAID!

5歳の娘にせがまれて、半ば仕方なく(同じお金払うなら、WEST SIDE STORYや、JERSEY BOYSもう一度観たい母でありました。。。)、足を運んだ、先週金曜夜。

劇場は小さいお子様連れから、高校生くらいの仲良しグループ風、カップルなどでおお賑わい。

娘のつきあいで、アニメのTHE LITTLE MERMAIDも観た事があります。なので、あの海の中の様子などをどんなふうに表現するのかなあ・・・と漠然と興味はありました。が、以前上の娘と観たTHE BEAUTY AND THE BEASTも、アニメ以上の感動は得られなかった(ミュージカル作品としては、もちろんよくできていました。が、アニメを超えていたかどうかというと?)ので、今回もほとんど期待はしていませんでした。



ところが・・・!

最初の王子が船に乗っているシーンから、海の中のシーンに切り替わるときの見事な仕掛けと演出に目を見張らされた瞬間から、この作品は侮るわけにはいかないという予感がピピピと、ゲゲゲの鬼太郎状態。

そして、その予感はまさにドンピシャ。

これらのしかけ・演出のアイディアに脱帽です。ただの舞台空間をこうも奥行きと深さを備えた空間に感じさせてくれるとは!感動ものでした。王子が海に投げ出され、海中に沈んでいくのをアリエルが
救うシーン。アリエルが声とひきかえに人間にしてもらって、海中から水面にあがっていくシーンなどなど。見事です。

アリエルを演じる、SIERRA BOGGESSの美しさ、愛らしさがもう観客の心をわしづかみ。私が一番、すごいなあと思ったのは、アニメのアリエルがにこっとするとき、すこし、唇の両端があがるのですが、SIERRAもまさに同じ表情を作って笑うことでした。それが、変にわざとらしくなく、SIERRA自身の表情や雰囲気にまさにぴったりなのです。演技のほか、歌もとっても素晴らしい! SIERRAのアリエルはすごいです!!

また、セバスチャン(ザリガニ)を演じたROGELIO DOUGLAS JR.も、とってもコミカルで、彼が舞台に立つだけでひきこまれました。目が大きくて、目の演技がとてもうまい人。

そして、アリエルの次に人気があったのは、BRIAN D'ADDARIO 演じる、カレイ(FLOUNDER)!

blog2nd 012 18BRIANは、右下の少年です♪ 彼が出て歌ったり踊ると、観客席からものすごい拍手と声援が起こります。ただかわいいからというのではありません。歌も非常に上手なんです。演技も器用にこなしています。実力もあってこそのこのお客さんの応援ぶりなのです。

それから感心したのが、アリエルのお父さん役のNORM LOUISの筋肉。アリエルのお父さん、つまり海の王トリトンを演じているわけですが、上半身は裸。そのからだつきのきれいなこと。嫌な感じのしない筋肉。マッチョすぎるのは苦手なのですが、上品な感じの上半身でした。(変な説明でごめんなさい~。)

王子様役は、SEAN PALMER。1番上の右から2番目の写真の方。お顔はとっても整っていて、美しい方。個人的にもっとスレンダーだとより素敵だと感じたと思います。(でも、太っていらっしゃるわけではないです、念のため。)歌も上手でした!




人魚姫たちや魚たちの動きも、ローラースケートというか、スニーカーにローラーがついているようなものだと思うのですが、それらを活用して、水中での滑らかな動きをたくみに表現。人魚達のしっぽも、うまく製作してあり、衣装や小道具、舞台装置のデザイン・クオリティーの高さに終始驚かされっぱなしでした!

半分、仕方なしに来た・・・だなんて、ごめんなさい! と、心の中で謝っていました。

blog2nd 013 15>もちろん、ストーリーもアニメと全く同じですし、作品にものすごい深遠なメッセージが隠されているとかいうわけではありません。しかし、いい意味で見事に期待を裏切ってくれた素晴らしい作品です。これは個人的な意見ですが、THE BEAUTY AND THE BEASTよりもずっとずっと面白かったです。

グッズもかわいいものがたくさんあって、もう娘は、欲望の渦に飲み込まれそうに。それをおしとどめて買ってやったのは、キャップ(10ドル)と、特製カップに入ったソフトドリンク(5ドル)。

いやあ、とってもエンジョイできました! おすすめです!

LUNT-FONTANNE THEATREにて



blog2nd 015 13
最新記事
プロフィール

フブキ

Author:フブキ
FC2ブログへようこそ!
NYでBROADWAY
に目覚め、やがてSPRING AWAKENING
に魂を奪われてから、すでに1年あまり。しかし、ごく最近、4年ぶりに東京にもどってきました! 久々の東京生活も実にスリリング♪

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
現在の時刻 《東京・ニューヨーク》
日本は今何時かと、いつも気になります。